透かしほおずきを使って。ほおずきランプの作り方

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

幻想的で優しい灯りの、ほおずきランプをご覧になったことはありますか?夏の余韻を感じさせるような透かしほおずきを使って、ほおずきランプを手作りしてみましょう。晩夏のノスタルジアを感じさせる透かしほおずきランプ。とっても簡単な作り方のご紹介です。

目次

ほおずき基本情報

学名:Physalis alkekengi  科名:ナス科ホオズキ属  分類:多年草  ほおずきは、特徴的な実が可愛らしいナス科の多年草です。この提灯のように見えるものはガクで、中にミニトマトに似た実が入っています。ほおずきもトマトもナス科ですから、見た目が似ているのも納得です。

  • 学名:Physalis alkekengi
  • 科名:ナス科ホオズキ属
  • 分類:多年草

ほおずきは、特徴的な実が可愛らしいナス科の多年草です。この提灯のように見えるものはガクで、中にミニトマトに似た実が入っています。ほおずきもトマトもナス科ですから、見た目が似ているのも納得です。

ほおずき(鬼灯・ホオズキ)

  • ほおずき(鬼灯・ホオズキ)は、ナス科ホオズキ属の多年草です。初夏に淡いクリーム色の花を咲かせますが、あまり目立ちません。それよりもほおずき(鬼灯・ホオズキ)と言えば、夏にオレンジ色に色づく提灯のような果実が有名です。外側の提灯のようなオレンジ色の袋状の部分は、ほおずき(鬼灯・ホオズキ)のガクが生長したものです。この中にミニトマトによく似た果実が1粒入っています。

    ほおずき(鬼灯・ホオズキ)はその形状が提灯を想起させることから、お盆時期に先祖の霊を案内する灯りとして、お盆飾りに欠かせない植物の一つとなっています。毎年7月には東京の浅草寺でほおずき市が開催され、多くの人で賑わいます。お盆の時期ということもあり、お盆飾りとしてほおずき(鬼灯・ホオズキ)を求めにくる人も多くいるようです。

    他にもほおずき(鬼灯・ホオズキ)にはたくさんの楽しみ方があります。中のミニトマトのような果実の果肉を上手に取り出し、残った果皮を舌の上で鳴らす遊びや、ほおずき(鬼灯・ホオズキ)のガクを溶かして葉脈だけにしたものを透かしほおずき(鬼灯・ホオズキ)と呼び、眺めて楽しむ遊びなどがあります。

    また、食用ほおずき(鬼灯・ホオズキ)と言って、食用になる品種もあります。

目次に戻る≫

ほおずきランプを作ってみよう!

ほおずきは、水に浸けておくとガクの組織が腐って溶け、葉脈だけがきれいに残る特性があります。このほおずきの特性を活かして、葉脈だけの状態にしたものを「透かしほおずき」や「網ほおずき」と呼びます。  この透かしほおずきをランプシェードにして、可愛いほおずきランプを作ってみましょう。

ほおずきは、水に浸けておくとガクの組織が腐って溶け、葉脈だけがきれいに残る特性があります。このほおずきの特性を活かして、葉脈だけの状態にしたものを「透かしほおずき」や「網ほおずき」と呼びます。

この透かしほおずきをランプシェードにして、可愛いほおずきランプを作ってみましょう。

目次に戻る≫

透かしほおずきの作り方

まずは透かしほおずきを作りましょう。葉脈から透けるように、まあるいオレンジ色の果実が見えている可愛いほおずきのドライフラワーです。ほおずきを1週間から10日間水に浸けて置くだけ。あとは水から取り出して、ガクの組織を洗い流すだけです。この透かしほおずきの状態で飾っても十分に楽しめます。  透かしほおずきの作り方については別記事で詳しくご紹介しておりますので、こちらをご覧ください。

まずは透かしほおずきを作りましょう。葉脈から透けるように、まあるいオレンジ色の果実が見えている可愛いほおずきのドライフラワーです。ほおずきを1週間から10日間水に浸けて置くだけ。あとは水から取り出して、ガクの組織を洗い流すだけです。この透かしほおずきの状態で飾っても十分に楽しめます。

透かしほおずきの作り方については別記事で詳しくご紹介しておりますので、こちらをご覧ください。

▼詳しい透かしほおずきの作り方はこちら

ほおずきの果実を取り外す

透かしほおずきが出来上がったら、ほおずきの果実を取り出します。そのままでも十分に可愛らしいのですが、ほおずきランプにするためには果実にちょっと出て行ってもらわないといけません

透かしほおずきが出来上がったら、ほおずきの果実を取り出します。そのままでも十分に可愛らしいのですが、ほおずきランプにするためには果実にちょっと出て行ってもらわないといけません。

 

ほおずきの葉脈にそうっとハサミで2㎝くらいの切れ込みを入れます。切れ込みからハサミを中に入れて、果実を芯からちょきんと切り取ります。この時、葉脈のなかで果実がころんと転がった姿も可愛らしいので、写真に残しておくことをおすすめします。

ほおずきの葉脈にそうっとハサミで2㎝くらいの切れ込みを入れます。切れ込みからハサミを中に入れて、果実を芯からちょきんと切り取ります。この時、葉脈のなかで果実がころんと転がった姿も可愛らしいので、写真に残しておくことをおすすめします。

 

葉脈に開けた2㎝の隙間から、果実をそうっと取り出したら、ほおずきランプシェードの出来上がりです。

葉脈に開けた2㎝の隙間から、果実をそうっと取り出したら、ほおずきランプシェードの出来上がりです。写真のほおずきは葉脈に黒いシミがありますが、漂白剤に浸けておくことできれいに消えます。

目次に戻る≫

 

 

\次はいよいよほおずきランプの作り方!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「透かしほおずきを使って。ほおずきランプの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

migiwa フラワーベース ツヤあり

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット ガラス鉢

販売価格:4,950円(税込)

ラバーグローブ VOIRY STORE

販売価格:1,320円(税込)

SPECIAL

おすすめ