キンギョソウ(金魚草)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

キンギョソウ(金魚草)は、花茎いっぱいに金魚に似た色鮮やかな花を咲かせる植物。キンギョソウ(金魚草)の花言葉と種類についてご紹介します。

目次

キンギョソウ(金魚草)の花言葉

「キンギョソウ(金魚草)」の花言葉は「おしゃべり」「でしゃばり」

目次に戻る≫

キンギョソウ(金魚草)について|基本情報

科・属  オオバコ科・キンギョソウ属
和名  金魚草
英名  Common snapdragon
学名  Antirrhinum majus
原産地 地中海沿岸地方
開花期 4月~6月頃(四季咲き品種もあり)

目次に戻る≫

キンギョソウ(金魚草)の花の特徴と性質、花言葉の由来

キンギョソウ(金魚草)は地中海沿岸地方原産の宿根草ですが、夏の暑さや蒸れに弱いため日本では耐寒性~半耐寒性の一年草として扱われることが多い花です。近年では、品種改良により夏にも強い宿根草として翌年も楽しめるタイプも出てきています。

花穂を大きく伸ばして金魚に似た色鮮やかな花を咲かせることからキンギョソウ(金魚草)という名前がつきました。また、ドラゴンの口にも見えることから別名ではスナップドラゴンとも呼ばれます。旧分類ではゴマノハグサ科でしたが、オオバコ科に分類されるようになりました。最近ではペンステモン咲きや八重咲きの品種も人気があります。花期は主に4月~6月頃ですが、四季咲き品種もあります。

キンギョソウ(金魚草)の花言葉「おしゃべり」「でしゃばり」は、花の形が口に似ていることから付けられたのではと言われています。

目次に戻る≫

キンギョソウ(金魚草)の種類

キンギョソウ(金魚草)は、定番の一重咲きに加えて最近ではペンステモン咲きや八重咲きの品種も人気があります。花色は、白、黄、桃、赤、紅紫、橙、複色などバラエティーが豊富です。

 

キンギョソウ 銅葉

また、近年はダークカラーの葉や斑入り葉のキンギョソウ(金魚草)も登場し、カラーリーフとしても周年楽しめる品種も増えています。

草丈は20cm~1mほどで品種によって異なります。切り花用の高性種や、花壇の背景に植えると奥行を演出できる中高性種、草丈20cmほどで寄せ植えや花壇の手前側に植えるのに向く矮性種(わいせいしゅ)など様々なタイプがあります。

 

▼キンギョソウ(金魚草)の育て方

 

▼キンギョソウ(金魚草)の関連記事

 

▼キンギョソウ(金魚草)を使った寄せ植えはこちら

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「キンギョソウ(金魚草)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A