キンギョソウ(金魚草)の育て方|植物図鑑

植物名
キンギョソウ(金魚草)
学名

Antirrhinum majus

英名
Common snapdragon
和名
金魚草
科名
オオバコ科
属名
キンギョソウ属
原産地
南ヨーロッパから北アフリカ

キンギョソウ(金魚草)の特徴

キンギョソウ(金魚草)は旧分類ではゴマノハグサ科でしたが、オオバコ科に分類されるようになりました。キンギョソウ(金魚草)は地中海原産の宿根草ですが夏の暑さに弱いため、日本では半耐寒性の一年草として扱います。草丈は20cm~1m程まで品種によって異なり、花穂を大きく伸ばして金魚に似た色鮮やかな花を咲かせることから名前がつきました。古くからヨーロッパで品種改良が進み、最近ではペンステモン咲きや八重咲きの品種も人気があります。キンギョソウ(金魚草)の花色は白、黄、桃、赤、紅紫、橙、複色など豊富にあります。キンギョソウ(金魚草)は花丈バリエーションのも豊富です。切り花用の高性種や後方に配置すれば奥行き感のある花壇を演出できる中高性種、草丈20cmほどで寄せ植えや花壇の手前に向く矮性種(わいせいしゅ)など用途に応じて使い分けます。

キンギョソウ(金魚草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20cm~1m程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 白、黄、桃、赤、紅紫、橙、複色など
開花時期 5月~7月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング