ネリネの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ネリネはユリのような小さな花をまとまって咲かせる球根植物。ネリネの花言葉と種類についてご紹介。

 

ネリネの花言葉

ネリネの花言葉は「また会う日を楽しみに」「華やか」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

ネリネについて

科・属  ヒガンバナ科・ネリネ属
和名  姫彼岸花
英名  Nerine、Diamond lily
学名  Nerine
原産地  南アフリカ
開花期  10月~11月

 

ネリネの特徴

ネリネは夏の終わり頃に球根を植え、涼しくなったころに咲き始める球根植物です。花色はピンクなど赤系の色が多く、その花色とユリに似た可愛らしい花姿が人気となっています。9月頃に球根を植え付け、10月~11月頃に花を咲かせます。その後葉が伸びていき、春の終わりくらいになると葉が枯れ、休眠期に入ります。秋になり、休眠期が終わるとまた伸びてきて花を咲かせます。

 

ネリネの種類

ピンクなどのかわいらしい色の花を咲かせるネリネ。花色にはピンクの他、赤、白、オレンジ、紫などがあり、花びらも波打っているものとそうでないものがあります。

▼ネリネの育て方など詳しい情報はこちら

ネリネ

  • ネリネはヒガンバナに良く似た、秋咲き球根植物です。切花でも鉢花でも流通しています。花びらに光沢があり、キラキラと光るので、ダイヤモンドリリーという名前でも親しまれています。開花期間も長く、冬の花が少ない時期に庭に彩りを与えてくれます。

    ネリネの花は、小さなユリの花の集合体というような形状をしています。花びらが反り返ったように開き、雄しべと雌しべが花芯から外に飛び出すように咲きます。その咲き方はヒガンバナに似ています。

    花後、葉が伸びてきます。この葉は光合成を行い、翌年の為に球根を太らせます。10月~12月の寒い時期に開花しますが、冬が苦手な植物なので、霜に当たらないように注意する必要があります。ネリネは、夏の加湿と冬の霜に気をつければ、数年植えたままで花を咲かせます。分球でも増えていくので、長く楽しめる植物です。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ネリネの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ