家庭菜園特集

南天(ナンテン)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

南天(ナンテン)は縁起物として親しまれ、濃い緑の葉に赤い実をつける常緑低木。南天(ナンテン)の花言葉と種類についてご紹介。

 

南天(ナンテン)の花言葉

南天(ナンテン)の花言葉は「良い家庭」「福をなす」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

南天(ナンテン)について

科・属  メギ科・ナンテン属
和名  南天
英名  Heavenly bamboo
学名  Nandina domestica
原産地  アジア
開花期  5~6月

 

南天(ナンテン)の特徴

南天(ナンテン)は濃い緑の葉に赤い実をつける常緑低木です。冬でも濃い緑が茂っている様子や、赤い実をつける特徴から縁起物として好まれています。マツバランなどともに江戸時代から人気の古典園芸植物の一つ。同じく縁起物とされているフクジュソウ(福寿草)と寄せ植えにするのも良いでしょう。関東以西では自生しているほどなので栽培も容易です。苗木が多く流通しており、種、挿し木でも増やすことができます。観賞するだけでなく、 
民間薬としても利用できます。南天の実を焼酎、氷砂糖とともに漬け込んだ南天酒は咳止めの効用があるそうです。

 

南天(ナンテン)の種類

南天(ナンテン)といえば赤い実のものが多いですが、白実のものや実が黄色から薄紫色になるもの、紅葉が綺麗な品種など様々です。

▼南天(ナンテン)の育て方など詳しい情報はこちら

南天(なんてん)

  • 南天(なんてん)は濃い緑の葉に赤い実をつける常緑低木です。冬でも濃い緑が茂っている様子や、赤い実をつける特徴から縁起物として好まれ古くから、魔除け、厄除け、無病息災を願い多くの家庭で栽培されて来ました。南天(なんてん)は江戸時代から人気の古典園芸植物の一つです。和名の「南天」は難を転じる「難転」や「成天」の意味も持つ用になり、不浄をはらうために玄関やお手洗い、鬼門と呼ばれる方角に方位よけとして植えられるよういなりました。南天(なんてん)は、日本では関東以西では自生している植物で栽培も容易です。

    苗木が多く流通しており、種、挿し木でも増やすことができます。観賞するだけでなく、民間薬としても利用でき、南天の実を焼酎、氷砂糖とともに漬け込んだ南天酒は咳止めの効用があるそうです。また、熱い食べ物の上に葉をのせて蓋をすると微量の腐敗を防ぐ成分が出るため、お赤飯の上に乗せられる南天(なんてん)の葉は縁起物の意味だけではなく防腐として役立っているようです。

関連ワード

「南天(ナンテン)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ