赤い実のなる木30種を季節ごとに紹介!食べられる実や毒のある実まで

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

赤い実のなる木をどれくらいご存知ですか。食べられる赤い実のなる木、毒のある赤い実のなる木も含めて、季節ごとに赤い実のなる木をご紹介します。シンボルツリー選びの参考にもなります。

目次

春~初夏に赤い実のなる木3種

ナワシロイチゴ

分類:落葉低木 結実期:6月 ナワシロイチゴは春にピンク色の可愛らしい花を咲かせる落葉低木です。低木といっても枝を低く、地面を這うようにほふくさせます。初夏に赤く色づくナワシロイチゴの実は、半透明で宝石かイクラのようです。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:6月

ナワシロイチゴは春にピンク色の可愛らしい花を咲かせる落葉低木です。低木といっても枝を低く、地面を這うようにほふくさせます。初夏に赤く色づくナワシロイチゴの実は、半透明で宝石かイクラのようです。

クサイチゴ

分類:落葉低木 結実期:5~6月 クサイチゴは初春から春にかけて、山林や藪の中で白い花を咲かせる、バラ科の落葉低木です。5~6月に赤く色づいたクサイチゴの実は、小さな粒の集合して親指の爪ほどの大きさになります。ビーズ細工のようで可愛らしい実です。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:5月~6月

クサイチゴは初春から春にかけて、山林や藪の中で白い花を咲かせる、バラ科の落葉低木です。5月~6月に赤く色づいたクサイチゴの実は、小さな粒の集合して親指の爪ほどの大きさになります。ビーズ細工のようで可愛らしい実です。

ラズベリー

分類:落葉低木 結実期:5月~6月 ラズベリーは春に5枚の花びらの可愛らしい花を咲かせ、初夏に真赤な実を付ける、バラ科の落葉低木です。ラズベリーは和名をキイチゴ、フランス名はフランボワーズと呼ばれるベリーです。小さな粒を集合させた果実は香りがよく、ほどよい酸味と甘みがあります。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:5月~6月

ラズベリーは春に5枚の花びらの可愛らしい花を咲かせ、初夏に真赤な実を付ける、バラ科の落葉低木です。ラズベリーは和名をキイチゴ、フランス名はフランボワーズと呼ばれるベリーです。小さな粒を集合させた果実は香りがよく、ほどよい酸味と甘みがあります。

ラズベリー

  • ラズベリーの日本名はヨーロッパキイチゴ、西洋キイチゴといいますが、フランス語のフランボワーズともよばれています。白い可憐な花を咲かせたあとに赤色・黄色・紫色などの可愛い宝石のような実をつける樹高1~1.5mの小低木です。その色鮮やかな果実は甘酸っぱく香りが高いので生食の他にも、ケーキやタルトなどの洋菓子に使用されます。 ラズベリーは自家結実性なので1本だけでも実がなります。ラズベリーの中には、1年に1度実がなる一季なり性と1年に2回実がなる二季なり性のタイプがあります。一般的にはトゲがあるので少し注意が必要ですが、種類のよってはトゲのない品種もあります。地下茎で増え繁殖力が強いのも特徴です。花芽は「混合花芽」という1つの芽の中に葉枝と花芽の両方を持っており、7月頃に分化します。寒冷地に適しているので、暖地は栽培に向いていません。

目次に戻る≫

夏に赤い実のなる木2種

スグリ

分類:落葉低木 結実期:6月~7月 スグリは初夏に宝石のような半透明の美しい実を付けるスグリ科の落葉低木です。スグリの実の色には、赤や白、黒、グリーンなどがあります。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:6月~7月

スグリは初夏に宝石のような半透明の美しい実を付けるスグリ科の落葉低木です。スグリの実の色には、赤や白、黒、グリーンなどがあります。

フサスグリ(レッドカラント)

  • フサスグリ(レッドカラント)は、初夏に赤いキラキラとした実をつけるスグリ科の落葉低木です。実は酸味が強く、どちらかというと生食よりは加工用として使われますが、最近はお菓子の飾り付けなどには生で使用されることもあります。キラキラした実がとても美しいことから、装飾用として花屋で枝もの花材として流通しています。

ユスラウメ

分類:落葉低木 結実期:6月~7月 ユスラウメは春に梅に似た小さな花を咲かせるバラ科の落葉低木です。初夏にさくらんぼのような直径1㎝程度の真赤な実を枝の先にたわわに実らせます。新芽の明るいグリーンも美しく、花も実もない時期も楽しめます。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:6月~7月

ユスラウメは春に梅に似た小さな花を咲かせるバラ科の落葉低木です。初夏にさくらんぼのような直径1㎝程度の真赤な実を枝の先にたわわに実らせます。新芽の明るいグリーンも美しく、花も実もない時期も楽しめます。

目次に戻る≫

秋に赤い実のなる木11種

ツルコケモモ

分類:常緑低木 結実期:9~10月 ツルコケモモはつるのように枝を伸ばす。ツツジ科の常緑低木です。春に小さな花を咲かせ、秋に結実します。赤く熟した実は直径1から1.5㎝程度。酸味が強く生食には向きませんが、ジャムや果実酒にして楽しめます。

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:9月~10月

ツルコケモモはつるのように枝を伸ばす。ツツジ科の常緑低木です。春に小さな花を咲かせ、秋に結実します。赤く熟した実は直径1から1.5㎝程度。酸味が強く生食には向きませんが、ジャムや果実酒にして楽しめます。

サンザシ

分類:落葉低木 結実期:9~10月 サンザシは春に梅に似た花を咲かせる、バラ科の落葉低木です。花色は白やピンクがあります。秋に赤く熟すサンザシの実は、酸味が強く生食には向きません。ジャムや果実酒にして利用されます。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:9月~10月

サンザシは春に梅に似た花を咲かせる、バラ科の落葉低木です。花色は白やピンクがあります。秋に赤く熟すサンザシの実は、酸味が強く生食には向きません。ジャムや果実酒にして利用されます。

クラブアップル(ヒメリンゴ)

分類:落葉高木 結実期:10月~11月 クラブアップルとは和名をヒメリンゴとも言い、小さなリンゴの実をつけるバラ科の落葉高木の俗称です。クラブアップル(ヒメリンゴ)は実が小さく、酸味も強いので、生食には向きません。ジャムやコンポートなどにして利用されます。

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:10月~11月

クラブアップルとは和名をヒメリンゴとも言い、小さなリンゴの実をつけるバラ科の落葉高木の俗称です。クラブアップル(ヒメリンゴ)は実が小さく、酸味も強いので、生食には向きません。ジャムやコンポートなどにして利用されます。

イチゴノキ

分類:常緑低木 結実期:10月~11月 イチゴノキは春に花を咲かせ、晩秋に赤い実をつける、ツツジ科の落葉低木です。イチゴノキの名前の由来は果実がイチゴに似ているからだと言わています。真赤に色付いたイチゴノキの実はクサイチゴの実によく似ています。

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:10月~11月

イチゴノキは春に花を咲かせ、晩秋に赤い実をつける、ツツジ科の落葉低木です。イチゴノキの名前の由来は果実がイチゴに似ているからだと言わています。真赤に色付いたイチゴノキの実はクサイチゴの実によく似ています。

イチゴノキ

  • イチゴノキは、ツツジ科の常緑の低木でイチゴのような実がつくことから名づけられました。晩秋から12月の冬に白い花が開花します。花は同じツツジ科の庭木である、ドウダンツツジやブルーベリーの花に似た、白くて小さな壺型の花が開花します。 冬に咲いたイチゴノキの花が実になるのは翌年の秋。そのため、花と実を同時に見ることができる珍しい花木です。

ハナミズキ

分類:落葉高木 結実期:9月~11月 春に白やピンクの花を咲かせ、秋に赤く色付いた実を付けるハナミズキは、ミズキ科の落葉高木です。秋にはどんぐりのような形状の赤い実を枝の先に数個実らせます。ハナミズキは、春の花、夏の新緑、秋の紅葉と果実と四季を通して楽しめる魅力的な庭木です。

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:9月~11月

春に白やピンクの花を咲かせ、秋に赤く色付いた実を付けるハナミズキは、ミズキ科の落葉高木です。秋にはどんぐりのような形状の赤い実を枝の先に数個実らせます。ハナミズキは、春の花、夏の新緑、秋の紅葉と果実と四季を通して楽しめる魅力的な庭木です。

ハナミズキ(花水木)

  • 桜が開花し終わった時期に花を咲かせるハナミズキ。見ごろは4月から5月にかけてです。落葉樹として知られているハナミズキですが、10m以上まで生長します。分布も全国各地。極端に寒さの厳しい地域では生育が見られませんが、大抵の場所なら育てることが出来ます。 ハナミズキの葉は、枝の先に楕円形についています。花は、桜の様な形に見えますが、花弁が付いているわけではありません。花に見える部分は、花弁ではなく、葉が変形した総苞(そうほう)、です。実際の花弁は総苞よりも中央にあります。 ハナミズキの寿命は桜と同じく80年程度と言われています。

ノイバラの実

分類:落葉低木 結実期:9月~11月 ノイバラは春に可憐な白い花を咲かせ、秋には小さな赤い実をつけるバラ科の落葉低木です。ノイバラは、枝の先に直径5mm程度の小さな実を複数付けます。ノイバラの実はドライフラワーにして長く楽しむことができます。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:9月~11月

ノイバラは春に可憐な白い花を咲かせ、秋には小さな赤い実をつけるバラ科の落葉低木です。ノイバラは、枝の先に直径5mm程度の小さな実を複数付けます。ノイバラの実はドライフラワーにして長く楽しむことができます。

ガマズミ

分類:落葉高木 結実期:10月 ガマズミは春に真白な花を咲かせ、秋に真赤な実を付ける、レンプクソウ科の落葉高木です。秋に実る赤い果実は、小さな実を集合させたような形状をしていて、秋の陽射しに照り輝く姿は宝石のようです。ガマズミの果実は酸味が強く、生食には向きません。果実酒などに利用されます。

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:10月

ガマズミは春に真白な花を咲かせ、秋に真赤な実を付ける、レンプクソウ科の落葉高木です。秋に実る赤い果実は、小さな実を集合させたような形状をしていて、秋の陽射しに照り輝く姿は宝石のようです。ガマズミの果実は酸味が強く、生食には向きません。果実酒などに利用されます。

ガマズミ

  • ガマズミとは、日本の山野に自生する落葉高木です。ガマズミにはたくさんの種類がありますが、厳密に「ガマズミ」というとこのViburnum dilatatumを指します。春の桜が咲く頃、ガマズミの花は咲き始めます。真白な円形の集合花序を作ります。秋にはその花を真赤に結実させ、小さな赤い実をぎっしりと実らせます。真赤に熟した果実は酸味が強く生食は出来ませんが、アルコールに漬け込んで果実酒にして楽しむことが出来ます。

アロニア

分類:落葉高木 結実期:10月~11月 アロニアは北アメリカ原産のバラ科の落葉高木です。アロニアには赤い実を付ける品種と黒い実を付ける品種があります。赤い実を付けるアロニア・アルブティフォリアのほうが果実自体が小さく、風情があります。

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:10月~11月

アロニアは北アメリカ原産のバラ科の落葉高木です。アロニアには赤い実を付ける品種と黒い実を付ける品種があります。赤い実を付けるアロニア・アルブティフォリアのほうが果実自体が小さく、風情があります。

アロニア

  • アロニアは北米原産の落葉低木です。四季を通して観賞価値が高く、日本の風土で育てやすい為、人気の庭木です。春には白から薄紅色の小さな花を房状に咲かせ、夏にはグリーンのきれいな葉、秋には赤や黒の果実を結実させます。 アロニアには大きく分けて2種類あり、赤い果実をつけるのがAronia arbutifolia(アロニア・アルブティフォリア)、黒い果実を結実させるのがAronia melanocarpa(アロニア・メラノカルパ)です。この黒い果実をつけるアロニア・メラノカルパは、最近チョコベリーやブラックチョコベリーと呼ばれ、人気の果実です。 アロニアはあまり枝が暴れるようなこともなく、すっと真直ぐで華奢な樹形が美しいので、庭の中で主要な場所に植えると庭全体に軽やかな印象を作ってくれます。株立ちに仕立ててあるものも出回っています。株立ちのアロニアは、風が抜けるような柔らかさがあります。

ヨウシュカンボク(ビバーナム・コンパクタ)

分類:落葉低木 結実期:10月~11月 ヨウシュカンボク(ビバーナム・コンパクタ)は春に白い花が咲き、秋に真赤に熟す実が美しい落葉低木です。切り花でもビバーナム・コンパクタ、あるいはコンパクタベリーという名前で流通しています。

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:10月~11月

ヨウシュカンボク(ビバーナム・コンパクタ)は春に白い花が咲き、秋に真赤に熟す実が美しい落葉低木です。切り花でもビバーナム・コンパクタ、あるいはコンパクタベリーという名前で流通しています。

ウメモドキ

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:10月~11月

ウメモドキは冬に小さな赤い実を付けるトチノキ科の落葉低木です。庭に色が少なる秋から冬に赤い果実を枝に実らせて、庭を賑やかに彩ってくれます。

イイギリ

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:10月~11月

イイギリは高木の上の方に赤い実を下げるように実らせる、イイギリ科の落葉高木です。イイギリの実はブドウのような房状で、熟すと真赤に色付きます。秋も深まり、葉がすべて落ちてからも実だけが枝に残っていることもあります。

目次に戻る≫

冬に赤い実のなる木6種

コトネアスター

分類:落葉、または常緑低木 結実期:11月~1月 コトネアスターは地面を這うように枝を伸ばして生長していく、バラ科の落葉あるいは常緑低木です。春に白い小さな花を咲かせ、冬に真赤な直径1㎝足らずの実を付けます。地表を覆うように生長していくので、グランドカバーとしても人気があります。

  • 分類:落葉、または常緑低木
  • 結実期:11月~1月

コトネアスターは地面を這うように枝を伸ばして生長していく、バラ科の落葉あるいは常緑低木です。春に白い小さな花を咲かせ、冬に真赤な直径1㎝足らずの実を付けます。地表を覆うように生長していくので、グランドカバーとしても人気があります。

コトネアスター

  • コトネアスターはヨーロッパからアジアまで広範囲に分布する、バラ科の落葉または常緑の低木です。地面を這うように横に大きく枝を広げる姿が美しく、グランドカバーとしても人気があります。斜面や高さがある場所に植えると、大きく枝垂れるように枝が広がっていく様が見事です。 コトネアスターは秋から冬に直径1㎝に満たない小さく真赤な果実を実らせます。コトネアスターの果実は食用にはできませんが、冬の色の少ない景色の中に鮮やかな彩りを与えてくれます。 コトネアスターは冬の赤い果実ばかりが注目されがちですが、花も見事です。コトネアスターの花は初夏、5~6月頃に開花します。真白で小さなユキヤナギのような可愛らしい花です。

ナンテン(南天)

分類:常緑低木 結実期:11月~2月 ナンテン(南天)は冬に色付く赤い実が印象的な、メギ科の常緑低木です。冬の寒い最中に赤果実を実らせることから、縁起がよいとされ、庭木として人気があります。お正月飾りにもよく利用されます。

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:11月~2月

ナンテン(南天)は冬に色付く赤い実が印象的な、メギ科の常緑低木です。冬の寒い最中に赤果実を実らせることから、縁起がよいとされ、庭木として人気があります。お正月飾りにもよく利用されます。

南天(なんてん)

  • 南天(なんてん)は濃い緑の葉に赤い実をつける常緑低木です。冬でも濃い緑が茂っている様子や、赤い実をつける特徴から縁起物として好まれ古くから、魔除け、厄除け、無病息災を願い多くの家庭で栽培されて来ました。南天(なんてん)は江戸時代から人気の古典園芸植物の一つです。和名の「南天」は難を転じる「難転」や「成天」の意味も持つ用になり、不浄をはらうために玄関やお手洗い、鬼門と呼ばれる方角に方位よけとして植えられるようになりました。南天(なんてん)は、日本では関東以西で自生している植物で栽培も容易です。 南天(なんてん)は苗木が多く流通しており、種、挿し木でも増やすことができます。観賞するだけでなく、民間薬としても利用でき、南天の実を焼酎、氷砂糖とともに漬け込んだ南天酒は咳止めの効用があるそうです。また、熱い食べ物の上に葉をのせて蓋をすると微量の腐敗を防ぐ成分が出るため、お赤飯の上に乗せられる南天(なんてん)の葉は縁起物の意味だけではなく防腐として役立っているようです。

万両(マンリョウ)

分類:常緑低木 結実期:12月~3月 万両(マンリョウ)は冬に赤い実を付けるサクラソウ科の常緑低木です。真赤な小さな実を数個まとめて枝から下げるように実らせる様子が縁起がよいとされ、万両と名付けられました。

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:12月~3月

万両(マンリョウ)は冬に赤い実を付けるサクラソウ科の常緑低木です。真赤な小さな実を数個まとめて枝から下げるように実らせる様子が縁起がよいとされ、万両と名付けられました。

万両(マンリョウ)

  • 万両(マンリョウ)はつややかな赤い実はお正月の縁起物として定番。千両(センリョウ)と並び庭木として愛されています。 よく似た両者ですが、万両(マンリョウ)の方が実が大きいため、より額の多い万両と名づけられたのです。 樹高1mほどとコンパクトにまとまり、葉が落ちて間延びした枝を切り詰める程度で、ほとんど剪定の世話がかからないのがうれしいところです。切り落としたところは、すぐに芽吹いてくれます。 湿り気を好むので、初心者に多い根腐れを起こしにくいのが特長です。やや日陰でも生長し、カイガラムシの他は病害虫も少なくとても育てやすいのが万両です。

千両(センリョウ)

分類:常緑低木 結実期:11月~1月 千両(センリョウ)は冬に真赤な実を付ける、センリョウ科の常緑低木です。万両(マンリョウ)との見分け方は、千両(センリョウ)は枝の先端に上向きに粒々とした赤い実を付けます。対して万両(マンリョウ)は枝から下げるように実を付けます。実の付き方で、見分けられます。

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:11月~1月

千両(センリョウ)は冬に真赤な実を付ける、センリョウ科の常緑低木です。万両(マンリョウ)との見分け方は、千両(センリョウ)は枝の先端に上向きに粒々とした赤い実を付けます。対して万両(マンリョウ)は枝から下げるように実を付けます。実の付き方で、見分けられます。

センリョウ(千両)

  • センリョウ(千両)は、山林の湿った半日陰地に自生する常緑小低木です。新梢の先端に穂状に小さく黄緑色の花を咲かせます。別名に草珊瑚と呼ばれるほど鮮やかな赤い実を11月頃に熟させ、冬の庭木として明るい彩りを添えてくれます。赤い実の他に黄色の種もあります。 センリョウ(千両)の実つきの枝ものは、千両という名前から、万両とともにお正月の縁起物の切り花として利用されています。  

セイヨウヒイラギ

分類:常緑高木 結実期:11月~1月 セイヨウヒイラギはヒイラギに似たギザギザとした葉を持つ、トチノキ科の常緑高木です。冬に赤い実を付けます。光沢のあるグリーンの葉と赤い実のコントラストが美しい庭木です。セイヨウヒイラギは、果実がクリスマスの頃に赤く色付くことから、クリスマスホーリーという別名もあります。

  • 分類:常緑高木
  • 結実期:11月~1月

セイヨウヒイラギはヒイラギに似たギザギザとした葉を持つ、モチノキ科の常緑高木です。冬に赤い実を付けます。光沢のあるグリーンの葉と赤い実のコントラストが美しい庭木です。セイヨウヒイラギは、果実がクリスマスの頃に赤く色付くことから、クリスマスホーリーという別名もあります。

アオキ

分類:常緑低木 結実期:12月~4月 アオキは耐陰性の強い、アオキ科の常緑低木です。葉が大きく光沢があり深いグリーンをしています。斑入り種などもあります。日当たりの悪い場所で元気に育ってくれる、シェードガーデンの味方です。冬にはアーモンド形の赤い実を付けます。

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:12月~4月

アオキは耐陰性の強い、アオキ科の常緑低木です。葉が大きく光沢があり深いグリーンをしています。斑入り種などもあります。日当たりの悪い場所で元気に育ってくれる、シェードガーデンの味方です。冬にはアーモンド形の赤い実を付けます。

アオキ(アオキバ)

  • アオキはつややかな葉が特徴的な常緑樹。「アオキバ」「アオギ」とも呼ばれます。 耐陰性、耐寒性に優れているため北向きの土地で植栽として重宝されています。葉が美しく、冬でも落ちないので生け垣としてもうってつけ。落葉樹の下植えとしてもよいでしょう。庭の日当たりが悪いので何を植えたらよいか分からない、ガーデニングが苦手ですぐ枯らしてしまうという方におすすめのアオキです。 植栽や生け垣として複数のアオキを植えていると、結実することがあります。ドングリ型の実は寒さにあたると南天やマンリョウのように赤く色づきます。

目次に戻る≫

食べられる赤い実のなる木5種

ジューンベリー

分類:落葉高木 結実期:6月 ジューンベリーは春に桜に似た、桜よりも小さな白い花を枝いっぱいに咲かせる、バラ科の落葉高木です。春の開花後、6月に真赤な直径1㎝程度の実を付けます。ジューンベリーの実は黒に近い赤まで熟してから食べると、酸味はなく甘く、生食できます。他にもジャムやコンポートにして利用されます。

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:6月

ジューンベリーは春に桜に似た、桜よりも小さな白い花を枝いっぱいに咲かせる、バラ科の落葉高木です。春の開花後、6月に真赤な直径1㎝程度の実を付けます。ジューンベリーの実は黒に近い赤まで熟してから食べると、酸味はなく甘く、生食できます。他にもジャムやコンポートにして利用されます。

ジューンベリー

  • ジューンベリーは名前の通り6月に赤い果実をつける落葉小高木です。春に咲く白い花、新緑の葉、初夏の小さな宝石のような果実、秋の紅葉と四季折々に楽しむことのできる果樹です。果実はほんのりとした酸味と甘み、芳香があります。ジューンベリーは耐寒性・耐暑性があり、自家結実性があるので1本で収穫することができます。 ジューンベリーの花は直径1~2㎝程度と小さく、花びらが5枚あり桜のような形状をしています。ジューンベリーの花の見頃は3月下旬から4月地上旬です。桜のソメイヨシノが咲き始めるよりも少し早く満開を迎えます。華奢な枝の先に小さな花をたわわに咲かせるのが特徴です。風で散ってしまう花びらの儚さも魅力の一つです。 ジューンベリーの果実の食べ頃は6月です。4月に花が終わった後段々と果実が色づき始め、5月には真赤になります。さらにもう少し辛抱強く待って、黒んずんだ赤になった頃がジューンベリーの果実の食べ頃です。ちょうど良い熟し具合になると鳥が食べにきます。ジューンベリーは高木ですから上の方の枝の果実は鳥たちに、下の方の枝の果実を自分たちで収獲するとたくさん楽しめます。 ジューンベリーはシンボルツリーとしてよく使われる他、街路樹としても植栽されています。白い花とかわいい赤い実、紅葉、樹形が美しいことなど、1年を通して楽しみがたくさんあることが庭木として好まれる理由です。

サクランボ

分類:落葉高木 結実期:5月~7月 サクランボは春に桜の花を咲かせ、初夏に結実する、バラ科の落葉低木です。サクランボという名前は桜ん坊のことで、名前の通り桜の果実です。ただし、すべての桜の果実が食べられるわけではなく、サクランボが実る品種というものがありますので、購入時に確認してください。

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:5月~7月

サクランボは春に桜の花を咲かせ、初夏に結実する、バラ科の落葉低木です。サクランボという名前は桜ん坊のことで、名前の通り桜の果実です。ただし、すべての桜の果実が食べられるわけではなく、サクランボが実る品種というものがありますので、購入時に確認してください。

さくらんぼ

  • 春に桜そっくりな白い清楚で可憐な花を咲かせ、初夏には輝くルビーのように愛くるしく美しい実を成らせて私たちの目を楽しませてくれるさくらんぼ。その果実は噛めば口の中ではじけるような食感とともに甘酸っぱい味覚が軽やかで可愛い香りともに広がります。 一般には木は桜桃、果実はさくらんぼと呼びわけられています。ソメイヨシノなどの花を鑑賞する桜との違いは、桜は白や桃色の花ですが、さくらんぼの花は真っ白で花粉の量が多く花の下にくびれがあり、かたまって咲くのが特徴です。また、ほとんどの木は相性の良い他の品種の花粉を受粉しないと結実しません。さくらんぼの名前は「桜の坊(桜の実)」が由来とされています。

ヤマモモ

分類:常緑高木 結実期:6~7月 ヤマモモは初夏に真赤な実を付ける、ヤマモモ科の常緑高木です。雌雄異株で、雌株にしか果実は付きません。とても大きな木にの上の方に果実をつけるので収穫は困難ですが、黒に近い赤まで熟した実は甘く、塩を振って食べます。果肉部分は少なく、中には大きな種が入っていて、勢いよく噛むと固いので気をつけてください。

  • 分類:常緑高木
  • 結実期:6月~7月

ヤマモモは初夏に真赤な実を付ける、ヤマモモ科の常緑高木です。雌雄異株で、雌株にしか果実は付きません。とても大きな木にの上の方に果実をつけるので収穫は困難ですが、黒に近い赤まで熟した実は甘く、塩を振って食べます。果肉部分は少なく、中には大きな種が入っていて、勢いよく噛むと固いので気をつけてください。

ヤマモモ(山桃)

  • ヤマモモ(山桃)は、樹丈が5m~10m位まで生長し、常緑樹なのでいつも緑色の葉先が丸くなっている葉が付いてることが特徴の樹木です。葉には光沢があり、3月から4月頃になると雌の樹木には小さな花が咲き、梅雨の時期になると松脂の匂いがある果実がなります。 また、ヤマモモ(山桃)は自生している種類もあり、病害虫にも強く、特別な剪定も必要ない樹木です。雄と雌の株があり、雌の株に果実が実ります。赤を通り越して黒に近い色に変化したら収穫時期です。また、ジャムや砂糖漬け等に加工することができます。

リンゴ(セイヨウリンゴ)

分類:落葉高木 結実期:9月~11月 リンゴは春に桜に似た花を咲かせ、秋に真赤な実を付ける落葉高木です。果樹として人気があります。食用になるリンゴは正確にはセイヨウリンゴという種類です。

  • 分類:落葉高木
  • 結実期:9月~11月

リンゴは春に桜に似た花を咲かせ、秋に真赤な実を付ける落葉高木です。果樹として人気があります。食用になるリンゴは正確にはセイヨウリンゴという種類です。

ヤマボウシ

分類:落葉あるいは常緑高木 結実期:9~10月 ヤマボウシは春にハナミズキに似た花を咲かせる、ミズキ科の落葉あるいは常緑高木です。秋に朱に近い赤い実を実らせます。ヤマボウシの実は外側の固い果皮を剥き、内側の柔らかい果肉を食べることができます。

  • 分類:落葉あるいは常緑高木
  • 結実期:9月~10月

ヤマボウシは春にハナミズキに似た花を咲かせる、ミズキ科の落葉あるいは常緑高木です。秋に朱に近い赤い実を実らせます。ヤマボウシの実は外側の固い果皮を剥き、内側の柔らかい果肉を食べることができます。

ヤマボウシ(山法師)

  • ヤマボウシは、6~7月に白い花を咲かせる落葉高木です。ヤマボウシは、本州から九州の山地に自生していて、樹高は5~15mほど。白い花のように見える部分は総苞 (そうほう) と言って、ハナミズキの花に見える部分同様、葉が変化したものです。ヤマボウシの葉は、4~12cmほどのだ円形でやや波うっています。ヤマボウシの果実は熟すと生食でき、紅葉も美しいので人気のある花木です。葉焼けせず綺麗に育てるためには、西日が当たらない場所に植えましょう。

目次に戻る≫

毒のある赤い実のなる木3種

ピラカンサ

ピラカンサ  ピラカンサはバラ科の常緑の低木。初夏に白い花が咲いた後、秋に枝一面にびっしりと実がつきます。様々な実がなる木の中で、実つきの量としては、一番多い木のひとつではないでしょうか。昔から生垣にもよく使われている常緑樹です。

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:11月~2月

ピラカンサは春に小さな白い花を枝いっぱいに咲かせ、冬に真赤な実をたわわに実らせる、バラ科の常緑低木です。低木といっても放っておくと3m程まで大きくなります。ピラカンサの実には有毒成分が含まれていると言われいます。きれいな色をしていますが、食べないように気をつけてください。

ピラカンサ

  • ピラカンサは庭木や生垣として人気のあるバラ科の常緑低木です。春の終わりから初夏には小さな真白な花を枝いっぱいにたわわに咲かせます。秋から冬にかけては枝をしなるらせるほどにたくさんの果実を実らせます。あまり手をかけずとも毎年結実してくれるので、庭木として人気の樹種です。枝には細かいトゲがあり、常緑ということもあって、生垣として利用されることも多々あります。 ピラカンサというのは、ピラカンサ属の樹木数種類を指して使われる呼称です。赤い果実を付けるトキワサンザシ(Pyracantha coccinea)の他、黄色い果実のタチバナモドキ(Pyracantha angustifolia)などがあります。  

ヒョウタンボク

  • 分類:落葉低木
  • 結実期:6月~7月

ヒョウタンボクは春にスイカズラによく似た花を咲かせ、初夏には真赤なきれいな実を付けるスイカズラ科の落葉低木です。ヒョウタンボクの名前の由来は、初夏に結実する実が枝の両脇に2つ並んで付くところからヒョウタンを連想させるからだそうです。ヒョウタンを連想させるかどうかは人それぞれですが、初夏に色付く果実は赤く半透明で美しく、観賞価値があります。ただし、ヒョウタンボクの実は有毒です。間違って食べないように気をつけてください。

イチイ

  • 分類:常緑低木
  • 結実期:6月~7月

イチイは初夏に赤い実を付ける、イチイ科の常緑低木です。オンコという別名でよばれることもあります。針のような濃いグリーンの葉の間から中心部が少しくぼんだ赤い実を覗かせます。イチイの実は有毒ですので、間違って食べないようにしてください。

目次に戻る≫

赤い実がなる木を探してみよう

グリーンの葉に赤い実は補色の組み合わせでとても目を惹きます。春から初夏の若葉の季節の赤い実も、秋から冬の葉が落ちてから枝に残る赤い実も、どちらも美しく見ごたえがあります。赤い実のなる木をお庭のシンボルツリーとして迎えれば、家族の記憶にも残るでしょう。  赤い実のなる木は身近にもたくさんあります。赤い実がなる木を探してみませんか。

グリーンの葉に赤い実は補色の組み合わせでとても目を惹きます。春から初夏の若葉の季節の赤い実も、秋から冬の葉が落ちてから枝に残る赤い実も、どちらも美しく見ごたえがあります。赤い実のなる木をお庭のシンボルツリーとして迎えれば、家族の記憶にも残るでしょう。

赤い実のなる木は身近にもたくさんあります。赤い実がなる木を探してみませんか。

目次に戻る≫

 

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「赤い実のなる木30種を季節ごとに紹介!食べられる実や毒のある実まで」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

『庭木・シンボルツリー』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A