お正月に飾りたい縁起の良い赤い実11種!それぞれの理由も紹介

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

お正月にはなぜ赤い実を飾るのでしょうか?縁起が良いと言われている、赤い実を付ける植物を11種類紹介します。さらにお正月に赤い実を飾る理由や、赤い実が縁起が良いと言われる理由も併せてお話しします。

目次

お正月に赤い実が縁起が良い理由とは?

お正月に赤い実が縁起が良い理由

お正月に赤い実が縁起が良いと言われる理由は、冬の寂しい景色の中で、一際目立つ鮮やかな赤い実は、富と繁栄を連想させるからだと言われています。

さらにお正月の縁起物と呼ばれる赤い実は常緑樹ばかり。一年を通して青々とした葉を絶やさず、冬には豊かな赤い実を実らせる植物たちは、長く続く富と繁栄の象徴として重宝されてきました。現在でもその縁起にあやかろうと、お正月に赤い実を飾る習慣が残っています。

目次に戻る≫

南天(ナンテン)

南天が縁起が良い理由

  • 学名:Nandina domestica
  • 科名:メギ科
  • 分類:常緑低木

南天(なんてん)

  • 南天(なんてん)は濃い緑の葉に赤い実をつける常緑低木です。冬でも濃い緑が茂っている様子や、赤い実をつける特徴から縁起物として好まれ古くから、魔除け、厄除け、無病息災を願い多くの家庭で栽培されて来ました。南天(なんてん)は江戸時代から人気の古典園芸植物の一つです。和名の「南天」は難を転じる「難転」や「成天」の意味も持つ用になり、不浄をはらうために玄関やお手洗い、鬼門と呼ばれる方角に方位よけとして植えられるようになりました。南天(なんてん)は、日本では関東以西で自生している植物で栽培も容易です。 南天(なんてん)は苗木が多く流通しており、種、挿し木でも増やすことができます。観賞するだけでなく、民間薬としても利用でき、南天の実を焼酎、氷砂糖とともに漬け込んだ南天酒は咳止めの効用があるそうです。また、熱い食べ物の上に葉をのせて蓋をすると微量の腐敗を防ぐ成分が出るため、お赤飯の上に乗せられる南天(なんてん)の葉は縁起物の意味だけではなく防腐として役立っているようです。

南天(ナンテン)が縁起が良い理由

南天(ナンテン)は細く華奢な枝に笹を思わせるような細い葉をつける常緑低木です。

南天(ナンテン)が縁起が良いと言われる理由は、南天(ナンテン)という名前の音から「難を転じる」とされ、災い事を遠ざけ福を呼ぶとされてきました。

切り花としての流通も多く、12月の半ば頃から花き市場でも多く出回るようになります。

南天(ナンテン)の花言葉

  • 良い家庭
  • 福をなす

 

    目次に戻る≫

    万両(マンリョウ)

    万両が縁起が良い理由

    • 学名:Ardisia crenata
    • 科名:サクラソウ科
    • 分類:常緑低木

    万両(マンリョウ)

    • 万両(マンリョウ)はつややかな赤い実はお正月の縁起物として定番。千両(センリョウ)と並び庭木として愛されています。 よく似た両者ですが、万両(マンリョウ)の方が実が大きいため、より額の多い万両と名づけられたのです。 樹高1mほどとコンパクトにまとまり、葉が落ちて間延びした枝を切り詰める程度で、ほとんど剪定の世話がかからないのがうれしいところです。切り落としたところは、すぐに芽吹いてくれます。 湿り気を好むので、初心者に多い根腐れを起こしにくいのが特長です。やや日陰でも生長し、カイガラムシの他は病害虫も少なくとても育てやすいのが万両です。

    万両(マンリョウ)が縁起が良い理由

    万両(マンリョウ)はツヤのある葉とぶら下がるように実る赤い実が印象的な常緑低木です.

    万両(マンリョウ)が縁起が良いと言われるのは、「万両」というお金の単位がついた名前がたくさんの富を連想させるから。さらに実が大きく、実付きが良いのも縁起が良いとされる理由です。

    万両(マンリョウ)の花言葉

    • 寿ぎ(ことほぎ)
    • 陰徳

     

    目次に戻る≫

    千両(センリョウ)

    千両が縁起が良い理由

    • 学名:Sarcandra glabra
    • 科名:センリョウ科
    • 分類:常緑低木

    センリョウ(千両)

    • センリョウ(千両)は、山林の湿った半日陰地に自生する常緑小低木です。新梢の先端に穂状に小さく黄緑色の花を咲かせます。別名に草珊瑚と呼ばれるほど鮮やかな赤い実を11月頃に熟させ、冬の庭木として明るい彩りを添えてくれます。赤い実の他に黄色の種もあります。 センリョウ(千両)の実つきの枝ものは、千両という名前から、万両とともにお正月の縁起物の切り花として利用されています。  

    千両(センリョウ)が縁起が良い理由

    千両(センリョウ)は枝の先に粒々とした赤や黄、オレンジ色の実をつける常緑低木です。万両(マンリョウ)がぶら下げるように実をつけるのに対し、千両(センリョウ)は枝の先に実を付けます。

    千両(センリョウ)が縁起が良いと言われる理由も万両(マンリョウ)と同じく名前から。赤い実と同じく黄やオレンジ色の実も富を連想させるということからお正月に好んで飾られます。

    毎年12月の半ばには花き市場にて「千両市」という千両(センリョウ)だけのセリが行われるほど、お正月には欠かせない縁起物とされています。

    千両(センリョウ)の花言葉

    千両(センリョウ)の花言葉

    黄色い実の千両(センリョウ)

    • 利益
    • 裕福

     

    目次に戻る≫

    百両(カラタチバナ)

    百両(カラタチバナ)

    • 学名:Ardisia crispa
    • 科名:サクラソウ科
    • 分類:常緑低木

    百両(カラタチバナ)

    • 百両(カラタチバナ)は冬に赤い実を付ける常緑低木です。同じヤブコウジ属の万両(マンリョウ)、センリョウ属の千両(センリョウ)と並んで、百両(カラタチバナ)は冬に常緑で赤い実をつける縁起物の植物として人気です。 樹高は70㎝程度と低めで、日陰にもよく耐えるので和風のシェードガーデンなどで活躍します。葉は常緑で光沢のある深いグリーン、真赤な実を秋から初春にかけて長い期間つけるので、冬の寂しいお庭に彩りを与えてくれます。 花が咲くのは夏。小さな白い花を俯くように咲かせます。花は非常に小さく、よく探さないと見逃してしまうほどです。

    百両(カラタチバナ)が縁起が良い理由

    百両はカラタチバナ(唐橘)とも呼ばれる、秋から初春にかけて赤い実を実らせる常緑低木です。万両(マンリョウ)と似ていますが違いは、万両(マンリョウ)は下向きに実を付け、百両(カラタチバナ)は上向きに実を付けます。

    百両(カラタチバナ)が縁起が良いと言われる理由も万両(マンリョウ)や千両(センリョウ)と同じくその名前です。江戸時代には大流行し、斑入りなど美しい品種は高額で取引されたこともあったそうです。

    百両(カラタチバナ)の花言葉

    • 財産

    目次に戻る≫

    十両(ヤブコウジ

    十両が縁起が良い理由

    • 学名:Ardisia japonica
    • 科名:サクラソウ科
    • 分類:常緑低木

    ヤブコウジ

    • 濃い緑の葉と、赤い実のコントラストが美しいヤブコウジは、グランドカバーとして用いられる他、お正月飾りとしても古くから親しまれてきた常緑性の低木です。 這うように枝を広げ、高くても30cmほどまでしか成長しないので、樹木の株元に多く植えられています。実や葉を観賞する目的で、鉢植えに仕立てることもあります。実はとても長持ちします。 直射日光に気をつける以外は、寒さや過湿に強く、育てやすい植物です。葉に斑の入った品種は種が採りにくい傾向がありますが、株分けで容易に増やすことができます。好みの葉を持った品種を探してみてください。

    十両(ヤブコウジ)が縁起が良い理由

    十両(ヤブコウジ)はヤブコウジ(藪柑子)とも呼ばれる、赤い実を付ける常緑低木です。樹高は15cmから大きくてもせいぜい30cm程度と小さな庭木です。

    十両(ヤブコウジ)が縁起が良いと言われる理由も万両(マンリョウ)や千両(センリョウ)と同じくその名前。十両という名前は、万両(マンリョウ)や千両(センリョウ)と比べて樹高が小さく控え目なところから名付けられたと言われています。

    十両(ヤブコウジ)の花言葉

    • 明日の幸福

    目次に戻る≫

    一両(アリドオシ)

    • 学名:Damnacanthus indicus
    • 科名:アカネ科
    • 分類:常緑低木

    一両(アリドオシ)が縁起が良い理由

    万両、千両、百両、十両ときたら一両も気になります。画像は用意できなかったのですが、一両と呼ばれる植物もちゃんとあります。

    一両はアリドオシ(蟻通し)とも呼ばれる、冬に赤い実をつける常緑低木です。低木と言っても地面を這うように生長するほふく性です。アリドオシ(蟻通し)という変わった名前の由来は蟻を刺して通すくらい鋭い棘があることから。

    一両(アリドオシ)が縁起が良いと言われる理由は、千両(センリョウ)や百両(カラタチバナ)と同じくその名前です。

    目次に戻る≫

    万年青(オモト)

    • 学名:Rohdea japonica
    • 科名:ユリ科
    • 分類:常緑多年草

    万年青(オモト)

    • 万年青(オモト)は日本で古くから、主に青々とした葉を観賞する目的で育成されてきた植物です。江戸時代から続く品種改良によって多彩な葉の形状、模様が生まれ「葉芸」と呼ばれています。 品種改良の技術が「芸」として高く評価されているのは万年青(オモト)だけで、植物の中では特別な価値を見出されている植物です。多年草で葉を落とさないことから長寿を象徴する縁起物としても大切にされてきました。 「縁起草」「辛抱草」の別名もあります。乾燥と多湿も嫌うのですが、基本的には初心者にも育てやすく丈夫な植物です。霜が降りず、-5℃以下の気温にならなければ屋外越冬可能です。昼間の日が出ている時間帯は外に出し、夜は玄関にしまうなどをしてもよいでしょう。 引っ越し祝いに万年青を贈る日本の文化 万年青(オモト)は1590年、江戸時代に徳川家康が江戸に移る際に3種類の万年青(オモト)を贈られ、家康は大変喜び城にその3鉢の万年青(オモト)を持ち込みました。その後、城が大繁栄したというエピソードがあり、そこから日本中に引っ越し祝いとして万年青(オモト)を送る風習が広まったようです。江戸時代から現在まで引っ越しの際は縁起を担ぎ、引っ越し先に一番最初に万年青(オモト)を入れる習わしが続き邪気を祓うため鬼門の方角に置かれるようになりました。

    万年青(オモト)が縁起が良い理由

    万年青(オモト)は冬でも青々とした葉を絶やさない常緑多年草。常緑であることから縁起が良いとされ、特に引っ越し祝いに贈られる習慣のある鉢植えです。

    さらに冬には真赤な実をぎっしりと実らせます。万年青(オモト)の赤い実は年末になると市場に出回るようになり、縁起物としてお正月の花生けに使用されます。

    万年青(オモト)の花言葉

    • 長寿

     

    目次に戻る≫

    ピラカンサ

    ピラカンサが縁起が良い理由

    • 学名:Pyracantha
    • 科名:バラ
    • 分類:常緑高木

    ピラカンサ

    • ピラカンサは庭木や生垣として人気のあるバラ科の常緑低木です。春の終わりから初夏には小さな真白な花を枝いっぱいにたわわに咲かせます。秋から冬にかけては枝をしなるらせるほどにたくさんの果実を実らせます。あまり手をかけずとも毎年結実してくれるので、庭木として人気の樹種です。枝には細かいトゲがあり、常緑ということもあって、生垣として利用されることも多々あります。 ピラカンサというのは、ピラカンサ属の樹木数種類を指して使われる呼称です。赤い果実を付けるトキワサンザシ(Pyracantha coccinea)の他、黄色い果実のタチバナモドキ(Pyracantha angustifolia)などがあります。  

    ピラカンサが縁起が良い理由

    ピラカンサは和名ではトキワサンザシ(常盤山査子)と呼ばれるバラ科の常緑高木。初夏に真白な花を咲かせ冬には赤やオレンジ色のな実をたわわに実らせます。

    トキワサンザシのトキワ(常盤)とは永遠のこと。ピラカンサが常緑であることが由来です。常緑で実付きも良いピラカンサは縁起の良い庭木として好まれます。

    ピラカンサの花言葉

    • 美しさはあなたの魅力
    • 愛嬌

     

    目次に戻る≫

    クロガネモチ

    クロガネモチが縁起が良い理由

    • 学名:Ilex rotunda
    • 科名:モチノキ科
    • 分類:常緑高木

    クロガネモチ

    • クロガネモチは関東以西の山林に自生する常緑高木です。公園や街路樹、庭などあらゆる場所で利用されています。 クロガネモチの葉は5~10㎝と大きめで光沢があり、よく繁ります。初夏に小さな白、あるいは薄紫色の花を咲かせますが、高木で上のほうの枝に咲く為、目立ちません。クロガネモチは秋から冬にかけて真赤な果実を実らせます。直径1㎝足らずの小さな実を枝の先にたわわに付ける姿は見事です。 クロガネモチは色彩の少なくなる冬に真赤な果実を付けることと、葉が常緑であることから、庭木として人気があります。クロガネモチは寒冷地では結実が悪くなるようです。 クロガネモチは雌雄異株です。実の観賞を楽しむのであれば雌株を選ぶ必要があります。市販のクロガネモチは一つの木に雌雄の枝が接ぎ木されていることがほとんどです。購入前に確認するようにしましょう。  

    クロガネモチが縁起が良い理由

    クロガネモチは秋から冬の間真赤な実を付ける常緑高木です。

    クロガネモチはその名前が「苦労のない金持ち」を連想させるとして、縁起の良い庭木として人気があります。

    クロガネモチの花言葉

    • 魅力
    • 寛容
    • 執着
    • 仕掛け

    目次に戻る≫

    ソヨゴ

    ソヨゴが縁起が良い理由

    • 学名:Ilex pedunculosa
    • 科名:モチノキ科
    • 分類:常緑高木

    ソヨゴ

    • ソヨゴは漢字では「冬青」と書く日本から中国中南部の山地に分布する常緑広葉樹です。樹高は一般には5~10mで生長はやや遅く、樹皮は灰褐色で滑らかです。早期に樹形が整い剪定の手間があまりかからないので野趣のある庭木として人気があります。葉は4~8cm前後で卵状の楕円型をしていてやや薄い革質で艶があり縁が大きく波打ちます。雌雄異株で5月~6月に目立たない白い花をつけ、雄花は散形状に3~8個開き、雌花は1~3個開きます。8mmほどの果実は球形で秋に赤く熟して果柄が長くぶらさがり、実は冬まで残ります。が黄色く熟す変種もあります。果実は野鳥の好餌でもあります。

    ソヨゴが縁起が良い理由

    ソヨゴはグリーンの葉の間からサクランボのように赤い実をぶら下げる常緑高木です。名前は漢字で書くと冬青、冬でも青々とした葉を絶やさず赤い実を付けることから縁起の良い庭木として好まれています。

    ソヨゴの花言葉

    • 先見の明

     

    目次に戻る≫

    ヒイラギは?

    ヒイラギは縁起が良い?

    • 学名:Osmanthus heterophyllus
    • 科名:モクセイ科
    • 分類:常緑高木

    ▼ヒイラギについて詳しく紹介しています。

    ヒイラギは縁起が良い?

    クリスマスの時期に見かける赤い実が付いたヒイラギは、クリスマスホーリーや西洋ヒイラギと呼ばれる樹木。ヒイラギ(Osmanthus heterophyllus)とは別種です。ヒイラギ(Osmanthus heterophyllus)は赤い実は付けないので、特にお正月に飾られることはありません。

    ヒイラギが活躍するのは節分です。トゲのある葉が鬼の目を突くので鬼が逃げると言われ、魔除けとして玄関に飾る習慣があります。

    ヒイラギは縁起が良いのか悪いのかというと、赤い実は付けないのでお正月には飾りませんが節分に魔除けとして重宝される縁起の良い庭木ということになります。

    ヒイラギの花言葉

    用心深さ

    先見の明

     

    目次に戻る≫

    お正月に赤い実が縁起が良いと言われる理由は、冬でも青々とした葉を絶やさず、鮮やかな赤い実を実らせることが富と繁栄を連想させるからです。お正月には松などの常緑樹と共に赤い実を飾って福を呼び込みましょう。

     

    ▼編集部のおすすめ

     

     

     

    LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

    関連ワード

    今月のおすすめコンテンツ

    「お正月に飾りたい縁起の良い赤い実11種!それぞれの理由も紹介」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

    山田智美
    山田智美

    植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

    このライターの記事一覧

    おすすめ商品

    【送料無料・雑草対策としても注目のグランドカバー】グリーンカーペットにおすすめ! クラピアK7 40苗セット(9cmポット)

    販売価格: 22,176~23,749 円(税込)

    【ストアオリジナル・母の日ギフトを長く楽しむ】青・白アジサイの植え替えセット

    販売価格: 1,210 円(税込)

    【菌根菌が植物を強くする】 花野菜用かる~い培養土 14L (プロトリーフ)

    販売価格: 528 円(税込)

    LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

    • Instagram
    • Facebook
    • LINE
    • Twitter

    関連サービス

    LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

    植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A