泰山木(タイサンボク)の育て方|植物図鑑

植物名
泰山木(タイサンボク)
学名

Magnolia grandiflora

英名
Southern magnolia
科名
モクレン科
属名
モクレン属
原産地
北アメリカ

泰山木(タイサンボク)の特徴

泰山木(タイサンボク)は、樹高が20mにもなるモクレン科の常緑高木です。初夏に白く大きな花を咲かせますが、上の方の枝に花が付くので、下から見上げても気付かないことが多いくらいです。花は直径20cm以上はある大きな花で芳香があります。

香水の原料や化粧品の香料として「マグノリア」と言われる場合は泰山木(タイサンボク)のことを指します。マグノリアとは、モクレン( Magnoliaceae)科モクレン( Magnolia)属の植物の総称です。モクレンやコブシ、泰山木(タイサンボク)、オオヤマレンゲなど全て含まれます。泰山木(タイサンボク)は中でも香りが良い為、香料とし利用されます。

泰山木(タイサンボク)は葉の表面がツルツルとしていて光沢があるのが特徴です。反面葉の裏側は茶色く、少し毛羽立ったような手触りが特徴です。クリスマス時期になると出回るマグノリアのリースやマグノリアボールなどは、この泰山木(タイサンボク)の葉を使って作られています。

泰山木(タイサンボク)の詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 20m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色
開花時期 5月下旬~7月上旬

泰山木(タイサンボク)は移植を嫌う樹木です。さらに非常に樹高が高く枝も横に広がりますので、最初の植え付け時のスペースの確保が重要です。一度植え付けをしたら植え替えを行わないようにしましょう。

常緑で葉も大きいので、下には日陰を作ります。泰山木(タイサンボク)の下に植える植物は日当たりを好む種類のものは向きません。

泰山木(タイサンボク)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
開花

泰山木(タイサンボク)の栽培環境

日当たり・置き場所

泰山木(タイサンボク)は日当たりのいい場所を好みます。

用土

あまり土壌は選びません。植え付け時にしっかりと腐葉土を漉き込んでおけば大丈夫です。

泰山木(タイサンボク)の育て方のポイント

水やり

根付いてからの泰山木(タイサンボク)は、特に水やりの必要はありません。

肥料

植え付け時にしっかりと腐葉土を土に漉き込んでおけば、特に追肥の必要はありません。生育が悪くなってくるようなことがあれば、適宜追肥を行います。

病害虫

風通しが悪いとカイガラムシがつくことがあります。

泰山木(タイサンボク)の詳しい育て方

選び方

泰山木(タイサンボク)は枝がしっかりとしていて、葉にツヤのあるものを選びます。

植え付け

泰山木(タイサンボク)の植え付けは3~4月頃、冬の寒さが過ぎて花期を迎える前に行います。植え付け時に腐葉土をたっぷりと漉き込みます。

剪定・切り戻し

泰山木(タイサンボク)は生長すると自然に樹形が整いますので、特に剪定の必要はありません。枝が邪魔になるなど剪定の必要がある場合は、泰山木(タイサンボク)は花が終わると翌年の花の準備に入るのが早いので、7月くらい花後早めに剪定します。

植え替え・鉢替え

泰山木(タイサンボク)は大きくなりますので鉢植えでは育てられません。最初から地植えにし、一度植え付けをしたら植え替えないようにしましょう。

初夏5月下旬~7月上旬くらいに直径20cmほどの大きくて真っ白な花を咲かせます。泰山木(タイサンボク)の花は芳香があるのが特徴です。「マグノリア」の名前で知られている香料は、泰山木(タイサンボク)の花の香りです。

冬越し

泰山木(タイサンボク)は常緑です。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

泰山木(タイサンボク)は挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング