モントブレチア(クロコスミア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

モントブレチア(クロコスミア)の花言葉や種類、特徴をご紹介!モントブレチア(クロコスミア)は、夏に茎の先端にオレンジ色の花を穂状につける植物。とても丈夫で育てやすく、日本でも自生している姿を見ることができます。

 

モントブレチア(クロコスミア)の花言葉

「モントブレチア(クロコスミア)」の花言葉は「素敵な思い出」「芳香」。

 

モントブレチア(クロコスミア)について

科・属 アヤメ科・ヒオウギズイセン属
和名 姫檜扇水仙
英名 Montbretia
学名 Crocosmia
原産地 南アフリカ
開花期 7月~9月

 

モントブレチア(クロコスミア)の特徴

モントブレチア(クロコスミア)は強健で乾燥に強く、湿気にも耐え、丈夫で増えやすい性質の球根植物。野山などで野生化したものがよく見られ、古くから親しまれています。冬は休眠する春植え球根ですが、植えっぱなしでほとんど手がかかりません。草丈は60~100㎝ほどまで育ちます。

モントブレチア(クロコスミア)は夏に鮮やかなオレンジ色の水仙のような花を咲かせます。モントブレチアの名は、この植物を交配したフランス人植物学者の「チャールズ・モントブレッド」の名前にちなんでつけられたそうです。

モントブレチアは別名「クロコスミア」とも呼ばれます。モントブレチアの学名の「Crocosmia」は、ギリシャ語でサフランという意味を持つ「krokos」と、香りという意味を持つ「osme」が語源と言われています。モントブレチアの花を乾燥させてお湯に浸すと、サフランのような香りがすることが由来とされています。

モントブレチア(クロコスミア)は、細長い剣状の葉と色鮮やかな花穂がとても美しく、切り花としても人気があります。

 

モントブレチア(クロコスミア)の種類

モントブレチア(クロコスミア)の仲間は多くあり、花色はオレンジの他に赤や黄色のタイプもあります。

 

▼モントブレチア(クロコスミア)の関連記事はこちら

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「モントブレチア(クロコスミア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A