ブバリア(ブバルディア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ブバリア(ブバルディア)の花言葉や種類、特徴をご紹介!ブバリア(ブバルディア)は、切り花や花束の花材として人気が高い植物。その可愛い花姿から、淡い色はウエディングにもよく用いられます。

 

ブバリア(ブバルディア)の花言葉

ブバリア(ブバルディア)全体の花言葉は「交流」「空想」

 

色別のブバリア(ブバルディア)の花言葉

ピンク色のブバリア(ブバルディア)の花言葉

ピンク色のブバリア(ブバルディア)の花言葉は「夢」「誠実な愛」「幸福な愛」

赤色のブバリア(ブバルディア)の花言葉

赤色のブバリア(ブバルディア)の花言葉は「たゆまぬ情熱」

白色のブバリア(ブバルディア)の花言葉

白色のブバリア(ブバルディア)の花言葉は「交流」「親交」「清楚」

 

ブバリア(ブバルディア)について

科・属 アカネ科・ブバルディア属
和名 管丁字
英名 Bouvardia
学名 Bouvardia
原産地 熱帯アメリカ
開花期 10月~12月

 

ブバリア(ブバルディア)の特徴

ブバリア(ブバルディア)は、四角形の蕾から美しい4枚の花弁が広がり、十文字のような特徴的な花を咲かせます。ひとつひとつの花は小さく、何輪も集まって咲きます。

ブバリア(ブバルディア)は、耐寒性があまりないこともあり、日本では栽培用よりも切花や花束の花材として人気があります。花姿が可愛く、ホワイト系や淡い色合いのブバリア(ブバルディア)はウェディングブーケの花材としてもよく使われます。伊豆大島などの温暖な地域で多く栽培されていて、ほぼ周年切り花として楽しめます。

学名のBouvardiaは、ルイ13世の侍医でフランス王室庭園長でもあったシャルル・ブバール氏にちなんで付けられました。

ブバリア(ブバルディア)の花は丁字の花に似ていて、細い管のようになっている先に花がつくので和名では「管丁字」と呼ばれています。

ブバリア(ブバルディア)の花言葉「交流」「空想」は、園芸家たちがたくさんの種類を交配させてブバリア(ブバルディア)を誕生させたことに由来しています。

 

ブバリア(ブバルディア)の種類

ブバリア(ブバルディア)は赤、ピンク、白、黄色、オレンジなどの花色があります。ブバリア(ブバルディア)の花には香りがあり、花の大きさも種類によって異なります。花の咲き方は定番の一重咲きのほか、八重咲きもあります。


▼ブバリア(ブバルディア)の関連記事はこちら

 

▼誕生花を調べたい方はこちらから

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ブバリア(ブバルディア)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス