ベロニカの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ベロニカの花言葉や種類、特徴をご紹介!ベロニカは、爽やかなブルー系の花を咲かせる植物。丈夫で育てやすく、花壇や寄せ植え、グランドカバーによく用いられます。

 

ベロニカの花言葉

「ベロニカ」の花言葉は「忠実」「名誉」。

 

ベロニカについて

科・属 オオバコ科・ベロニカ属
和名 ベロニカ
英名 Speedwell
学名 Veronica
原産地 北半球に広く分布
開花期  4月~11月

 

ベロニカの特徴

ベロニカは世界中で約300種、日本にも約20種が自生している一年草、または多年草です。涼し気な花色が魅力的でたくさんの園芸品種があり、大きく分けると立ち性で穂状に花を咲かせる品種と、ほふく性で小花を咲かせる品種に分かれます。立ち性で穂状に花を咲かせる品種は、花壇や寄せ植えに縦方向にアクセントを加える花として用いられます。ほふく性で小花を咲かせる品種は、花壇や寄せ植えの縁に植えるとこぼれ咲くような美しさを楽しめます。

ベロニカは品種が多いため、春咲き、夏咲き、秋咲きの区別だけでなく一年草、多年草、落葉性、常緑性と様々なバリエーションがあります。ベロニカは基本的に暑さ寒さに強く丈夫なものが多く、庭植えの場合、根がしっかり張っていればそれほど水やりも必要ありません。本来は海岸に自生している植物なので、塩害に強いのも特長です。

ベロニカという名は、その花がキリスト教の聖女ベロニカに捧げられたものと言われたことから付けられたそうです。ベロニカは別名でセイヨウトラノオ(西洋虎の尾)やルリトラノオ(瑠璃虎の尾)と呼ばれますが、これはベロニカの花穂から「虎の尾」がイメージされることから付けられました。

ベロニカの花言葉「忠実」「名誉」は、キリストにまつわります。十字架を背負ってゴルゴダの丘へ向かうキリストの血(汗とも言われている)を聖女ベロニカが拭ったことに由来していると言われたり、拭った血(汗)から咲いた花がベロニカだったことにちなむなど、諸説あります。

 

ベロニカの種類

ベロニカの花の色は紫と青を中心に、白、ピンクなど豊富です。

ベロニカの別名は「ルリトラノオ」ですが、「トラノオ」の名を持つ植物はベロニカ以外にもいくつかあります。観葉植物のサンスベリアは葉の形からトラノオと呼ばれます。シソ科のハナトラノオはベロニカと科が異なりますが花姿がそっくりです。

ロイヤルキャンドル

青い花穂がすっと伸びる矮性種。花期は5月~9月頃です。

ロンギフォリア

茎の上部に穂状の花を咲かせます。花期は7月~9月頃。基本種はうす紫色で、濃い紫や白花タイプもあります。背が高くなる大型種です。

トウテイラン

日本の山陰地方の海岸に自生しています。開花は8月~11月頃。葉は白っぽく、青紫の花穂をつけます。

グレース

ラベンダーブルーの花穂をつけ、艶のある葉が特徴のベロニカ。葉の色は春夏はグリーンで、秋冬はチョコレート色に変化します。花期は5月~6月、10月~12月。

オルナタ

ラベンダーブルーの花穂をつけ、銀白色の葉が特徴のベロニカ。花期は8月~10月頃です。

オックスフォードブルー

ほふく性で小さな青紫の小花を咲かせるベロニカ。地面を這うように横に広がり、花壇の縁取りやグランドカバーとしても用いられます。花期は4月~5月頃。冬には葉色がブロンズ色になります。

 

▼ベロニカの詳しい育て方はこちら

ベロニカ

  • ベロニカは世界中で300種、日本にも約20種が自生する一年草~多年草です。縦にすっきり伸びた花穂とシンプルで小ぶりな花が特長で、花壇や寄せ植えに縦方向のアクセントを加える花として欠かせない存在です。暑さ寒さに強いので入門種としてうってつけ。庭植えの場合、根がしっかり張った夏以降は水やりも要りません。ベロニカは海岸に自生することから塩害に強いのも特長です。 花の色は紫と青を中心に、白、ピンクなど豊富。品種が多いため春咲き、秋咲きの区別だけでなく一年草、多年草、落葉性、常緑性と様々なバリエーションがあります。ベロニカは葉も見どころ。「リース」はチョコレート色になる紅葉の美しさで人気の品種です。 同じベロニカ属でも品種により花姿は異なります。気品のある青い花穂がすっと伸びる「ロイヤルキャンドル」は人気種。匍匐性で花のつき方も他のベロニカとは違う「オックスフォードブルー」はまったく別の植物に思うほどですが、ベロニカの1品種です。「ベロニカ・オルナタ」は銀白色の葉が特徴。寄せ植えや花壇で引締め役として重宝します。「トウテイラン」は秋咲きベロニカとも呼ばれ、晩夏から秋にかけて美しい姿を楽しめる品種です。


▼ベロニカの関連記事はこちら


ベロニカ・オックスフォードブルー

  • ベロニカは、ゴマノハグサ科の植物です。ベロニカとひと口に言ってもたくさんの品種があり、ベロニカと聞くと、立性で穂状の花を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ベロニカ・オックスフォードブルーは這性で地面を這うように生長します。グランドカバーや花壇の前側に植えるとよい植物です。ベロニカ・オックスフォードブルーは花丈10センチくらいで、東京だと4月の終わりごろから5月に青い小さな花を無数に咲かせるゴマノハグサ科の宿根草です。花の時期には、小さな青い花が株全体にびっしりと埋まるくらい咲き、満開時はブルーの小花のカーペットのようです。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ベロニカの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A