オシロイバナ(おしろい花)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

オシロイバナ(おしろい花)の花言葉や種類、特徴をご紹介!オシロイバナ(おしろい花)は、ロート状の花を咲かせます。種の中にある白い粉質が特徴的で、古くから親しまれてきた植物です。

 

オシロイバナ(おしろい花)の花言葉

「オシロイバナ(おしろい花)」の花言葉は「恋を疑う」「内気」。

 

オシロイバナ(おしろい花)について

科・属 オシロイバナ科・オシロイバナ属
和名 白粉花
英名 four-o’clock、Marvel of Peru
学名 Mirabilis jalapa
原産地 熱帯アメリカ
開花期 7月~9月頃

 

オシロイバナ(おしろい花)の特徴

オシロイバナ(おしろい花)は、ロート状の花(花径2~3cmほど)を咲かせます。花は夕方の4時くらいから翌朝まで咲いて午前中にしぼんでしまう一日花です。英名では開花時刻を示すfour-o’clockと呼ばれています。夏の間休むことなく次々と咲き続け、爽やかな香りもします。花色は赤、オレンジ、黄色、ピンク、白、絞り咲きなどがあります。1株の中で少しずつ色が違う花が咲く品種もあります。草丈は30~100cmくらいです。

オシロイバナ(おしろい花)は寒さにそれほど強くない性質と、種をまいて簡単に育てられることから一年草扱いされていることも多いですが、本来は多年草です。関東より西の地域では、冬場は地上部が枯れますが根は生きていて春になるとまた芽吹きます。

オシロイバナ(おしろい花)は花後に黒い種をつけます。種を割ると白い粉質が出てきて、それがおしろいの粉のようなのでこの名が付けられています。別名では夕化粧とも呼ばれます。また、学名のMirabilisはラテン語で不思議なという意味があり、1本の枝から違う花色が咲くことから付けられたそうです。

オシロイバナ(おしろい花)は、古くから子どもが種の中の白い粉を鼻筋などに塗っておしろいとして遊んできたことが知られていますが、それ以外には、花の汁を爪にこすりつけてマニキュアのように染めて遊んだり、花の付け根の緑色の部分を開いてめしべをひっぱって花のパラシュートを作ったりする遊びがあります。

そんな風に子どもの遊びに用いられるイメージがあるオシロイバナ(おしろい花)ですが、実は特に根や種に毒がある植物で、中毒症状には嘔吐や腹痛などがあります。誤って口に入れたりしないように注意しましょう。

オシロイバナ(おしろい花)が明るい昼間には咲かず、夕暮れを待って咲く様子から、「内気」という花言葉が付きました。また、オシロイバナ(おしろい花)は、一日花で次々と新しい花を咲かせたり、同じ株から違う色の花を咲かせることから、「恋を疑う」という花言葉が付けられたと言われています。

 

オシロイバナ(白粉花)の種類

ブロークン・カラー

赤と黄、赤と白など、花色が混ざって咲きます。

フタエオシロイバナ

花とその根もとのガクが花のように色づき、二重咲きに見えるタイプ。

微笑みがえし

フタエオシロイバナの品種。2段咲きオシロイバナとも呼ばれます。

ナガバナオシロイバナ

花首が非常に長く10cmほどあるオシロイバナ。

 

▼オシロイバナ(おしろい花)の詳しい育て方はこちら


▼オシロイバナ(おしろい花)の関連記事はこちら


 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「オシロイバナ(おしろい花)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A