ギリアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ギリアの花言葉や種類、特徴をご紹介。ギリアは秋に種をまいて春に花が咲く一年草です。品種がいくつかあって、品種によって花の雰囲気が変わります。

 

ギリアの花言葉

ギリアの花言葉は「気まぐれな恋」「ここに来て」。

 

ギリアについて

科・属 ハナシノブ科ギリア属
和名 タマザキヒメハナシノブ(玉咲姫花忍)、アメリカハナシノブ(亜米利加花忍)
学名 Gilia
原産地 北アメリカ
開花期 4月~6月

 

ギリアの特徴

ギリアは、春から初夏にかけて開花するハナシノブ科の一年草です。春に苗として流通する他、種から育てることも簡単です。

ギリアは、品種によって花の形や色が違います。花は切り花にでき、切り花として流通もしています。

主なギリアの品種は、カピターター、レプタンサ、トリコロールです。それぞれの品種によって花丈は違います。どれも一見、繊細そうな草花に見えますが、環境に合えば、こぼれ種でも増えるほど性質は丈夫です。主役になる花ではありませんが、楚々とした繊細な花は隣の草花とよく馴染み、ナチュラルガーデンの植栽に使われます。

 

ギリアの種類

ギリア・レプタンサ

ギリア・レプタンサ

ギリアの中では一番花丈のある品種です。薄紫色のボール状の花が開花します。

ギリア・カピターター

ギリア・カピターター

レプタンサ種に花が似ていますが、レプタンサより小さな花で丈も低めのギリアです。

ギリア・トリコロール

ギリア・トリコロール

英名でBird’s eyesというように、ユニークな花の姿をしています。写真の色が一般的ですが、シックな紫色や白のものもあります。

 

▼ギリアの育て方

ギリア

  • ギリアは秋に種を蒔いて春に花が咲く一年草です。ギリアは品種がいくつもあって、品種によって花の雰囲気が変わります。 主に流通しているギリアの品種は、カピターター、レプタンサ、トリコロールで、それぞれの品種によって花丈が違います。繊細そうな草花に見えますが、環境に合えば、こぼれ種でも増えるほど性質は丈夫な草花です。

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ギリアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A