ギリアの育て方|植物図鑑

植物名
ギリア
学名

Gilia

英名
Gilia
科名
ハナシノブ科
属名
ギリア属
原産地
北アメリカ

ギリアの特徴

ギリアは秋に種を蒔いて春に花が咲く一年草です。ギリアは品種がいくつもあって、品種によって花の雰囲気が変わります。

主に流通しているギリアの品種は、カピターター、レプタンサ、トリコロールで、それぞれの品種によって花丈が違います。繊細そうな草花に見えますが、環境に合えば、こぼれ種でも増えるほど性質は丈夫な草花です。

ギリアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 40~70cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 紫系濃淡、白
開花時期 4月~6月

ギリアの種類

2017041116

ギリア・レプタンサ

ギリアの中では一番花丈のあるギリアです。薄紫色のボール状の花が開花します

2017041110

ギリア・カピターター

レプタンサ種に花が似ていますが、レプタンサより小さな花で丈も低めのギリアです。

2017041117

ギリア・トリコロール

英名でBird’s eyesというように、ユニークな花の姿をしています。写真の色が一般的ですが、シックな紫色や真っ白のものもあります

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング