ズッキーニの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ズッキーニの花言葉や種類、特徴をご紹介!ズッキーニはイタリア料理やフランス料理などによく用いられるおしゃれな野菜。日本での栽培歴史はまだ短いですが、育てやすく家庭菜園でも人気があります。

ズッキーニの花言葉

ズッキーニの花言葉は、「ほのかな恋」。

 

ズッキーニについて

科・属 ウリ科・カボチャ属
和名 つるなしカボチャ
英名 Courgette
学名 Cucurbita pepo
原産地 中南米、北アメリカ南部
開花期 5月~8月頃

 

ズッキーニの特徴

ズッキーニは外見や輪切りにした見た目もキュウリに似ている野菜ですが、キュウリよりも実の表面が柔らかく、皮が薄く傷がつきやすい特徴があります。「ぺポかぼちゃ」の変種で、ウリ科・カボチャ属に属しています。原産地は北アメリカ南部~中南米ではないかと考えられています。16世紀頃にヨーロッパに伝わり、19世紀後半にイタリアで改良されたものの中からズッキーニが誕生したと言われています。  ズッキーニは、日本で普及し始めたのは1980年頃。まだ歴史が浅い野菜ですが、家庭菜園ではおしゃれで人気の野菜のひとつです。花がついたままの未熟な果実も食用にできるので、エディブルフラワーとしての一面もあります。

ズッキーニは外見や輪切りにした見た目もキュウリに似ている野菜ですが、キュウリよりも実の表面が柔らかく、皮が薄く傷がつきやすい特徴があります。「ぺポかぼちゃ」の変種で、ウリ科・カボチャ属に属しています。原産地は北アメリカ南部~中南米ではないかと考えられています。16世紀頃にヨーロッパに伝わり、19世紀後半にイタリアで改良されたものの中からズッキーニが誕生したと言われています。

ズッキーニは、日本で普及し始めたのは1980年頃。まだ歴史が浅い野菜ですが、家庭菜園ではおしゃれで人気の野菜のひとつです。花がついたままの未熟な果実も食用にできるので、エディブルフラワーとしての一面もあります。

 

ズッキーニは緑色の品種の他、黄色の品種もあります。煮物(ラタトゥイユなど)、サラダ、漬物、オムレツの具、揚げ物など幅広く用いられます。  ズッキーニは「つるなしカボチャ」とも呼ばれ、親づるがどんどん生長します。ズッキーニの実の下の葉をカットしたり、支柱などでぐらつく株元を支えながら管理していきます。

ズッキーニは緑色の品種の他、黄色の品種もあります。煮物(ラタトゥイユなど)、サラダ、漬物、オムレツの具、揚げ物など幅広く用いられます。

ズッキーニは「つるなしカボチャ」とも呼ばれ、親づるがどんどん生長します。ズッキーニの実の下の葉をカットしたり、支柱などでぐらつく株元を支えながら管理していきます。

花言葉「ほのかな恋」の由来はわからないのですが、実の表面が柔らかくて皮が薄く傷がつきやすかったり、花がついたままの未熟な果実も食用にできることから、まだ幼い頃のほのかな恋をイメージしたのではないでしょうか。

 

▼ズッキーニの詳しい育て方はこちら


▼ズッキーニの関連記事はこちら



 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ズッキーニの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス