クレソンの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

クレソンの花言葉や種類、特徴をご紹介!クレソンは、肉料理の付け合わせとしてよく使われる野菜。爽やかな風味とピリッとした辛味が特徴的です。

 

クレソンの花言葉

クレソンの花言葉は、「不屈の力」「安定」「着実」「忍耐力」。

 

クレソンについて

科・属 アブラナ科・オランダガラシ属
和名 和蘭芥子(オランダガラシ)
英名 Watercress
学名 Nasturtium officinale
原産地 ヨーロッパ
開花期 4月~5月

 

クレソンの特徴

クレソン 花言葉 育て方 種類

クレソンはヨーロッパからアジアの温帯にかけて広く分布する多年草の水生植物。繁殖力が旺盛なため、日本国内でも水辺で群生している姿がよく見られます。水耕栽培だけでなく、乾かさないように注意すれば土栽培も可能です。根を残しておくと繰り返し収穫できます。冬場に5度を下回らないように管理すると、真夏や真冬を除いて周年収穫できます。春には小さな白い小花を茎の先に咲かせます。

流通しているもののほとんどは栽培物で、切って売られているものでも水に浸しておくと根を伸ばし、栽培することができるほど丈夫です。気軽にキッチンで栽培できます。

野生のクレソンは3月~5月頃が旬。春が最も色鮮やかで柔らかく、その後は茎も太く硬くなります。出回っているものは栽培物が多いので、一年中野菜売り場に並んでいます。

クレソンは和名で和蘭芥子(オランダガラシ)と呼ばれ、爽やかな風味とダイコンのようなピリッとする辛味があります。よくステーキやハンバーグなどの付け合わせに使われることがありますが、その特有の風味と辛味が肉の脂っぽさをさっぱりさせてくれるという理由があります。

クレソンの花言葉「不屈の力」「安定」「着実」「忍耐力」は、生命力が強く、繁殖力旺盛な性質から付けられたと言われています。

 

クレソンの種類

クレソン

肉料理の付け合わせだけでなく、サラダやお浸し、炒め物、天麩羅などにも使われます。

サラダクレソン

サラダ用に水耕栽培されたクレソン。柔らかくて生食に適しています。

ヤソゼリ(耶蘇芹)

大分県の湯布院町、九重町、久住町、直入町の山間地に自生するクレソン。

 

▼クレソンの詳しい育て方はこちら

クレソン

  • クレソンはヨーロッパからアジアの温帯にかけて広く分布する多年草の水生植物で、繁殖力が旺盛なため日本国内でも水辺でよく見られます。クレソンの和名はオランダガラシやオランダミズガラシと呼ばれています。 クレソンは横に這うように伸びて茎の途中から根を出しながら水深があるところでは水面に横たわるように浮いています。春には5~6ミリの小さな白い小花を茎の先に咲かせます。味はさわやかな苦みとピリッとする辛みが特徴です。水切れしないように注意をして土で栽培する事もでき、水耕栽培も容易です。冬場に5度を下回らないように管理すれば、真夏や真冬を除きほぼ1年中収穫できます。環境が合えばとにかくよく育ちます。


▼クレソンの関連記事はこちら


 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「クレソンの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス