サフランの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

サフランの花言葉と種類についてご紹介。サフランは、クロッカスに似た花を咲かせる植物。古くから料理やお茶、薬用、染料などに用いられてきました。

 

サフランの花言葉

サフランの花言葉は、「喜び」「陽気」「歓喜」「節度の美」。

 

サフランについて

科・属 アヤメ科・クロッカス属
和名 クロッカス
英名 Saffron crocus
学名 Crocus sativus
原産地 地中海沿岸
開花期 10月~11月頃

 

サフランの特徴

サフランは、同じアヤメ科・クロッカス属のクロッカスに似た花の形をした耐寒性球根。草丈は10cmほどで、開花は秋。花色は紫色で、赤くて長い雌しべが特徴的です。雌しべを収穫して乾燥させたものを、パエリアやブイヤベースなどの料理のスパイスに使います。サフランは古くから香りの良いハーブとして薬用や、お茶、香料、染料などさまざまなことに用いられてきました。雌しべは1つの花から少量しか収穫できないので、少量でも高価な高級香辛料と言われています。

サフランは球根自体で花を咲かせることができるので、球根を置いておけば発芽して開花します。水も土も使わずに花を咲かせることができるほど強健な植物です。水耕栽培でも育てることが可能ですが、1シーズンのみとなります。

花言葉「喜び」「陽気」「歓喜」は、サフランは香りが良く、ハーブとしての効能もあることから人々を明るく喜ばせるイメージがあり付けられたと言われています。「節度の美」は、サフランを過度に使いすぎると危険なことがあると言われているため、それが由来になっています。

 

サフランの種類

クロッカス

クロッカス 特徴 育て方 花言葉

クロッカスは、サフランと同じアヤメ科・クロッカス属の耐寒性球根。花色は紫、黄、白、複色などがあります。開花期は基本的に春で、秋咲き品種もあります。サフランのような長くて赤い雌しべはありません。

 

▼サフランの育て方はこちら

サフラン

  • サフランは草丈が10cm~30cmくらいのクロッカスなどと同類の球根植物です。最大のサフランで4つくらい花をつけます。長く細い葉と紫の花が特徴です。花の中心には赤くて細い糸のようなめしべがあり、これを取って乾燥させたものがサフランというスパイスになり、料理の着色料などに使われます。花が咲き終わった後も葉は伸び続け、5月頃に枯れた後、休眠に入ります。

 

▼クロッカスの育て方はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「サフランの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・雑草対策としても注目のグランドカバー】グリーンカーペットにおすすめ! クラピアK7 40苗セット(9cmポット)

販売価格: 22,176~23,749 円(税込)

【ストアオリジナル・母の日ギフトを長く楽しむ】青・白アジサイの植え替えセット

販売価格: 1,210 円(税込)

【菌根菌が植物を強くする】 花野菜用かる~い培養土 14L (プロトリーフ)

販売価格: 528 円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A