サフランの育て方|植物図鑑

植物名
サフラン
学名

Crocus sativus

英名
Saffron crocus
和名
サフラン
科名
アヤメ科
属名
クロッカス属
原産地
地中海沿岸

サフランの特徴

草丈が10cm~30cmくらいのクロッカスなどと同類の球根植物です。最大のサフランで4つくらい花をつけます。長く細い葉と紫の花が特徴です。花の中心には赤くて細い糸のようなめしべがあり、これを取って乾燥させたものが、サフランというスパイスになります。花が咲き終わった後も葉は伸び続け、5月頃に枯れた後休眠に入ります。サフランの大きな特徴は、水も土も使わずに育てることができるという点です。球根だけをおいておくと、11月頃に開花します。水耕栽培は1シーズンですが可能です。日当たりのよい冷涼な場所を好みます。

サフランの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 10cm~30cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
花色 白、紫
開花時期 10月~11月頃

サフランの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
肥料
開花
収穫

サフランの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い場所を好みます。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

用土

赤玉土7:腐葉土3を混ぜておきます。よく肥えた土が適しています。追肥はすると軟腐病になりやすいので用土を作るときに栄養をいれておきます。

サフランの育て方のポイント

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。冬はなかなか水がはけないので乾燥していても大丈夫です。

肥料

リン酸が多く含まれるものが適しています。逆に窒素が多いと球根が傷むので病気になってしまいますので避けましょう。

病害虫

窒素が多いと軟腐病、高温になるとネダニが発生します。肥料を与えすぎたときも軟腐病にかかり、球根が腐るので注意しましょう。

サフランの詳しい育て方

植え付け

8月~9月よりも遅れてしまうと花が小さくなりますので気をつけましょう。地植えは球根2個分くらいの深さに植え、鉢の場合は1個分くらいの深さに植えましょう。

10月~11月頃に花が咲きます。

収穫

サフランのめしべを花が咲いた時点ですぐに収穫しましょう。手に色がつくとなかなか取れないので注意しましょう

夏越し

春、葉がほとんど枯れた時点で土から球根を掘り出します。全部の葉が枯れたら葉を取って乾いた場所に置いて干し、ネットに入れて保存します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

鉢などで花が咲いたあとに芽かきをして球根の数をしぼるとよいでしょう。鉢やコンテナなどで球根を太らせて堀りあげましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング