ラディッシュ(二十日大根)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ラディッシュ(二十日大根)の花言葉や種類、特徴をご紹介。ラディッシュ(二十日大根)は、種まきから1か月程度で収穫できる家庭菜園でも人気のカラフルな根菜野菜。

 

ラディッシュ(二十日大根)の花言葉

ラディッシュ(二十日大根)の花言葉は、「適応力」「潔白」。

 

ラディッシュ(二十日大根)について

科・属 アブラナ科・ダイコン属
和名 二十日大根(はつかだいこん)
英名 Radish
学名 Raphanus sativus var. radicula
原産地 ヨーロッパ

 

ラディッシュ(二十日大根)の特徴

ラディッシュ 二十日大根

ラディッシュ(二十日大根)の草丈は20~30cm弱、2~4cm弱の球または楕円の根が肥大する根菜野菜です。一見するとカブに似ていますが、葉をみるとダイコンであることがわかります。

一般的なラディッシュ(二十日大根)の色は赤ですが、それ以外にも白、紅白、黄色や紫、黒もあり、とても品種が豊富です。

ラディッシュ(二十日大根)は、種をまいてから20日くらいで収穫できることから、日本では「二十日大根(はつかだいこん)」と呼ばれていますが、実際には春夏で1か月ほど、秋冬で1~2か月ほどかかります。

根菜なので種から育てますが、真夏や真冬以外は種まきが可能なため、栽培できる期間が長いのが特徴です。小さな球体のため、プランターで育てる場合も深さをあまり必要とせず、ベランダでも栽培することができます。他の野菜と比べて短期間で収穫できることもあり、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜のひとつです。

ラディッシュ(二十日大根)は、収穫のタイミングを逃すと「す」が入ってしまうため、収穫できる大きさに肥大したら引き抜きます。そのため花を見ることはめったにありません。収穫せずにそのまま育てていると、株元から花茎が伸びて、白やピンクの花が開花します。

 

▼ラディッシュ(二十日大根)の育て方

ラディッシュ

  • ラディッシュの草丈は20~30cm弱、2~4cm弱の球または楕円の根が肥大します。一見するとカブに見えますが、ダイコンの仲間で、葉をみるとダイコンであることがわかります。 一般的なラディッシュの色は赤ですが、それ以外にも白、紅白、黄色や紫色、黒色の品種もあります。 ラディッシュは、種をまいてから20日くらいで収穫できることから、日本では「二十日大根(はつかだいこん)」と呼ばれていますが、品種にもよりますが、実際には収穫までに春夏で1か月ほど、秋冬で1~2か月ほどかかることが多いようです。 ラディッシュは小さな球体のため、プランターで育てる場合も深さをあまり必要とせず、ベランダなどの省スペースで栽培することができます。また、他の野菜と比べて短期間で収穫できることもあり、家庭菜園初心者にもおすすめの野菜のひとつです。

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ラディッシュ(二十日大根)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス