ラディッシュの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ラディッシュ
学名

Raphanus sativus var. radicula

英名
Radish
和名
ハツカダイコン
別名・流通名
二十日大根
科名
アブラナ科
属名
ダイコン属
原産地
ヨーロッパ

ラディッシュの特徴

ラディッシュの草丈は30cm弱で、2cm~4cm弱の球または楕円の根が肥大します。主に丸い形をしていることから、一見するとカブの仲間のように見えますが、ダイコンの仲間です。ラディッシュの葉を観察すると、カブの形とは違い、ダイコンの葉と同じ形をしています。

一般的なラディッシュの色は赤ですが、それ以外にも白、紅白、黄色や紫色、黒色の品種もあります。

種をまいてから、20日くらいで収穫できることから、日本では「二十日大根」と呼ばれていましたが、品種にもよりますが、実際は収穫までに春夏で1か月ほど、秋冬で1~2か月ほどかかることが多いようです。

ラディッシュは小さな球体のため、プランターで育てる場合も、深さをあまり必要としないことから、省スペースで栽培できます。他の野菜と比べて短期間で収穫できるため、小さなお子さんと一緒に育てる野菜として最適です。

ラディッシュの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 白、薄桃色、赤、紫、黄、黒

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング