ラディッシュの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ラディッシュ
学名

Raphanus sativus var. radicula

英名
Radish
和名
ハツカダイコン
別名・流通名
二十日大根
科名
アブラナ科
属名
ダイコン属
原産地
ヨーロッパ

ラディッシュの特徴

ラディッシュの草丈は30cm弱で、2cm~4cm弱の球または楕円の根が肥大します。主に丸い形をしていることから、一見するとカブの仲間のように見えますが、ダイコンの仲間です。ラディッシュの葉を観察すると、カブの形とは違い、ダイコンの葉と同じ形をしています。

一般的なラディッシュの色は赤ですが、それ以外にも白、紅白、黄色や紫色、黒色の品種もあります。

種をまいてから、20日くらいで収穫できることから、日本では「二十日大根」と呼ばれていましたが、品種にもよりますが、実際は収穫までに春夏で1か月ほど、秋冬で1~2か月ほどかかることが多いようです。

ラディッシュは小さな球体のため、プランターで育てる場合も、深さをあまり必要としないことから、省スペースで栽培できます。他の野菜と比べて短期間で収穫できるため、小さなお子さんと一緒に育てる野菜として最適です。

ラディッシュの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 白、薄桃色、赤、紫、黄、黒

ラディッシュの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫

ラディッシュの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い、風通しの良い環境を好みます。

温度

生育適温は17℃~20℃ですが、真夏・真冬を除いて1年中栽培が可能なお野菜です。

用土

プランター栽培の場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

ラディッシュの育て方のポイント

水やり

種をまいてから、芽が出るまで、乾燥させないように管理しましょう。
天気や温度にもよりますが、発芽までに1週間ほどかかります。発芽までに土が乾燥しないように気を付けましょう。

肥料

収穫日数が少なく済むので元肥のみで生育します。あまり肥料を与えすぎると、アブラムシが寄ってきやすくなりますので、施す量には注意しましょう。

病害虫

アブラムシネキリムシ、アオムシ、ヨトウムシなどが寄ってきます。種まきの直後から寒冷紗などをかけて害虫を防ぎましょう。
アブラムシは3月から5月に多く発生する害虫です。新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。春から秋に発生するので見つけ次第、駆除しましょう。
ヨトウムシはヨトウガの幼虫で、年に2回ほど発生します。ハスモンヨトウ、シトシタヨトウなどの種類も含めヨトウムシと呼ばれてます。昼間は土の中に隠れていて、夜になると一斉に出てきて活動します。幼虫は葉や茎部分を集団で食害するため、葉が気づいたら丸坊主になっていることがあります。一度に大量に産卵します。葉裏に大量に卵を産み付けるので、これが孵化しないうちに葉ごと処分をしましょう。こまめに葉裏もチェックするようにしましょう。孵化していた場合群生するため比較的見つけやすいです。見つけたら捕殺しましょう。

ラディッシュの詳しい育て方

選び方

ラディッシュの色も赤や紫、白、紅白などの種類がありますので、お好きな品種をお選びください。

種まき

ラディッシュの種は、1粒ずつつまみやすい種ですのですじまきがおすすめです。畝やプランターに1cm間隔でまきます。
作物が密植状態だと、害虫の住みかになりやすく、蒸れることで病気にもかかりやすくなります。作物が元気に育つためには、日当たり・水分・風通しがとても重要です。充分な日当たりと風通しを良くするためにも、適度な間引きをしましょう。

間引き

ラディッシュは土の中で大きくなります。そのため、赤い実の部分が混みあってしまってはラディッシュは大きくなれません。込み入ったところや生長が遅く弱々しいラディッシュは地際から切り取り、間引きします。

間引きすることにより土の表面が乱れて、根がむき出しにならないように土寄せをし、水をあたえます。

間引きした葉もサラダでおいしく食べることができます。

収穫

1か月くらいで赤くなり丸く膨らみますので、直径が2cm~4cm弱になったら、引き抜いて収穫します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング