クリンソウの花言葉|種類、花の特徴、名前の由来、サクラソウとの違い

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

クリンソウの花言葉や種類、花の特徴、名前の由来、サクラソウとの違いをご紹介。クリンソウは、春から初夏に輪状に数段重なるように花を咲かせる日本に自生するプリムラの1種。

目次

クリンソウの花言葉

クリンソウの花言葉は「幸福を重ねる」 「物思い」 「物覚えのよさ」 「少年時代の希望」

目次に戻る≫

クリンソウについて|基本情報

科・属 サクラソウ科・サクラソウ属
和名 九輪草
英名 Japanese Primrose
学名 Primula japonica
原産地 日本
開花期 4月~6月

目次に戻る≫

クリンソウとは|花の特徴、名前の由来、サクラソウとの違い

クリンソウ

クリンソウは、日本原産のサクラソウ科の多年草。数多くの種類があるプリムラの中では大型です。山野や林の少し湿った場所に自生し、春から初夏に輪生状に数段ついた花が下から上に咲き進みます。

下葉の中心から花茎が伸び、輪生状に数段重なるように花がつく様子が、仏閣の屋根の頂点にある「九輪」に似ていることが名前の由来です。花言葉の「幸福を重ねる」は、輪生状につく花の見た目にちなみます。

 

canva クリンソウPrimula japonica2

花色はマゼンタピンク(濃い赤紫)が一般的ですが、ピンクや白もあります。強い色味のものが多いですが、輪状につくひとつひとつの花が小さいため、楚々とした雰囲気が感じられます。下葉や木々の若葉や青葉の明るい緑色の背景の中で、発色の良い花色が浮き立つように見え、群生する光景は息を飲む美しさです。

黄色い花のキバナクリンソウ(Plimura helodoxa)やキバナノクリンザクラ(Primula veris)は、プリムラの仲間ですが種類的には別種です。

よく似た花、サクラソウとの違い

日本原産のサクラソウPrimula sieboldiiとクリンソウは一見似ていますが、いくつかの違いがあります。

クリンソウ

葉の出方

クリンソウの下葉はロゼット状で葉柄がなく、サクラソウは葉柄があり下葉はロゼット状ではありません。

花のつき方

クリンソウは輪生状に花がつきますが、サクラソウは花茎の頂点に集散状に花がついています。

目次に戻る≫

クリンソウの種類

白花クリンソウ 

Primula japonica ‘Alba’ クリンソウの白花種。中心部分は黄色。

目次に戻る≫

 

▼クリンソウの育て方

 

▼クリンソウの関連記事

 

▼前向きな花言葉一覧

 

▼366日誕生花一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「クリンソウの花言葉|種類、花の特徴、名前の由来、サクラソウとの違い」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス