クリンソウの育て方|植物図鑑

植物名
クリンソウ
学名

Primula japonica

英名
Japanese Primrose
和名
九輪草
科名
サクラソウ科
属名
サクラソウ属
原産地
日本

クリンソウの特徴

クリンソウはサクラソウ科の耐寒性多年草です。日本原産の植物で、森や山の中でも水辺に近い明るい半日陰に自生しています。葉の大きさは10~30㎝程度、縁がギザギザとした葉を数枚をロゼット状に広げます。

クリンソウの花期は春から初夏です。花は直径2~3㎝程度で、濃い赤紫からピンク色、稀に白花もあります。花茎に対して数輪の花を円状に、数段重なるように咲かせます。その様子が仏閣の屋根に付いている九輪に似ているということでクリンソウの名前がつきました。九輪とは五重塔のような、仏閣の屋根の上の飾りのことを指す言葉です。

クリンソウの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~60㎝
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
花色 濃い赤紫、ピンク、稀に白
開花時期 4~6月

クリンソウとサクラソウ(桜草)の違いって?

クリンソウ Primula japonica とサクラソウ(桜草)Primula sieboldii は、サクラソウ科サクラソウ属の多年草です。どちらも花びらは5枚に分かれていて、花色は濃い赤紫からピンク、白などがあります。花期も春から初夏と同じです。両方とも日本原産の植物で、日本の山野に自生しています。

見分け方は、クリンソウは葉がロゼット状に広がること、花が数段重なるような咲き方をします。サクラソウ(桜草)は葉がロゼット状にはなりません。花も花茎の先に円状に咲かせるだけです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング