家庭菜園特集

3月7日の誕生花|ニリンソウ(二輪草)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

3月7日の誕生花は「ニリンソウ(二輪草)」です。「ニリンソウ(二輪草)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

3月7日の誕生花

3月7日の誕生花は「ニリンソウ(二輪草)」。

「ニリンソウ(二輪草)」の花言葉は「友情」「協力」。

 

ニリンソウ(二輪草)について

科・属  キンポウゲ科・イチリンソウ属
和名  二輪草
英名  Soft windflower
学名  Anemone flaccida
原産地  日本、中国
開花期  4月~5月

 

ニリンソウ(二輪草)の特徴

ニリンソウ(二輪草)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。山麓の林の縁や林の中や竹林、土手などに生え、4月から5月にかけて白い花を咲かせます。別名「ガショウソウ」とも呼ばれます。

1本の茎から2本ずつ長い茎を出し1輪ずつの花を咲かせます。2本目の花は1本目の花に寄り添うように遅れて咲きます。ニリンソウ(二輪草)の若芽は山菜としても利用されますが、猛毒を持つトリカブトと酷似していて間違われやすい植物です。

 

ニリンソウ(二輪草)の種類

ニリンソウ(二輪草)の仲間で、1本の茎に1つの花を咲かせるイチリンソウ、1本の茎に3つの花を咲かせるサンリンソウという植物もあります。イチリンソウはニリンソウ(二輪草)よりも花が大きく、サンリンソウはニリンソウ(二輪草)よりも花が小さくなっています。

▼ニリンソウ(二輪草)の育て方など詳しい情報はこちら

ニリンソウ(二輪草)

  • ニリンソウ(二輪草)は山野に自生する多年草で、草丈は15~25㎝程度。4~5月に白く可憐な花を咲かせます。半日陰の湿地帯を好み、放っておくと地下茎で増えていきます。森や林の中でニリンソウ(二輪草)の群生に出会うこともあります。初春の新芽はトリカブトに似ているので注意が必要です。

     

関連ワード

「3月7日の誕生花|ニリンソウ(二輪草)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ