ニリンソウ(二輪草)の育て方|植物図鑑

植物名
ニリンソウ(二輪草)
学名

Anemone flaccida

英名
Soft windflower
和名
二輪草
科名
キンポウゲ科
属名
アネモネ属
原産地
アジア

ニリンソウ(二輪草)の特徴

ニリンソウ(二輪草)は山野に自生する多年草で、草丈は15~25㎝程度。4~5月に白く可憐な花を咲かせます。半日陰の湿地帯を好み、放っておくと地下茎で増えていきます。森や林の中でニリンソウ(二輪草)の群生に出会うこともあります。初春の新芽はトリカブトに似ているので注意が必要です。

 

ニリンソウ(二輪草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 15~25㎝
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
耐陰性 強い
花色
開花時期 4~5月

ニリンソウ(二輪草)は一本の茎から二輪花を咲かせることからニリンソウと呼ばれています。花は白い一重から八重咲や淡いピンクまであります。葉の中心から花茎を伸ばしてその先に花を咲かせます。水はけよく保水性のある土壌を好みます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング