3月9日の誕生花|アセビ(馬酔木)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

3月9日の誕生花は「アセビ(馬酔木)」です。「アセビ(馬酔木)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

3月9日の誕生花

3月9日の誕生花は「アセビ(馬酔木)」。

「アセビ(馬酔木)」の花言葉は「危険」「清純な心」。

 

アセビ(馬酔木)について

科・属  ツツジ科・アセビ属
和名  馬酔木
英名  Japanese andromeda
学名  Pieris japonica
原産地  日本
開花期  2月~4月

 

アセビ(馬酔木)の特徴

日本原産でツツジ科のアセビ(馬酔木)は、白い釣鐘形の小さな花がたくさん木の枝をおおうように咲く植物で、冬から春にかけて鉢物として出回ります。

葉や茎には有毒成分が含まれていて、アセビ(馬酔木)の葉を馬が食べると独で酔ったようにふらつくことから「馬酔木」という漢字が当てられており、また毒で足がしびれることから「アシビ」とも呼ばれます。

 

アセビ(馬酔木)の種類

アセビ(馬酔木)の一般的な品種では花は白ですが、園芸品種として改良されたものにはピンクの花や赤い花のものなどもあります。また、葉に白い斑の入った品種もあります。

▼アセビ(馬酔木)の育て方など詳しい情報はこちら

アセビ(馬酔木)

  • アセビ(馬酔木)は日本各地に自生するツツジ科の常緑低木です。庭木としても人気があり、個人の庭から公園、街路樹として広く利用されています。初春、沈丁花が咲く頃に白く小さな壺状の花をカンザシのように、房状に咲かせます。白花の他に赤花種もあります。顔を近づけるとほのかに芳香があるのも特徴です。光沢のある明るいグリーンの葉を手のひらを広げたように放射状に付けます。

    街中で見かけるアセビ(馬酔木)はきちんと刈り込まれ、樹形が整えられていますが、山野では大きく生長し枝が暴れたようになっている姿も見かけます。

    漢字の「馬酔木」は文字通り、馬がこの木を食べると酔ったようになってしまったことから当てられた漢字です。アセビ(馬酔木)には毒性があると言われているので、口に入れることのないように気を付けてください。

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「3月9日の誕生花|アセビ(馬酔木)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ