カラーの育て方|植物図鑑

植物名
カラー
学名

Zantedeschia

英名
Calla
和名
和蘭海芋(オランダカイウ)
科名
サトイモ科
属名
オランダカイウ属
原産地
南アフリカ

カラーの特徴

カラーは、草丈30cm~100cmのサトイモ科の多年草です。地中は球根(塊根)です。葉の形は三角形のやじり形やほこ形があり、長く太い茎が特徴です。すっとしたフォルムが印象的な植物で、切花でブーケやアレンジメントに良く使用されます。

カラーは切花として出回ることが多い印象ですが、育て方はそれほど難しいものではありません。庭植や鉢植えで育てることが出来ます。湿地を好む湿地性と乾燥気味を好む畑地性がありますので、購入時に必ず確認してください。秋と冬は地上部が枯れ、休眠して越冬します。春から初夏にかけて開花します。

 

カラーの花に見える部分は花ではなく、仏炎苞と言われる萼(がく)が変化したものです。中心部の黄色い部分が花の集合体となります。仏炎苞の色は赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫など様々で、バイカラ―の品種もあります。

カラーの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 30cm~1m程度
耐暑性 強い
花色 白、黄色、紫、ピンク、グリーンなど
開花時期 6月~7月頃に開花します。

カラーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

カラーの栽培環境

日当たり・置き場所

カラーは日当たりを好みます。日当たりの良い場所で管理してください。

用土

湿地性のカラーは湿った土を好みます。乾燥させると生育がストップし、花が咲きませんので、しっかりと土を湿らせておくようにしましょう。

畑地性のカラーは乾いてからたっぷりと水を与えましょう。湿っていると球根が腐りますので気を付けましょう。

カラーの育て方のポイント

水やり

湿地性のカラーは水をしっかりと与え、畑地性のカラーは水を控えめに、乾いてから与えましょう。葉や茎は傷みやすいので根の近くにそっと水をかけてください。土が乾いたらたっぷりと与えてください。

畑地性のカラーは休眠期は水を与えないようにしてください。逆に湿地性のものは水を切らさないようにしてください。

肥料

肥料は開花前と花が終わった後に有機肥料を与えます。

病害虫

葉に濃淡のあるモザイク状のまだら模様が現れ、葉縁が縮れるモザイク病、花色が褐色になる・しみができる・かすれ状の色抜けなどがおこるアザミウマなどに注意しましょう。

カラーの詳しい育て方

選び方

カラーの苗は葉や茎が色艶良く、しっかりとしたものを選びましょう。

植え付け

カラーの植え付けは早春、花が咲き始める前に行います。

剪定・切り戻し

カラーの花が終わったら、花茎を付け根からカットします。葉はそのまま黄色くなるまで残しておきましょう。翌年の開花の為に光合成をさせて球根を太らせます。

植え替え・鉢替え

鉢植えのカラーは2~3年に一回植え替えます。この時に株分けも行うことが出来ます。時期は早春、花が咲く前がいいでしょう。

カラーの花は、6月~7月頃に開花します。

収穫

カラーは花が美しい植物です。花が咲いたらカットして花瓶に飾ることが出来ます。ただし茎が腐りやすい為、花瓶の水は少なめにしましょう。

夏越し

夏の暑さには強い植物です。

冬越し

冬のカラーは地上部が枯れて越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

カラーは株分けで増やすことが出来ます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング