ホタルブクロの育て方|植物図鑑

植物名
ホタルブクロ
学名

Campanula punctata

和名
蛍袋(ホタルブクロ)
科名
キキョウ科
属名
ホタルブクロ属
原産地
中国

ホタルブクロの特徴

ホタルブクロは中国原産の多年草で、日本でも山野などに自生している植物です。俯くように咲く釣鐘型の花の形が非常に特徴的で可愛らしく、古くから観賞用としても愛されています。この釣鐘型の花の中に蛍が入ると考えられ、ホタルブクロと呼ばれるようになったと言われています。地下茎でよく増えます。半日陰でも花を咲かせるので、花が少なくなりがちなシェードガーデンでも活躍してくれます。非常に強健で、育てやすい植物です。

ホタルブクロの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~80㎝
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白、ピンク、淡紫
開花時期 6~7月

ホタルブクロの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け
植え替え

ホタルブクロの栽培環境

日当たり・置き場所

ホタルブクロは日当りのいい半日陰から日向を好みます。

用土

庭植えのホタルブクロは、腐葉土をたっぷりと漉き込んでから植え付けましょう。鉢植えのホタルブクロは、市販の培養土で問題なく育ちます。

ホタルブクロの育て方のポイント

水やり

庭植えのホタルブクロは、根付いてからは特に水やりの必要はありません。夏期など乾燥が続くような時には表土が乾いたら、早朝か夕方に水やりを行います。鉢植えは表土が乾いたらたっぷりと与えます。

肥料

過肥にならないように気をつけましょう。花付きが心配な場合は、早春花が咲く前に腐葉土を漉き込んでおけば十分です。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

ホタルブクロの詳しい育て方

選び方

花がついていない状態でホタルブクロの苗を購入する際は、ラベルを見て花色を確認してから購入するようにしましょう。ホタルブクロの花色は数種類あります。

苗は株元からしっかりと茎が立ち上がっているもの。下の方の葉が蒸れていないものを選んでください。

植え付け

ホタルブクロの植え付けは、真夏と真冬を避けた春か秋の暖かい日に行います。

剪定・切り戻し

ホタルブクロは花後、切り戻します。放っておくとあっという間に背丈が高くなるので、伸びすぎてしまった部分と古くなった部分を切り戻します。形を整えるためにも剪定を行いましょう。

植え替え・鉢替え

ホタルブクロは真夏と真冬を避けた春か秋の暖かい日に植え替えます。

6月~7月、ちょうど蛍が飛ぶ頃に釣鐘型の花を咲かせます。花色は白の他に、ピンクや淡い紫などがあります。

夏越し

ホタルブクロは夏が開花期です。特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

ホタルブクロは多年草です。冬は地上部が枯れたようになって越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ホタルブクロは株分けで増やせます。春の植え替え時に、株分けを行ってください。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング