家庭菜園特集

6月5日の誕生花|ホタルブクロ(蛍袋)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

6月5日の誕生花は「ホタルブクロ(蛍袋)」です。「ホタルブクロ(蛍袋)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

6月5日の誕生花

6月5日の誕生花は「ホタルブクロ(蛍袋)」。

ホタルブクロ(蛍袋)」の花言葉は「忠実」「正義」。

 

ホタルブクロ(蛍袋)について

科・属  キキョウ科・ホタルブクロ属
和名  蛍袋
英名  Spotted bellflower
学名  Campanula
原産地  日本
開花期  6月~7月

 

ホタルブクロ(蛍袋)の特徴

ホタルブクロ(蛍袋)は日本原産の植物で、花の形が非常に特徴的で可愛らしく古くから観賞用として愛されています。花は天に向かって咲くのではなく、地上に向かって下向きに咲きます。冬の間は土から出ている地上部が枯れてしまっていますが、春になると芽を出し、初夏には筒状で直径2cmほど、長さは5cm程度の釣鐘型の花を咲かせます。その昔、この筒状の花に子供がホタルを捕まえていたことから「ホタルブクロ」と命名されたと言われています。地下に張った根が横に横に伸びていき、株も新しいものがどんどん増えます。ホタルブクロ(蛍袋)の背丈は30cmから70cmほど。毎年大きく成長するのです。野山に生息しているので寒さには強く、一般家庭でも育てやすい植物です。

ホタルブクロ(蛍袋)は日本では昔から親しまれており、山や野原や道ばた等色々な場所で見る事ができます。ホタルブクロ(蛍袋)は海外では、ベルフラワーと呼ばれており、直訳すると鐘の花です。外国人から見ると、教会の鐘を連想させる花姿をしているようです。

 

ホタルブクロ(蛍袋)の種類

ホタルブクロ(蛍袋)は青系統の花が多く、青、紫、白、ピンクなどの色の花を咲かせます。花びらに細かい斑点がたくさん入っている品種もあります。

ホタルブクロ(蛍袋)の育て方など詳しい情報はこちら

ホタルブクロ

  • ホタルブクロは中国原産の多年草で、日本でも山野などに自生している植物です。俯くように咲く釣鐘型の花の形が非常に特徴的で可愛らしく、古くから観賞用としても愛されています。この釣鐘型の花の中に蛍が入ると考えられ、ホタルブクロと呼ばれるようになったと言われています。地下茎でよく増えます。半日陰でも花を咲かせるので、花が少なくなりがちなシェードガーデンでも活躍してくれます。非常に強健で、育てやすい植物です。

関連ワード

「6月5日の誕生花|ホタルブクロ(蛍袋)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ