オンファロデス・リニフォリアの育て方|植物図鑑

植物名
オンファロデス・リニフォリア
学名

Omphalodes linifolia

科名
ムラサキ科
属名
オンファロデス属
原産地
南西ヨーロッパ

オンファロデス・リニフォリアの特徴

オンファロデス・リニフォリアは春に忘れな草やシノグロッサムに似た白い花を無数に咲かせる秋蒔き一年草です。オンファロデス・リニフォリアの葉は、シルバーグリーンで涼し気な色合いで、花壇や寄せ植えに使うと効果的です。

オンファロデス・リニフォリアの性質は強く、環境が合えばこぼれ種でも増えます。

オンファロデス・リニフォリアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~40cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色
開花時期 4月~6月

オンファロデス・リニフォリアの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け(地植え)
植え付け(鉢植え)
開花

オンファロデス・リニフォリアの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりがよく、風通しのよい場所、水はけが良い土に植えましょう。

用土

鉢植えのオンファロデス・リニフォリアは草花用の培養土で問題なく育ちます。乾燥気味の方が好きなので、水はけのよい土を好みます。

オンファロデス・リニフォリアの育て方のポイント

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。常に水はけを良くしておくことが大切です。乾かしすぎても過湿すぎても苗の生育に問題が出るので、土の表面を良く観察してタイミングよく水やりをします。

肥料

植え付け時と開花する前まで、花用の肥料を規定量施します。オンファロデス・リニフォリアは、さほど肥料をやらなくても育つ草花です。

病害虫

アブラムシ

アブラムシは、おもに植物の新芽やつぼみに群生して、植物の汁を吸い、生育を阻害します。さらに、ウィルス病を媒介するため植物にダメージを与え、大量のアブラムシに侵された植物はやがて枯れてしまします。早期発見が肝心です。見つけたら駆除していきます。

オンファロデス・リニフォリアの詳しい育て方

選び方

苗で購入する場合は、葉の色が黄色くないシルバーグリーン色の株を選びましょう。

オンファロデス・リニフォリアは直根性なので、花が咲きはじめの若い株を選びましょう。

種まき

秋に種を蒔きます。オンファロデスリニフォリアは直根性なので、直まきか発芽後早めに定植します。

植え付け

オンファロデス・リニフォリアは直根性なので、若いうちに根を傷めないよう、ポット苗からそっと抜いて植え付けましょう。

直根性とは・・・
根っこが地中深く枝分かれすることなく、まっすぐに伸びていく性質のことをいいます。
地中深く伸びた後に分岐するものもありますが、基本的には太い根が下に伸びていく性質です。
そのため直根性の植物は、太い根を少しでも痛めてしまうと植物のダメージが大きく、うまく根付きません。
このことから植え替えの時に注意が必要な植物と言えます。買ってきた苗を植え付ける際には、根をほぐさず、そのまま土に埋める感じで植え替えましょう。

植え替え・鉢替え

オンファロデス・リニフォリアは一年草のため、植え替えの必要はありません。

オンファロデス・リニフォリアの花は4~6月に開花します。花がらを摘むと多少開花期間が伸びます。

夏越し

オンファロデス・リニフォリアは梅雨前までの一年草のため、夏越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

オンファロデス・リニフォリアの種  オンファロデス・リニフォリアは種で増やすことができます。種を採りたい場合は、終わった花を摘み取らず、そのままにしておくと種になります。

オンファロデス・リニフォリアの種

オンファロデス・リニフォリアは種で増やすことができます。種を採りたい場合は、終わった花を摘み取らず、そのままにしておくと種になります。オンファロデス・リニフォリアの種は、内側がくぼんだユニークなフォルムをしています。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング