トケイソウ(時計草)の育て方|植物図鑑

植物名
トケイソウ(時計草)
学名

Passiflora caerulea

英名
Passion flower
和名
トケイソウ
科名
トケイソウ科
属名
トケイソウ属
原産地
中南米

トケイソウ(時計草)の特徴

亜熱帯を中心に分布される、ツル性多年草です。トケイソウという和名の由来は、大きな3つの雄しべが時計の針に見えることからきています。非常にユニークな形の花で、その品種は500種以上と言われています。さらに掛け合わせた園芸品種もあるので、とてもたくさんの品種があるということになります。

南米原産の植物ですが、日本でも暖地では露地で越冬します。挿し木が容易な植物であり、長く伸びたツルが地面に下垂し、そのまま根付くということも多々あります。

南国の果物で有名なパッションフルーツ(Passiflora edulis)もこのトケイソウの仲間のひとつです。

トケイソウ(時計草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 2m以上
耐寒性 品種による
耐暑性
耐陰性 弱い
花色 白、紫、ピンク、赤、黄など
開花時期 5~10月

ツル性多年草で、暖地で露地で越冬します。常緑で冬期も葉を残すものあります。特徴的な花の形にばかり目が行きがちですが、手のひらのような形状の葉と巻きひげのようなツルも観賞価値があります。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング