ニワゼキショウの育て方|植物図鑑

植物名
ニワゼキショウ
学名

Sisyrinchium Rosulatum

英名
Annual blue eyed grass
和名
庭石菖
別名・流通名
なんきんあやめ
科名
アヤメ科
属名
ニワゼキショウ属
原産地
北アメリカ

ニワゼキショウの特徴

ニワゼキショウは北アメリカ原産のアヤメ科の多年草です。日本には明治時代に渡り日本で野生化した帰化植物です。石菖(セキショウ)というサトイモ科の植物に似ている事から名づけられました。日当たりの良い場所を好み芝生や道端に生え、5~6月に剣形をした10㎝程の草丈の葉に5㎜~1㎝の赤紫色、白、ピンクの小さな花を咲かせる一日花です。花びらは6枚に分かれ紫色の細い筋が入っています。花を咲かせ終わると、さく果ができ熟すると3つに裂けて種子が散布されます。

ニワゼキショウの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 10~15㎝
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
耐陰性 弱い
花色 白、ピンク、赤紫
開花時期 5~6月

ニワゼキショウの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
種まき
植え付け
収穫

ニワゼキショウの栽培環境

日当たり・置き場所

ニワゼキショウは日当たりが良く、水はけのよい場所で良く育ちます。

温度

ニワゼキショウは真夏の暑さや冬の寒さは苦手ですが、花が終わる頃には土の表面には花や葉が無くなり、休眠期に向けて準備がはじまるので特に気温を気にする必要はありません。

用土

ニワゼキショウの土は水はけが良く、水持ちの良い土を好みます。細かい鹿沼土等が適していますが、水持ちが悪い場合は少量の水苔を混ぜると水持ちが良くなります。繁殖力が強く痩せた土でもよく育つので、堆肥は少なめで大丈夫です。

ニワゼキショウの育て方のポイント

日常の管理

ニワゼキショウは日当たりが良く、風通しの良い場所で管理しましょう。

水やり

ニワゼキショウの水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。冬場の休眠期は乾燥させすぎには注意し月に1度程たっぷりと与えます。庭植の場合は真夏の長い期間雨が降らない場合以外は水やりはしなくても大丈夫です。

肥料

ニワゼキショウは痩せた土でもよく育つ為、特に肥料を与える必要はありません。鉢植えにする場合は種から育てる場合、種をまく時に液肥か緩効性肥料を与えます。

病害虫

ニワゼキショウは病害虫については、あまり心配はなく。時々アブラムシがつく事がある為、みつけたら駆除しましょう。根にネジラミという根につく害虫がいますが気が付きにくく年に一回の植え替えをすると予防する事ができます。

ニワゼキショウの詳しい育て方

選び方

ニワゼキショウの選び方は、葉がに勢いがあり黄色くなっていない、緑色の濃い株を選びましょう。

種まき

ニワゼキショウの種まきは、こぼれ種でも良く育つ為、7月頃でも発芽しますが、3~4月、9~10月に夏に採取した種を植え付けるのが最適で2~3週間程で発芽します。

植え付け

ニワゼキショウの植え付けは花が咲く前の3~4月、花が咲き終わってからの9~10月に植え付けます。

植え替え・鉢替え

ニワゼキショウの植え替え、植え付けは3~4月、9~10月にひとまわり大きな鉢に植え替え、植え付けをしましょう。

ニワゼキショウの花は5~6月に5㎜~1㎝の小さな花を咲かせます。花は一日で咲き終わり、花の咲く季節は次々と蕾がつき咲き続けます。

収穫

ニワゼキショウは花が終わると7月頃に種が出来るので収穫します。

夏越し

ニワゼキショウの夏越しは特に準備する事はありません。

冬越し

ニワゼキショウの冬越しは、乾燥に注意が必要です。月に1度、日の当たる午前中にたっぷりと与えましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ニワゼキショウは種まきで増やす方法と株分けで増やす方法の2つの増やし方があります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング