ニワゼキショウの育て方|植物図鑑

植物名
ニワゼキショウ
学名

Sisyrinchium Rosulatum

英名
Annual blue eyed grass
和名
庭石菖
別名・流通名
なんきんあやめ
科名
アヤメ科
属名
ニワゼキショウ属
原産地
北アメリカ

ニワゼキショウの特徴

ニワゼキショウは北アメリカ原産のアヤメ科の多年草です。日本には明治時代に渡り日本で野生化した帰化植物です。石菖(セキショウ)というサトイモ科の植物に似ている事から名づけられました。日当たりの良い場所を好み芝生や道端に生え、5~6月に剣形をした10㎝程の草丈の葉に5㎜~1㎝の赤紫色、白、ピンクの小さな花を咲かせる一日花です。花びらは6枚に分かれ紫色の細い筋が入っています。花を咲かせ終わると、さく果ができ熟すると3つに裂けて種子が散布されます。

ニワゼキショウの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 10~15㎝
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
耐陰性 弱い
花色 白、ピンク、赤紫
開花時期 5~6月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング