セリンセ マヨールの育て方|植物図鑑

植物名
セリンセ マヨール
学名

Cerinthe

英名
Cerinthe major
和名
キバナルリソウ
科名
ムラサキ科
属名
セリンセ属
原産地
ヨーロッパ

セリンセ マヨールの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~50cm
耐寒性 普通
耐暑性 弱い
花色 黄色、紫
開花時期 4月~5月

セリンセ・マヨールは、シルバーグリーンの葉の色と紫色のうつむきがちな花が全体的にシックな雰囲気の人気の1年草です。

セリンセ マヨールの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
開花
肥料

セリンセ マヨールの栽培環境

日当たり・置き場所

セリンセ・マヨールは、光が足りないと花が咲かないので、日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。ある程度の寒さには耐えますが、霜には弱い性質があります。

用土

乾き気味の土を好みます。水はけのよい土に植えましょう。

セリンセ マヨールの育て方のポイント

水やり

乾き気味を好む植物なので、水やりは土の表面を見て乾いてからするようにします。

肥料

肥料を欲しがる草花です。開花中は、花用の肥料を定期的に追肥しましょう。葉っぱが黄色くなったり、徒長してきたら、肥料や光などが足りないサインです。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

セリンセ マヨールの詳しい育て方

選び方

葉っぱが黄色くない、きれいな葉色の若い苗を選びましょう。

種まき

10月に種をまきます。セリンセ・マヨールは、こぼれ種でも増えるほど、性質は強い草花です。

植え付け

霜には弱いので、霜が降りような地域では冬場の地植えは厳しいと考えて、鉢植えで育てたほうが安全です。

4月ごろに開花します。

夏越し

湿気や蒸れには弱いので、梅雨前までの1年草として扱われています。

冬越し

霜には弱いので注意しましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種で増やすことができます。セリンセ・マヨールは、こぼれ種でも発芽します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング