半夏生(ハンゲショウ)の育て方|植物図鑑

植物名
半夏生(ハンゲショウ)
学名

Saururus chinensis

和名
ハンゲショウ、半夏生、半化粧
別名・流通名
カタシロクサ
科名
ドクダミ科
属名
ハンゲショウ属
原産地
フィリピン、中国

半夏生(ハンゲショウ)の特徴

半夏生はドクダミ科の多年草です。湿地帯を好み自生します。ドクダミと同じく地下茎で増えるので、地植えにするとよく広がります。6月の終わりから7月初旬にかけて、白い花穂をつけます。開花の頃になると、花穂のすぐ下の葉が半分白くなるのが特徴です。白くなる面積は個体差がありますが、葉が一面白くなることはあまりありません。半夏生の近縁種で、「アメリカハンゲショウ」という品種があります。こちらは開花時も葉が白くなることはありません。

半夏生(ハンゲショウ)の名前の由来は諸説あります。夏至から数えて11日目を「半夏生」と呼び、農作業などの目安とされる日でした。この半夏生の頃に花を咲かせるので半夏生と呼ばれるようになったという説があります。また、葉が半分白くなることから、「半化粧」と言われるようになった、という説もあります。

半夏生(ハンゲショウ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50から100㎝程度
耐寒性 強い
耐暑性 やや強い
花色
開花時期 初夏(6月後半から7月初旬)

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング