ブラックベリーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ブラックベリー
学名

Rubus

英名
Blackberry
科名
バラ科
属名
キイチゴ属
原産地
アメリカ、ヨーロッパ

ブラックベリーの特徴

初夏に黒い実をつける落葉性のツル植物です。生食でも加工するのにも向いています。性質がとても強く、病虫害の心配も少ないことから、無農薬でも簡単に育てることができる果樹です。性質が強い反面、実が柔らかくなってからが食べごろのため、日本では果物としての流通は少ないため、育てないと手に入らない果樹と言えます。

品種も多品種あります。もともとはトゲがある植物ですが、最近流通している品種はトゲなし品種が一般的なため、誘引なども簡単にできるようになりました。地植えの他、鉢植えでも栽培可能です。

ブラックベリーの詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 1.5~5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白、ピンク
開花時期 5月~6月

ブラックベリーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え替え
剪定
開花
実り

ブラックベリーの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりがよく風通しのよい場所で育てます。鉢植えでも地植えでも育てることができますが、生長力があるので、鉢植えの場合は大きめな鉢が必要です。
日当たりによって、花数がかなり違います。花の後に実がなるので、ブラックベリーにとって、日当たりはとても重要です。

用土

果樹や野菜用の土を使います。

ブラックベリーの育て方のポイント

水やり

鉢植えの場合は、乾いたらたっぷりと与えます。

病害虫

つぼみが急に黒くなって枯れたら、バラゾウムシに食べられている可能性があります。
黒くて小さな虫でとてもすばしこく、片手でつまもうとすると死んだふりをしたように落下して姿をくらまします。落下することを想定して、片手をつぼみの下に配置して、片手で虫に近づくと手に落ちてくるので捕殺します。食べるものなので薬剤はおすすめできません。
その他、湿りがちで育てると、カイガラムシがつく場合があります。
それ以外は病気にも強く、無農薬で育てられる丈夫なベリーです。

ブラックベリーの詳しい育て方

選び方

ブラックベリーは初夏に実つきの鉢が流通します。葉っぱが緑色で生き生きとした鉢を選びましょう。ポット苗で買った場合はすぐに植え替えましょう。通信販売では、実がついていない時期でも販売されていますが、秋以降は落葉している可能性があります。

植え付け

11月~3月が植え付け適時です。鉢のサイズより一回り大きめな穴を掘って植え付けます。ブラックベリーは、品種によっても差はありますが、生長が早い植物です。複数の株を植える場合は、隣との株間は、1.5~2mはあけましょう。

仕立て方

冬の間はメインの枝だけのブラックベリーですが、春になるとメインの枝から脇枝が出てきて開花、花の後に実がなる流れです。新しく出た枝は、初夏から秋までどんどん伸びます。放置していると地面に枝が接着した場所で根付いてしまい、どんどん増えてしまいます。このため、伸びていく枝を観察しながら、定期的に誘因をしていきます。

剪定・切り戻し

ブラックベリーは、初夏に株元から新しいシュートが出て、その茎に翌年実がつくというリズムで実が付きます。

実がついた茎は、枯れて終わっていくので実の後に剪定します。剪定してよいかがわからない場合は、実を収穫した後、そのままにしておくと初冬には枝が枯れてくるので、そのタイミングで地際で剪定します。

植え替え・鉢替え

12月~2月にひと回り大きな鉢に植え替えましょう。植え替えは2~3年に1回は行いましょう。

初夏に花を咲かせた後、実になります。

収穫

初夏から1カ月間くらい実が収穫できます。収穫のタイミングは、実が黒くなって、手で触ってぽろっと落ちるころが甘い目安です。もぎ取るようにして取ったものはまだ酸味が強いです。
いっぺんに収穫できるわけではないので、ジャムを作りたい方は収穫して実を冷凍保存して必要量をストックするとよいでしょう。ブラックベリーを収穫する上でいくつか気をつけたいことがあります。

1.収穫した実は洗わずにストック

収穫したブラックベリーをすぐに食べる時はひと洗いして食べます。
冷蔵庫にストックする場合は、洗わずに保存容器に入れて野菜室に保管します。
イチゴもそうですが、ベリー類は水で洗うと傷みやすいのが難点。洗ってストックするとカビやすいので、食べるときに洗うようにします。また、保存できるのは1~2日です。できれば収穫したらすぐに洗って食べるのがベストです。

2.雨の日は収穫しない

上記の理由から雨の中、ブラックベリーを収穫すると、実が濡れているので傷みやすくなります。その場で食べるのなら構いませんが、できれば収穫は晴れた日にします。

3.雨上がりは実をチェック

雨が続くと収穫時の黒い実がカビることがあります。雨上がりは、カビている実がないかをチェックして、見つけたら取り去って、他の実に伝染しないようにします。

夏越し

ブラックベリーは、夏場に来年実がなる茎がどんどん伸びてきます。それを放置して土にツルがついてしまうと根付いてしまうので、必ず新しいツルを紐やワイヤーで誘引していきましょう。
ツルが伸びすぎたら剪定して伸びすぎないように管理します。

冬越し

冬場は落葉中ですが、根は活動しているので、鉢植えで育てている方は、水やりを忘れないようにしてください。遅くても2月くらいまでに、実がなって枯れた枝を地際で剪定する作業を行いましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ツルを土を入れた鉢の上に置いておくと、葉の下から容易に発根します。発根したら茎から切り離します。

誘因

ブラックベリーはつる性のため、トレリス、オベリスクなど這わせるものが必要です。販売されている時は行灯仕立てで売られていることが多いです。植え付け後、初夏に新しいシュートが株元から出てきたら、適時、誘因します。

誘因で一番気を付けたいことは枝を誘因する高さです。

ブラックベリーは、冬の間はメインの茎しかありませんが、春になるとメインの茎から脇の茎が伸びてきて、茎先につぼみがつきます。

その脇の茎の丈は20~30センチの短いものもあれば、伸びるものは50センチ以上の茎もあります。

誘引する時は茎が伸びることを計算して、地面から最低でも50センチ以上の高さ以上の所に誘引していきます。地植えなら1mくらい以上の高さに誘因した方がいいと思います。あまり低いところに誘引すると、そこから茎が伸びて重たい実がつくと実が地面についてしまい、泥はねなどで実が傷んでしまいます。せっかくの実が食べられないのはもったいないので、余裕を持った高さの位置に誘引した方がよいです。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング