ヒマラヤの青いケシ・メコノプシスの咲く「大雪 森のガーデン」

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

四季折々の「大雪 森のガーデン」の魅力

ここからは、トップガーデナーの影浦さんに四季折々の大雪 森のガーデンの魅力について教えていただきました。

春のガーデン

どこよりも遅い春を迎える大雪 森のガーデンの庭は、植物たちも待ちに待った春を楽しむように一斉に芽を出し、力強いエネルギーを感じます。

雪解け後の春の庭は小球根類の花々、スイセン、チューリップと球根リレーがスタートします。見上げると「春紅葉」と呼ばれる木々の新芽の芽吹きも見られるのが魅力のひとつです。

 

(手前)エゾエンゴサクと(奥)カタクリ

野草のスプリングエフェメラルも見逃せません。スプリングエフェメラルとは春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、その後は地下で過ごす草花の総称です。春にだけ咲くはかない「春の妖精」とも呼ばれています。代表的な花はカタクリが有名ですね。

 

夏のガーデン

夏のガーデンの魅力は、爽やかな風と新緑が深緑に移り変わった樹木がつくる木陰です。夏でも涼しさを感じるガーデンは、北海道ならではの夏の心地良さです。

 

大自然に育まれる夏のガーデンは、咲いている花数も多くなり、大雪 森のガーデンが一番華やかに彩られる季節です。

 

秋のガーデン

じつは、秋こそおすすめの季節なんです。

樹々の紅葉が始まり、冷涼な気候のため長持ちする夏の花に加え、ペルシカリアやセダムなどの秋の花も同時に見られる、夏と秋の両方の植物を楽しめるお得感満載のガーデンなんです。

 

秋の夕日に赤く染まる花が咲いた後の種、シードヘッドもとても素敵です。

 

冬のガーデン

11月末には一面雪に覆われる北海道の冬。樹々の影は、雪にゼブラ模様を作ります。刻々と過ぎる時間と共に、その影が変化していく様を見ることができます。

そして、-30℃近くにもなる大雪 森のガーデンでは、冬にしか見ることのできない美しい樹氷を見ることができます。

※樹氷とは、空気中の水蒸気が直接樹々に着氷する現象です。

こうして長い長い冬の季節、植物たちが雪の下でじっと春を待つ間、他の季節よりもさらに大きく見える真っ白な大雪山連邦を眺めながら、どこまでも続く大雪原とふわふわのパウダースノーの中で、迫力満点の冬のアクティビティを楽しむことができます。

 

季節ごとにどんな植物が咲いていますか?

引き続きトップガーデナーの影浦さん達が手掛ける季節ごとの花々をみていきましょう。

5~6月

チューリップ

5月中旬からスイセン、5月下旬からはチューリップと同時に楽しめるのには、お客様に驚かれます。

毎年、色味を変えて、秋には約1万球の球根を植えつけています。

 

ミヤマオダマキ

高山植物の女王コマクサやミヤマオダマキなど大雪山に咲く高山植物が、山に登らなくてもここ大雪 森のガーデンでは見ることができるんですよ。

 

ヤマシャクヤク

6月の初めに新緑の森の中で咲くヤマシャクヤクも本当に素敵で、ぜひみなさんに見ていただきたいお花です。繊細な白いカップ状の花は花期が短いのでお見逃しなく!

 

アリウム

6月中旬から楽しめるアリウムは、空中でゆらゆら浮かんでいるよう。アリウムが連なる小路が絶好の撮影ポイントとして人気なんです。

 

7~8月

「ヒマラヤの青いケシ」メコノプシス

7月には「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれるメコノプシスが見頃です。このメコノプシスは28℃以下でしか生きられないため、冷涼なこの地ならではの植物です。最も大切に育てている植物の一つです。

 

ロサ‘ピンク ダブル ノックアウトの花

大雪 森のガーデンでバラが見頃を迎えるのも7月です。ロサ‘ピンク ダブル ノックアウトは濃いピンクがよく目立ち、丈夫で秋までよく咲きます。

 

ロニケラ・テルマニアーナ

いい香りが漂うロニケラ・テルマニアーナのアーチの中をぜひ通ってみて下さい。花後の真っ赤な実も可愛らしいんです。

 

8月にはアメリカアジサイ「アナベル」が庭のあちらこちらで見られます。蕾が薄い緑色で花開くと白色に変わり、たくさん咲くと豪華に演出してくれます。

 

エゾトリカブト

エゾトリカブトやエゾノコンギクなど北海道の自生種もぜひご注目ください。

エゾトリカブトは有毒植物ですが、花はきれいな紫色で森の中でもよく目立つんです。

 

9月

レンゲショウマ

木陰が似合うレンゲショウマ。淡いピンク色のうつむいて咲く可憐な姿も素敵ですが、まん丸の蕾も可愛らしいです。下から見上げるように写真を撮るのがポイントです。

 

ミヤギノハギ

園路際にズラッと並ぶミヤギノハギは、地際で刈り込んでも翌年には枝先が地面につくほど垂れ下がり、優美な姿を見せてくれるんです。

 

ルドベッキア・フルギダ・スリワンティ‘ゴールズターム’

ルドベッキアは7月後半から咲き初め、花期が長く9月に一番存在感を感じます。

目次に戻る≫

\大雪 森のガーデンのトップガーデナー影浦さんをご紹介♪/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ヒマラヤの青いケシ・メコノプシスの咲く「大雪 森のガーデン」」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ