ティランジア(エアプランツ)の水やり!ソーキングだけではなく”雨に当てる”メリット

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

色々な水やりのやり方があるティランジア(エアプランツ)。今回はソーキングと雨に当てるメリット、デメリットをご紹介します。

目次

ティランジア(エアプランツ)とは

ティランジア(エアプランツ)は主に北米南部~中南米に分布している着生植物で、岩や樹皮などに根を張っています。そのため根から水を吸収するよりも葉から水を吸収する割合の方が高く、自生地では朝方に発生する濃い霧をトリコームと呼ばれる毛のようなものを使って水分を得ています。その様子から空気中の水分を吸収するため、水やりがいらない植物などと言われることがありますがそれは誤りであり、日本などの自生地以外の環境ではしっかりと水やりをする必要があります。

目次に戻る≫

ソーキングについて

ティランジア(エアプランツ)の水やりには霧吹きなどで水を吹きかけるミスティング、バケツなどに水を張りティランジア(エアプランツ)を浸すディッピング、水の中に数時間沈めておくソーキングがあります。ミスティングとディッピングは特に問題は無いのですが、ソーキングに関しては少し注意する必要があります。

ソーキングのメリット

まず、ティランジア(エアプランツ)のソーキングのメリットに関してですが、これは短時間で乾燥した状態のティランジア(エアプランツ)を復活させることが出来ます。ティランジア(エアプランツ)は乾燥しすぎると通常の水やりでは中々回復しない場合があります。その時に数時間のソーキングを行うことで株全体に十分に水が行き渡った状態にすることが出来ます。

ソーキングのデメリット

ソーキングのデメリットとしてはやりすぎてしまうとティランジア(エアプランツ)が腐る原因になり得るというものがあります。これは先述しましたが、そもそもソーキングというのはティランジア(エアプランツ)が乾燥しすぎており、通常の水やりでは中々回復しないときに行うもので、言ってしまえば強制的に吸水させているようなものです。そのため衰弱しきっている株などはソーキングをすることで逆に株元が腐り、死んでしまうことがあります。また、寒い場所でソーキングを行うと水が冷たく、ティランジア(エアプランツ)にダメージを与えてしまう場合があります。

そのため、個人的にではありますが、ソーキングを行うのであれば、雨に当てた方がリスクが少ないかと思います。

目次に戻る≫

 

 

\ティランジア(エアプランツ)を雨に当てるメリットとは?/

続きを読む

Pages: 1 2
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ティランジア(エアプランツ)の水やり!ソーキングだけではなく”雨に当てる”メリット」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A