春と秋だけの花園!生田緑地ばら苑

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

もと遊園地のバラの名所

もとは小田急向ヶ丘遊園の園内にあるバラ園だったものが、遊園地の閉園にともない川崎市に引き継がれ誕生した「生田緑地ばら苑」。今は春と秋のバラのシーズンだけ開苑され、多くの人に愛されています。

苑内にはおよそ533種・4,700株のバラが咲き誇り、美しいイングリッシュガーデンを演出します。品種数も多く、小田急向ヶ丘遊園時代から大切にされてきた古い品種から新しいものまで様々です。

混雑はしますが、見ごたえは十分!坂道を上るので、歩きやすい靴でお出かけしましょう。

 

なんと入場は無料!

神奈川県でも有数の規模をもつ生田緑地ばら苑ですが、じつは入場無料。開苑期間中ならどなたでも自由に楽しむことができます。

 

管理にはボランティアの方々が携わっていて、専門家の指導のもとで大切にバラのお世話をしているそう。今もボランティアメンバーは募集中とのことなので(2017年4月現在)、バラのお世話に興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

※ボランティアの応募については、公式HPをご確認ください。

 

生田緑地ばら苑

  • 最寄駅 : 小田急線向ヶ丘遊園駅
  • アクセス : 小田急線「向ヶ丘遊園駅」(南口)より徒歩約20分。小田急線「向ヶ丘遊園駅」(南口)よりバス約5分「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停下車、ばら苑正面ゲートを経て坂道を登る。JR南武線「宿河原駅」から徒歩約23分。東急田園都市線「梶が谷駅」からバス約20分「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停下車、ばら苑正面ゲートを経て坂道を登る。
  • 住所 : 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1

「秘密の花園」として市民から親しまれてきたバラ園で、春と秋の年二回開園します。およそ533種、4700株のバラが咲き誇ります。

 

▼ほかのバラの名所をみてみる!

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「春と秋だけの花園!生田緑地ばら苑」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ