ガーベラを最後まで楽しむ方法・すぐ枯れそうになったことない?

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

お花屋さんで彩り鮮やかに店頭に置かれる人気のガーベラ。一年中を通して購入する事が出来ます。

鮮やかな色どりのガーベラは、どんな季節でも、お部屋の中に明るい彩を運んでくれます。その種類は2,000種以上。花の形も八重咲や花びらがねじれた様な個性的な形、色は淡いパステルカラーからビビッドな色、シックな色合いのガーベラもあり、その日の気分やインテリアに合わせて選ぶ事も出来ます。お部屋に飾ると一凛だけでも存在感があり一輪挿しも良く似合うお花です。

ガーベラを生けた時、すぐに首が曲がって萎れてしまったり茎が腐ってきてしまったなどという経験はありませんか?今回はガーベラの特性に合わせた生け方と長持ちさせるコツ、最後までお花を楽しむ方法をご紹介させて頂きたいと思います。

目次

ガーベラを生ける温度

ガーベラはお花屋さんで、一年中購入する事ができる人気のお花です。咲く季節は春と秋。  3月~5月、9月~11月頃となります。気候も良いこの季節に咲くガーベラは寒さと暑さが苦手。切り花を生ける際、気温の低い場所に置いた方がお花が長持ちするかもしれないとつい思いますがガーベラは気温が10度以下になると萎れてしまう場合があります。  茎がグリーンのまま傾いたように花びらも萎れた様子の場合は気温が低い証拠。ほんの少し気温の高い場所に移動をして一度水の中で茎を切り戻して生け直すと解消される事があります。  また真夏にガーベラを購入するとすぐに茎が腐ってしまう事があります。この場合は気温の高さと水の温度が上がっているので氷を2つ位入れてあげると解消します。その際は冷たすぎないようにお気をつけて下さいね。

ガーベラはお花屋さんで、一年中購入する事ができる人気のお花です。咲く季節は春と秋。

3月~5月、9月~11月頃となります。気候も良いこの季節に咲くガーベラは寒さと暑さが苦手。切り花を生ける際、気温の低い場所に置いた方がお花が長持ちするかもしれないとつい思いますがガーベラは気温が10度以下になると萎れてしまう場合があります。

茎がグリーンのまま傾いたように花びらも萎れた様子の場合は気温が低い証拠。ほんの少し気温の高い場所に移動をして一度水の中で茎を切り戻して生け直すと解消される事があります。

また真夏にガーベラを購入するとすぐに茎が腐ってしまう事があります。この場合は気温の高さと水の温度が上がっているので氷を2つ位入れてあげると解消します。その際は冷たすぎないようにお気をつけて下さいね。

目次に戻る≫

ガーベラを長く楽しむ為の湯揚げの方法

ガーベラの花が隠れる位まできつめに新聞紙で巻く花びらが曲がらないように丁寧に巻きます。

ガーベラの花が隠れる位まできつめに新聞紙で巻き、花びらが曲がらないように丁寧に巻いてみましょう。

 

これは水を花びらの先まで吸い上げやすくさせる為のガイドです。

これは水を花びらの先まで吸い上げやすくさせる為のガイドです。

 

巻くとこのような形になります。

巻くと、このような形になります。

 

お湯を沸かし湯をバケツにいれます。

お湯を沸かし、湯をバケツにいれます。

 

新聞紙で巻いたガーベラの茎を3cm位を10秒程お湯につける。その際、茎から小さな気泡が出てきます。

新聞紙で巻いたガーベラの茎を、3cm位を10秒程お湯につける。その際、茎から小さな気泡が出てきます。

 

お湯から引き揚げて水の中でお湯につけた部分のすぐ上あたりを切ります。

お湯から引き揚げて水の中でお湯につけた部分のすぐ上あたりを切ります。

 

水の中で切ったガーベラは茎の1/3位を新聞紙を巻いたまま1~2時間程浸けておきます。その際水に新聞紙がつかないように気を付けてください。

水の中で切ったガーベラは茎の1/3位を新聞紙を巻いたまま1~2時間程浸けておきます。その際水に新聞紙がつかないように気を付けてください。

 

新聞紙からガーベラを取り出し花器に生けます。

新聞紙からガーベラを取り出し花器に生けます。

 

▼動画はこちらからcheck!

 

目次に戻る≫

 

 

\ガーベラをお手入れしながら楽しんでみよう。つづきはこちらへ/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ガーベラを最後まで楽しむ方法・すぐ枯れそうになったことない?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ