品種が豊富!ガーベラを上手く生けるコツ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

生花としては、1年中、出回っているガーベラガーベラは色の種類も豊富で、明るくて元気なイメージの人気の花です。

最近は、通常の咲き方を始めとして、ユニークな咲き方の新品種が、毎年作り出されています。今回は珍しい咲き方の品種と、ガーベラを長く楽しむために、生ける上での大切なポイントをご紹介します。

生花としては、1年中、出回っているガーベラ。ガーベラは色の種類も豊富で、明るくて元気なイメージの人気の花です。  最近は、通常の咲き方を始めとして、ユニークな咲き方の新品種が、毎年作り出されています。今回は珍しい咲き方の品種と、ガーベラを長く楽しむために、生ける上での大切なポイントをご紹介します。

 

ガーベラを生ける上でのポイント

花の周りにビニールがついている場合があります。輸送中の花びらを保護するためなので、買ってきたら取りましょう。

花の周りにビニールがついている場合があります。輸送中の花びらを保護するためなので、買ってきたら取りましょう。

 

お水は「浅水」、茎はまっすぐカット!

ガーベラは茎が空洞の花です。斜めに切ると切り口が腐りやすく水が汚れやすいので、茎はまっすぐカットします。

ガーベラは茎が空洞の花です。斜めに切ると切り口が腐りやすく水が汚れやすいので、茎はまっすぐカットします。

浅水とは?

茎が腐りやすいので、花瓶に深く水を入れると茎の途中で腐ってしまい、花が元気なのに水を吸わなくなってしまいます。もったいないですよね。そのため花瓶には浅く水を張ります。この事を「浅水」と言います。

水はこまめに変えて、少しずつ茎を切り戻しましょう。

茎が柔らかくて腐りやすいので、少しずつ茎を切り戻して、切り口を新鮮な状態にしておくと、花までお水を吸い上げてくれます。どんな花にも言えることですが、水はこまめに変えて清潔を保ちましょう。切り花延命剤を使うのもおすすめです。

 

いろんな品種をご紹介!

ジャンボサイズ!

右が花屋さんでよく見かけるサイズですが、左のような大きなサイズもあります。測ってみたら、13㎝!大きなアレンジメントの中心に。1輪で生けてもかなりの迫力です。

右が花屋さんでよく見かけるサイズですが、左のような大きなサイズもあります。測ってみたら、13cm!大きなアレンジメントの中心に。1輪で生けてもかなりの迫力です。

 

八重咲き

ガーベラに限らずグリーンの花が人気の花業界です。こちらは八重咲き種。白~グリーンのさわやかな品種です。

ガーベラに限らずグリーンの花が人気の花業界です。こちらは八重咲き種。白~グリーンのさわやかな品種です。

 

スパイダー咲き

花びらが蜘蛛の糸のような細さということから、スパイダー咲きと呼ばれているようです。こんなに細い花びらの花って、他にはあまりない気がします。通常のガーベラとは、まったく違った印象です。

花びらが蜘蛛の糸のような細さということから、スパイダー咲きと呼ばれているようです。こんなに細い花びらの花って、他にはあまりない気がします。通常のガーベラとは、まったく違った印象です。

 

これもガーベラ

マリモのような形のガーベラです。花だけ見ると、とてもガーベラとは思えませんが、茎はガーベラそのもの。

マリモのような形のガーベラです。花だけ見ると、とてもガーベラとは思えませんが、茎はガーベラそのもの。

 

ガーベラは1年中出回っている花なので、花屋さんで色々な種類を探してみてくださいね。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「品種が豊富!ガーベラを上手く生けるコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ