しおれてしまった花を復活させるテクニック!

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

謝恩会、卒業式、送別会・・・春は花を贈ったり、いただいたりする機会が多い季節です。

いただいた花束は、花束を作った側からすれば、できるだけ早めに花瓶に生けていただきたいのが本音です。しかし実際は、花束をもらって、そのままみんなで食事、その後、2次会、3次会・・・。気づいたら、生き生きしていた花が、なんだかくたっとしてしまった・・・という経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回は花がくたっとしてしまった時に、生き返らせる処理をご紹介します。

目次

もらって(買って)すぐに自宅に戻った場合

長時間持ち歩いてくたっとしてしまった場合

水がさがってしまった花を復活させる方法

花束の保管の仕方

もらって(買って)すぐに自宅に戻った場合

花屋さんが「水あげ処理」をしっかりしてから束ねているので、花が元気なようなら、茎を少し切って花瓶に生ければ大丈夫です。帰宅後、できるだけ早く花束をほどいて、花瓶に生けてあげてください。

花屋さんが「水あげ処理」をしっかりしてから束ねているので、花が元気なようなら、茎を少し切って花瓶に生ければ大丈夫です。帰宅後、できるだけ早く花束をほどいて、花瓶に生けてあげてください。

目次に戻る≫

長時間持ち歩いてくたっとしてしまった場合

花全体に水が浸透していた元気な時に比べて、花の水が切れてくると、花びらがくたっと(しんなりと)してきます。

花業界では、こういう状態のことを「水がおちる」、「水がさがる」と言います。

水がさがると、花は茎の切り口から水を吸い上げて、茎を通って花まで水を浸透させているのですが、花まで水分が届いていない状態です。

花まで水があがっている時のガーベラ

花びらはきれいに開いて、触ると張りがあります。

花びらはきれいに開いて、触ると張りがあります。

水が落ちてしまっているガーベラ

花びらが閉じ気味。触るとフニャフニャで柔らかく、花がうつむき気味。

花びらが閉じ気味。触るとフニャフニャで柔らかく、花がうつむき気味。

こういう状態は、花の部分まで水が上がっていない「水がさがっている」状態。

このまま生けると、新鮮な花でもそのまま終わってしまう可能性が高いです。

目次に戻る≫

水がさがってしまった花を復活させる方法

通常、花屋さんでやっている水あげをもう一度して、花までしっかりと水を吸収させます。

用意するもの

新聞紙とセロテープ

 新聞紙で花をくるっと包み、テープで止めます。

新聞紙で花をくるっと包み、テープで止めます。

 

茎を少しカットして、新しい切り口にしてから、深く水を張った花瓶に2~3時間つけます。

茎を少しカットして、新しい切り口にしてから、深く水を張った花瓶に2~3時間つけます。

これが一番基本的な水あげの方法です。

新鮮な花が水落ちしてしまったら、生ける前にこのひと手間をぜひやってみてください。

大抵の場合は復活しますし、このひと手間をやるとやらないのでは、日持ちが変わってきます。(水が落ちていない場合は、この処理をする必要はありません)

 

ガーベラは、水あげ後は少なめの水に生けた方がよい花です。

復活!

ちなみにガーベラは、水あげ後は少なめの水に生けた方がよい花です。

浅水で生けましょう。

目次に戻る≫

花束の保管の仕方

花束をお店などに置いておく場合は、寝かせた状態で保管した方が水が下がりません。

花束は、横に置いた状態で保管します。

〇花束は、横に置いた状態で保管します。

水が下がりにくい置き方です。

 

立てておくと花の水分が落ちやすい。

×立てておくと花の水分が落ちやすい。

横に寝かせておくより、水の下がりがはやくなります。

 

花束を差し上げるまでに時間がある場合なども、横にして保管しておくことをおすすめします。

花束を差し上げるまでに時間がある場合なども、横にして保管しておくことをおすすめします。

目次に戻る≫

ご自宅用の花でも、買ってから数時間持ち歩いて、元気がないようでしたら「水あげ」をしてから生けてみると、花がシャキッと復活します。

ひと手間かけるだけで花持ちに違いがでるので、もし買ったばかりのお花が元気がなかったら、生ける前にひと手間をぜひお試しください。

 

花贈り、花の扱い関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「しおれてしまった花を復活させるテクニック!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ