大注目の庭木「オージープランツ 」おすすめの樹種10選

森田紗都姫

森田紗都姫

このライターの記事一覧

公開日 :

数年前からどんどん人気が高まっているオージープランツ。アカシアやユーカリなどを代表に、シンボルツリーとして暮らしに取り入れている人も増えています。オージープランツとはどんな植物なのかということから、日本の気候でも育てやすいおすすめの樹種をご紹介します。

目次

オージープランツとは

「オージー」とは「オーストラリアの」という意味で、その名の通りオーストラリア原産の植物のことを指します。ただ、オーストラリアと言ってもほとんどのエリアが植物の育ちにくい乾燥地帯になっているので、国土の中でもメルボルンやタスマニア島のある、オーストラリア南東の沿岸部を原産とした植物が主となっています。

ほとんどの植物が常緑(年中葉を落とさず、緑のままの草木のこと)で年中葉姿を楽しませてくれ、華やかな花をつける種類もたくさんあるのが特徴です。

目次に戻る≫

家で育てるのは難しい?

日本に馴染みのない個性的な見た目をしているものも多いので、日本で育てるのは難しいのでは?と思う方も多いはず。オージープランツが一般的に流通し始めてから10年くらいになりますが、少しずつ家庭でも育てやすい種類が増えています。

プランターでも育てられます!

プランターでも育てられる?

比較的中木サイズが多いため、プランターでも問題なく育てられる種類が多いです。ただ、しっかりと根を張って庭やベランダの強風にも耐えられるように、購入した時の鉢から2回り〜3回りほど大きな鉢に植え替えしましょう。

また、鉢植えだと土が乾きやすく水枯れが起きやすいため、しっかり水やりを行いましょう。種類によっては生長が早くプランター栽培に向かないものもあるので、 後ほどご紹介するおすすめの樹種の説明をよくチェックしてください。

地植えする場合の注意点

地植えする場合の注意点

地植え(庭の土に直接埋める)はプランター栽培よりもしっかり根を伸ばすことができ、 土の保水効果もあって水枯れの可能性は減りますが、一番怖いのが寒さです。四季のある日本とは違い、オーストラリアの寒暖差の少ない温暖な気候で育つため、日本の0℃近くになる寒さは体験したことがありません。霜が降りそうな日は麻布などでしっかりとマルチング(株元を覆うこと)して根元を傷めないようにするなど冬越しの工夫が必要です。

▼マルチングを詳しく説明

 

目次に戻る≫

人気のオージープランツ 10選

ここからはご家庭でも育てやすい、人気のオージープランツをプランター、地植えに適しているのかと合わせてご紹介します。ライフスタイルに合った植物を選んで華やかなガーデンライフを楽しんでみて下さい。

ウエストリンギア

ウエストリンギア

プランター:◯

地植え:◯

低木に分類され、30〜50cmほどのボリュームがある樹木。「オーストラリアンローズマリー」という別名は、ローズマリーにそっくりな花を長期間咲かせることからつけられました。この後にご紹介する中高木と併せて飾ると一気に華やかなガーデンになります。 

地植えで自然のままに育てると、1m以上になることもあります。剪定によって低めに仕立てることも可能です。

戸建住居のお庭ではそこまで大きくなることはほとんどないためご家庭でも取り入れやすい樹木です。

商業施設などの広い敷地では、1mくらいになっていることもありますが、戸建住居のお庭ではそこまで大きくなることはほとんどないためご家庭でも取り入れやすい樹木です。

ドドナエア

ドドナエア

プランター:◯

地植え:◯

「ポップブッシュプルプレア」という名前でもよく出回る樹木です。本来、秋に紅葉するのは落葉樹で、冬 には葉を落とすことが一般的ですが、この樹木は常緑樹なのに秋に紅葉し、春になると緑色に戻り季節の変化を楽しめる貴重な特徴を持ちます。落葉してほしくないけれど、紅葉も楽しみたい!という欲張りな方におすすめての樹木です。

ブラシノキ

ブラシノキ

プランター:△

地植え:◯

赤やピンク、白と色とりどりのタワシのような花を咲かせるインパクト大な樹木です。華やかな見た目からシンボルツリーに選ばれることも多くなりました。ドライフラワーにして販売されることも多いので、たくさん花がついたら剪定してドライフラワーを楽しむのもおすすめです。

パールアカシア

パールアカシア

プランター:△

地植え:◯

触るとふわふわで、白い光沢のある葉姿が真珠のように美しいため名付けられたエレガントなアカシア。ミモザの一種なので、春先に可愛い黄色のポンポンとしたお花を咲かせてくれるのも魅力です。生長が早いため、剪定などのお手入れも必要ですが、ナチュラルテイストの優しい外構やインテリアにぴったりです。

サンカクバアカシア

サンカクバアカシア

プランター:◯

地植え:◯

シルバーリーフと呼ばれる、緑と銀色が混ざったようなクールな色味の三角形の葉が特徴の樹木です。下から上に向かって逆三角形に広がり生長し、樹形も個性的でインパクトのあるシンボルツリーになります。ブーケをつくるとき、背景に良いアクセントになるので剪定した葉をお花と一緒に飾るとより華やかになります。

ギンヨウアカシア

ギンヨウアカシア

プランター:△

地植え:◯

ミモザとして大人気の樹木です。アカシアの中でも特に花付きが良く、黄色い花をめいっぱい咲かせてくれます。プランターでも育てられますが、樹形があばれることが多いため、綺麗に育てたいという方は地植えの方が安心です。ただ、アカシア全般的にとっても生長が早いので剪定は必須です。

ユーカリポリアンセモス

ユーカリポリアンセモス

プランター:×

地植え:◯

こちらも苗や生花、ドライで大人気の樹木。ハート型の香りが良い葉が特徴で、殺菌効果があるためハーブとして二次利用できるのも嬉しいポイント。特に生長が早く水が好きな樹木のため、プランターでは枯らしてしまう可能性が高く、地植えが安心です。

メラレウカティーツリー

メラレウカティーツリー

プランター:×

地植え:◯

アロマオイルでも人気のあるティーツリーもオージープランツです。細葉でふわふわとした葉が特徴で、ふわふわとした雲のような赤や白の花も楽しめます。どのテイストの空間にも自然に馴染み、人気のある樹木ですが水が大好きなので夏場はしっかりと水やりが必要です。

グレビレア

グレビリア

プランター:◯

地植え:◯

今一番人気のあるオージープランツで、手のひらサイズの赤やピンク、黄色やオレンジなどの華やかな花を咲かせます。種類もたくさんあるので、自分の好みで葉の形や花の色を選べるのもポイント。生長も比較的ゆっくりなのでプランターで栽培可能です。

バンクシア

バンクシア

プランター:◯

地植え:◯

グレビレアと同じく人気のオージープランツで、既出のブラシノキに似た、タワシ状のインパクトのある花を咲かせます。 葉の形も個性的なものが多いので、花が咲いていない時期も年中見応えのある樹木です。

目次に戻る≫

1年を通して華やかな葉や花で楽しませてくれるオージープランツ。ご自宅のベランダや、お庭に取り入れてカラフルな暮らしをはじめてみませんか。

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「大注目の庭木「オージープランツ 」おすすめの樹種10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

森田紗都姫
森田紗都姫

studio YAMAMORI 代表 町田ひろ子アカデミー ガーデンプランナー課講師 大学卒業後、書籍や生活雑貨のプランナーを経験した後、 ランドスケープやガーデン、室内のグリーンコーディネート業務を行う会社にて室内外のガーデンデザイン・施工を述べ100件以上手掛ける。2018年にstudio YAMAMORIを設立。室内外の植物のプランニングをはじめ、講師、商品企画、執筆、イベントの企画など、植物にまつわる様々な取り組みを通して、植物と人の双方により良い環境づくりを目指し活動中。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス