お庭の目隠しになる! おすすめの常緑庭木10種

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

道路から家の中が見えてるのは気になる、でも塀を立てるのも・・圧迫感が出てしまうので避けたい。そんな時は植物を植えてみませんか? 今回は外から目隠しになる樹種をご紹介します。紹介している樹種はすべて常緑です。

目次

生垣として植える樹種

低い位置の目隠し(低木)

高い位置の目隠し(高木)

つる性植物+フェンス

 

生垣として植える樹種

塀などを立てるのは圧迫感があるので避けたいけれど、何もないと家の中が丸見えになってしまう。。。そんな時、植栽で生垣を作ることで緑の壁を作り、自然な目隠しとして利用することができます。生きている植物ですから、メンテナンスが必要です。

ツゲ

植物名 ツゲ(柘植)
学名 Buxus microphylla japonica
英名 Japanese Box
科名 ツゲ科
属名

ツゲ属

原産地

日本

生垣といえばツゲ、というイメージがある植物です。丸みのある小さい葉が可愛らしい樹種です。成長がゆっくりなので、生垣に向いています。刈り込みにもよく耐えます。イングリッシュガーデンのトピアリーなどに利用されるのもツゲの仲間です。あまり枝が混むと、メイガなどツゲを好む虫が大量に発生してしまうことがあるので、6月と9月に形を整える意味でも剪定すると安心です。2度刈り込みをするのが難しい場合は、9月に大きく刈り込めば、そのあとは休眠期ですので効率が良いでしょう。

 

レッドロビンとは、赤い小鳥の意味で、新芽が燃えるような赤い葉色であることから、この名前が付きました。いつの時期でも刈り込むと赤い新芽が出てきますので、赤くしたい時期の1か月ほど前に剪定するのがおすすめです。ただし、冬の時期に大きく剪定してしまうと、新芽が伸びてきた時に冬の寒さに当てられてしまうことがあり、枯れてしまうことも。地域によって気温も変わってきますので、もし不安な場合は晩夏ごろの剪定が安心です。10月以降の紅葉に合わせたい場合は9月中旬ごろが良いでしょう。

レッドロビン

植物名

レッドロビン(西洋ベニカナメモチ)

学名 Photinia × fraseri’Red Robin’
英名 Japanese photinia
科名 バラ科
属名

カナメモチ属

原産地

日本

レッドロビンとは、赤い小鳥の意味で、新芽が燃えるような赤い葉色であることから、この名前が付きました。いつの時期でも刈り込むと赤い新芽が出てきますので、赤くしたい時期の1か月ほど前に剪定するのがおすすめです。ただし、冬の時期に大きく剪定してしまうと、新芽が伸びてきた時に冬の寒さに当てられてしまうことがあり、枯れてしまうことも。地域によって気温も変わってきますので、もし不安な場合は晩夏ごろの剪定が安心です。10月以降の紅葉に合わせたい場合は9月中旬ごろが良いでしょう。

 

イヌマキは細い葉が特徴的な常緑樹です。和のイメージが強いですが、ラカンマキなどと比較すると葉も細長く、モダンな雰囲気にもあう樹種です。夏には実がなり、食べることもできます。

イヌマキ

植物名 イヌマキ
学名 Podocarpus macrophyllus
英名 buddhist pine(fern pine)
科名 マキ科
属名

マキ属

原産地

日本

イヌマキは細い葉が特徴的な常緑樹です。和のイメージが強いですが、ラカンマキなどと比較すると葉も細長く、モダンな雰囲気にもあう樹種です。夏には実がなり、食べることもできます。

イヌマキの実。緑の実と赤い実がくっついてなっています。赤い実の部分が紫色になると食べることができます。おいしいです。写真の状態はまだ熟しきってないので、渋みがありました。

イヌマキの実。緑の実と赤い実がくっついてなっています。赤い実の部分が紫色になると食べることができます。おいしいです。写真の状態はまだ熟しきってないので、渋みがありました。鳥もこの実が好きで食べますが、そのとき一緒に緑の実も食べてしまうんだそうです。種は緑の実にしか入っていず、鳥は緑の実は消化できずフンとして対外に排出してしまうため、イヌマキの種は土のある所に落ちれば未生となり繁殖するのだとか。イヌマキの生存戦略なんですね。

 

写真はベニバナトキワマンサク。花弁がくるくるとまるまって収納されています。細かい起毛のある銅葉と茎が特徴。トキワマンサクはクリーム色の花で、葉が緑の植物です。

トキワマンサク

植物名 トキワマンサク(常磐万作)
学名 Loropetalum chinense
英名 Evergreen witch hazel(トキワマンサク)
Chinese fringe bush(ベニバナトキワマンサク)
科名 マンサク科
属名

トキワマンサク属

原産地

中国・日本

写真はベニバナトキワマンサク。花弁がくるくるとまるまって収納されています。細かい起毛のある銅葉と茎が特徴。トキワマンサクはクリーム色の花で、葉が緑の植物です。

 

プリペット

植物名 プリペット(西洋イボタノキ・西洋ボタ)
学名 Ligustrum sinense
英名 privet(pripet)
科名 モクセイ科
属名

イボタノキ属

原産地

ヨーロッパ・中国

プリペットは色鮮やかな緑の葉も美しいですが、初夏に咲く白い穂状の花序も美しいです。日当たりに強く、非常に丈夫な木です。枝がどんどん伸びるため蜜度感も出しやすいのですが、きれいな状態に保つには適度な剪定が必須です。花が楽しみたい場合は、5~6月時期に花が咲くので、咲き終わった後に剪定しましょう。剪定せず伸ばしておいても育ちますが、枝が込み入って風通しが悪くなり虫が発生しやすくなります。ハマキムシやコガネムシなどもプリペットの葉を好み、食害していきます。発生する前に予防として薬剤散布しておくのが一番効率的です。ハマキムシ予防であれば、春と秋に散布しましょう。

 

サザンカは枝が込み入ってくるとチャドクガなどの虫が付きやすいため注意が必要。寒い冬も花をつけてくれるので庭が明るくなります。

サザンカ

植物名 サザンカ(山茶花)
学名 Sasanqua (camellia)
英名 Sasanqua (camellia)
科名 ツバキ科
属名

ツバキ属

原産地

日本


開花時期は10月~2月です。寒い冬もどんどん花をつけてくれるので庭が明るくなります。照葉樹なので花がない時期にも葉が陽の光に輝き、観賞価値があります。サザンカは枝が込み入ってくるとチャドクガなどの虫が付きやすいため注意が必要です。剪定は花が終わった2月~4月が最適です。その時期はちょうどチャドクガの卵が葉裏に産み付けられている時期でもありますので、直接肌に触れないように注意しながら剪定を行いましょう。6月には次の年に咲く花芽が形成されますので、それ以降に選定してしまうと花が少なくなりますから注意が必要です。

山茶花(サザンカ)

  • 山茶花の花や葉はツバキによく似ていところがあるので間違いやすく、見分かることも難しい樹木です。山茶花の葉はツバキに比べて小さく、葉の縁にはギザギザがあり、葉に厚みがあります。枝には毛が生えています。花は一重が多いですが、八重咲もあります。山茶花の花は、雄べのところがツバキの花のように筒状にはならず、花も平たいです。 山茶花の大きな特徴 ツバキとは異なり花びらがバラバラに落ちてしまい、10月から4月頃の間に咲いている品種が多いです。日陰でも日向でも育ちやすいです。冬の寒さには強いです。ツバキは生長がゆっくりとしている植物です。

 

マサキ

植物名 マサキ(柾、正木)
学名 Euonymus japonicus
英名 Japanese spindle tree(Japanese euonymus)
科名 ニシキギ科
属名

ニシキギ属

原産地

中国・日本

マサキは葉色が鮮やかな品種が多く、和洋どちらにも合わせやすいことで生垣の中でも人気の樹種です。白くこまかい粉のような「マサキナガカイガラムシ」が付いてしまう場合があるので、気が付いたらすぐ該当部分を剪定しておきましょう。もし全体に広がってしまった場合は薬剤散布が必要な時もあります。アーチなどに仕立てることも可能です。

 

目次に戻る≫

低い位置の目隠し(低木)

白い花が咲いているのがアベリア。ピンクの花や葉がツートンカラーの品種もあります。

アベリア

植物名 アベリア(ハナツクバネウツギ)
学名 Abelia
英名 Abelia
科名 スイカズラ科
属名

ツクバネウツギ属

原産地

中国

白い花が咲いているのがアベリア。ピンクの花や葉がツートンカラーの品種もあります。塩害にも強く、沿岸部でも好まれます。開花時期は5月~10月ごろまでと長いため、公園などでも好まれ植栽されているのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。ただ、アベリアは枝が暴れやすく、新しく伸びた枝(新梢)に花をつけますが、全体の背丈が50cm程度のアベリアでも新梢だけ急に1mほどの長さで伸びていて驚くことがあります。そのため、春・夏・秋と3回ほどのこまめな剪定が必要です。

 

ジンチョウゲ

植物名 ジンチョウゲ(沈丁花)
学名 Daphne odora
英名 Daphne,Winter Daphne
科名 ジンチョウゲ科
属名

ジンチョウゲ属

原産地

中国

日本三大香木(ジンチョウゲ・クチナシ・キンモクセイ。ロウバイを入れて四大香木とする場合もあります)の一つでもあるジンチョウゲ。ジンチョウゲは2月~3月ごろに手毬のようないい香りの花を咲かせます。沈丁花は成長が遅く、剪定などはさほど必要ありません。根が細く、乾燥に弱いので西日が当たらない半日陰の場所が最適です。一番の魅力である香りのよい花は2月~4月の早春に開花します。手毬のような球形に花が集まって咲く様子はとても可憐です。

ジンチョウゲ(沈丁花)

  • 沈丁花は香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木で、春の沈丁花、夏の梔子、そして秋の金木犀を合わせて三大香木と称されます。ジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に小さな花が塊になって枝先に咲きます。

    花が白い品種を「シロバナジンチョウゲ」、花の外側が淡紅色になっているものを「ウスイロジンチョウゲ」と言います。ちなみに、葉の外側に斑が入っているものを「フクリンジンチョウゲ」と呼びます。

    沈丁花の樹高は1m~1.5mほどで、枝が良く分岐するので特に剪定をしなくても丸くこんもりとした樹形を保ちます。

    沈丁花の特徴はやはり香り高い花。「沈丁花」という名前は、花の香りが沈香(ちんこう)に似ていることと、十字型の花が丁子(クローブ)に似ていることに由来しています。

    原産は中国と言われており、室町時代にはすでに栽培されていたという記述があります。

    沈丁花は雌雄異株で、雄株と雌株があります。日本で流通しているものの多くは雄株ですので実を見る機会はめったにありませんが、赤い可愛らしい実を付けます。ただし、実は猛毒ですので口に入れないように注意しましょう。

 

葉が星空のように見える斑がはいった「星斑」。

葉が星空のように見える斑がはいった「星斑」。

アオキ

植物名 アオキ(アオキバ)
学名 Aucuba japonica
英名 Japanese Aucuba
科名 ミズキ科
属名

アオキ属

原産地

日本

アオキは日陰でもよく育ち、耐寒性もあるため、昔から全国の公園や学校に植えられている植物です。ヨーロッパでは冬でも青々とした葉と赤い実が好まれて江戸時代中期に日本から伝わりましたが、その時は雌株のみだったため、雌雄異株のアオキは1本では実が結実せしませんでした。そののちインドのダージリンを紅茶の産地として紹介したプラントハンターであるフォーチュンによって雄株がヨーロッパへ持ち込まれます。19世紀にはGold Plantとよばれ、愛されました。日本では明治神宮の森や伊勢神宮の森にも植えられています。

葉が2色になる「バエリガータ」。

アオキ(アオキバ)

  • アオキはつややかな葉が特徴的な常緑樹。「アオキバ」「アオギ」とも呼ばれます。 耐陰性、耐寒性に優れているため北向きの土地で植栽として重宝されています。葉が美しく、冬でも落ちないので生け垣としてもうってつけ。落葉樹の下植えとしてもよいでしょう。庭の日当たりが悪いので何を植えたらよいか分からない、ガーデニングが苦手ですぐ枯らしてしまうという方におすすめのアオキです。 植栽や生け垣として複数のアオキを植えていると、結実することがあります。ドングリ型の実は寒さにあたると南天やマンリョウのように赤く色づきます。

 

クチナシは香りのよい落葉低木で、香りのよい花(沈丁花と同じく日本三大香木の一つ)が特徴です。開花時期は6~7月です。写真は八重咲のオオヤエクチナシで、ガーデニアと呼ばれる庭木に使われることが多い園芸品種です。6枚の花弁からなる一重のクチナシが基本種で、花は小ぶりです。クチナシの病害虫としてオオスカシバがいます。オオスカシバはハチドリのようにホバリングする蝶目の蛾で、クチナシの葉にキャビアの色を薄くしたような卵を一つずつ産み付けます。幼虫はとにかく大食いで、あっという間に歯が丸坊主になってしまいますので見つけたら必ず補殺をしておきましょう。新芽から花芽まで食害されてしまいます。病気ではすす病、褐色円星病など葉が黒く汚れたようになったり、斑点のように黒くなるなどの症状が出る病気になる場合があります。直射日光は苦手なので半日陰の場所が適していますが、反面多湿も苦手ですが乾燥も苦手なので、適した場所でない場合樹勢が落ちてしまう場合がありますので植え付ける場所は注意が必要です。クチナシはいつの時期でも花芽がある状態なので、花を楽しみたい場合は剪定は込み合った枝を落としたりする程度で大丈夫です。最初の花芽が開花したころに選定を行うと、影響が少なくて済みます。

クチナシ

植物名 クチナシ(梔子・くちなし)
学名 Gardenia jasminoide
英名 Cape jasmine
科名 アカネ科
属名

クチナシ属

原産地

亜熱帯、日本、台湾、中国、インドシナの温帯

クチナシは香りのよい落葉低木で、香りのよい花(沈丁花と同じく日本三大香木の一つ)が特徴です。開花時期は6~7月です。写真は八重咲のオオヤエクチナシで、ガーデニアと呼ばれる庭木に使われることが多い園芸品種です。6枚の花弁からなる一重のクチナシが基本種で、花は小ぶりです。クチナシの病害虫としてオオスカシバがいます。オオスカシバはハチドリのようにホバリングする蝶目の蛾で、クチナシの葉にキャビアの色を薄くしたような卵を一つずつ産み付けます。幼虫はとにかく大食いで、あっという間に歯が丸坊主になってしまいますので見つけたら必ず補殺をしておきましょう。新芽から花芽まで食害されてしまいます。病気ではすす病、褐色円星病など葉が黒く汚れたようになったり、斑点のように黒くなるなどの症状が出る病気になる場合があります。直射日光は苦手なので半日陰の場所が適していますが、反面多湿も苦手ですが乾燥も苦手なので、適した場所でない場合樹勢が落ちてしまう場合がありますので植え付ける場所は注意が必要です。クチナシはいつの時期でも花芽がある状態なので、花を楽しみたい場合は剪定は込み合った枝を落としたりする程度で大丈夫です。最初の花芽が開花したころに選定を行うと、影響が少なくて済みます。

クチナシ(梔子・くちなし)

  • クチナシは常緑低木で、葉は光沢のある長い楕円で濃緑色で葉脈がはっきりとしています。花は6月~7月に白色の花を咲かせます。花弁はフェルトのような優しい風合いをしています。香りが特徴的で甘い香りを周囲に漂わせます。

    花の形は八重咲と一重咲きがあり、一重咲きの品種は秋になると橙色の実をつけ、熟しても口を開かない事から「クチナシ」の名が付いたと言われています。

    お庭に植えられる方も多い木ですがだいたい1m~2mにほどになります。枝が詰まって葉が育つ為、垣根としてに好まれます。また、『山吹の 花色衣 主や誰 問へど答へず くちなしにして(秋が過ぎ、冬が来ても一向に口を開けない)』という歌が由来の原点ともいわれています。

 

カルミア

植物名 カルミア
学名 Kalmia latifolia
英名 Kalmia
科名 ツツジ科
属名

カルミア属

原産地

北米・キューバ


アポロチョコレートのようなつぼみから可愛らしい花が咲くカルミア。葉も細長く美しいので低い位置の目隠しとして、高木との組み合わせで植えるのがおすすめです。開花時期は5~6月です。害虫はグンバイムシ・アブラムシ・カイガラムシなどがつきやすいです。樹形は乱れにくいので剪定はそこまでしなくてもよいのですが、つぼみがたくさんつくのですが、そのままにしておくと木が疲れてしまうため、翌年花が少なくなりますので、秋に来春咲くつぼみがついた時に半分ほど蕾を取ってしう摘蕾(てきらい)をします。

カルミア

  • 原産地では樹高10mほどになりますが日本では1m~3mほどにとどまる常緑低木でその花とつぼみの姿が特徴的です。つぼみは金平糖のような、チョコレート菓子のアポロに似た形で花が開くと五角形の皿型になります。晩春につぼみが膨らみ開花期間は初夏から梅雨入りにかけて約1カ月ほどと長く、終わった花は散らずに茶色くなって残ります。葉は長さ7~10cmの光沢のある革質の濃い緑色で通年鑑賞できます。葉がシャクナゲやローレルに似ていることから別名アメリカシャクナゲやハナガサシャクナゲ、アメリカン・ローレルと呼ばれています。

目次に戻る≫

 

高い位置の目隠し(中~高木)

キンモクセイ

植物名 キンモクセイ(金木犀・きんもくせい)
学名 Osmanthus fragrans var.aurantiacus
英名 Fragrant orange
科名 モクセイ科
属名

モクセイ属

原産地

中国

こちらも日本三大香木のひとつ。秋の代表の香りですね。開花時期は9月~10月頃です。お庭にあると香りで季節を感じることができます。日陰でも育ちますができれば適度に日が当たる風通しの良い場所で生育しましょう。風通しが悪いと葉付きも悪くなり、生育に影響するばかりかカイガラムシが発生しやすくなります。排水性の良い土を好みますが、乾燥しすぎると花つきが悪くなる場合があります。耐寒性は弱く、霜が降りるような場所では(年に何度かの霜はさほど問題ではないですが)育ちにくいです。実は枝が暴れやすく、毎年剪定をしないと15cmほど伸びるため、樹形がどんどん広がってしまいます。地植えにする場合はある程度のスペースが必要です。剪定する場合は花芽が形成される7~8月は避け、花が終わった直後か翌年2~3月に行いましょう。

キンモクセイ(金木犀・きんもくせい)

  • ジンチョウゲ、クチナシと並ぶ「三香木」のひとつ。公園樹、生け垣、記念樹や鉢植えなどいろいろなシーンで利用されています。芳香剤としてもおなじみの強い香りを放つ花が特長。遠くまで香りが届くことから古くは「千里香」とも呼ばれていました。オレンジ色の小花をいっぱいにつけた姿は、日差しを受けると名前の通り金色に輝いて見え、秋の風物詩となっています。食用にもなり原産地・中国では花を砂糖漬けにしたり、リキュールにしています。鹿児島ではキンモクセイの葉をお茶にします。

 

バナナのような香りの花を咲かせる常緑樹です。神社などに植えられていることが多い木です。葉の密度が濃いので、目隠しとしても優秀です。4,5月に花が咲いたら、なるべく早めに剪定を行いましょう。自然に伸びても樹形がそんなに乱れないので、管理はしやすい木です。植え替えを嫌うので、植える場所は慎重に選びましょう。日当たりのいい場所から半日陰で育ちますが、暖かい地方の木なので寒冷地での生育はできません。病害虫はあまり発生しませんが、まれにカイガラムシがつくことがあります。カイガラムシの排泄物からすす病にかかることもありますので、剪定は適度に必要です。

カラタネオガタマ

植物名 カラタネオガタマ(唐種招霊・トウオガタマ)
学名 Michelia figo
英名 banana shrub
科名 モクレン科
属名

モクレン属

原産地

日本・台湾


バナナのような香りの花を咲かせる常緑樹です。神社などに植えられていることが多い木です。葉の密度が濃いので、目隠しとしても優秀です。4,5月に花が咲いたら、なるべく早めに剪定を行いましょう。自然に伸びても樹形がそんなに乱れないので、管理はしやすい木です。植え替えを嫌うので、植える場所は慎重に選びましょう。日当たりのいい場所から半日陰で育ちますが、暖かい地方の木なので寒冷地での生育はできません。病害虫はあまり発生しませんが、まれにカイガラムシがつくことがあります。カイガラムシの排泄物からすす病にかかることもありますので、剪定は適度に必要です。

 

黄色いポンポンのような花は2月末ごろから3月にかけて、春を告げるタイミングで可憐に咲きますが、銀葉という名の通り葉はシルバーに近い青みがかった緑色です。オージープランツとしての人気が高く、新芽は少し赤みを帯びた色で、花の時期以外も美しい木です。アカシアは種類がたくさんあります。原産地がオーストラリアやアフリカであることから、寒冷地での育成は難しいです。病害虫ではミノガやイセリアカイガラムシが発生しやすいです。ミノガはいわゆるミノムシですが、葉を食害します。イセリアカイガラムシは白い綿のような見た目のカイガラムシで、大量に発生します。樹液を吸うため樹勢が弱ったり、排泄物からすす病が発生してしまう場合があります。枝が上ないし横に広がるため、植えるにはスペースが必要です。

銀葉アカシア

植物名 ミモザ(アカシア)
学名 Acacia decurrense var.dealbata
英名 mimosa
科名 マメ科
属名

アカシア属

原産地

オーストラリア

黄色いポンポンのような花は2月末ごろから3月にかけて、春を告げるタイミングで可憐に咲きますが、銀葉という名の通り葉はシルバーに近い青みがかった緑色です。オージープランツとしての人気が高く、新芽は少し赤みを帯びた色で、花の時期以外も美しい木です。アカシアは種類がたくさんあります。原産地がオーストラリアやアフリカであることから、寒冷地での育成は難しいです。病害虫ではミノガやイセリアカイガラムシが発生しやすいです。ミノガはいわゆるミノムシですが、葉を食害します。イセリアカイガラムシは白い綿のような見た目のカイガラムシで、大量に発生します。樹液を吸うため樹勢が弱ったり、排泄物からすす病が発生してしまう場合があります。枝が上ないし横に広がるため、植えるにはスペースが必要です。

ミモザ(ギンヨウアカシア)

  • 「ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花をつける種類の俗称です。特にギンヨウアカシアは「ミモザ」として、人気の庭木です。常緑高木で、名前の通りの銀葉が一年中楽しめます。鳥の羽のように軽やかで銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しい樹木です。

    3/8は国際女性デーといって、女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定しています。この日はイタリアでは「女性の日」とされ、女性への日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。

 

クロガネモチは緑のつやがある葉が生い茂る常緑樹で、冬に見られる赤い実も美しい植物です。寒冷地ではそだちにくいですが、塩害や排気ガスに強いため、沿岸部や道路に面している場所に向いている植物です。モチの木の仲間で葉の軸部分や、伸びたばかりの枝が紫色を帯びたきれいな色になることから、クロガネモチの名が付きました。枝はかなり丈夫で、太めの枝を剪定する場合は力が必要です。病害虫はルビー労カイガラムシが付きやすいです。発生するとびっしり幹についてしまうので、その場合は硬い枝やナイフなどで削り取りましょう。また、カイガラムシの排泄物ですす病になる場合があります。

クロガネモチ

植物名 クロガネモチ(黒鉄黐)
学名 Ilex rotunda 
英名  Round Leaf Holly
科名 モチノキ科
属名

モチノキ属

原産地

日本 台湾 中国 インドシナ

クロガネモチは緑のつやがある葉が生い茂る常緑樹で、冬に見られる赤い実も美しい植物です。寒冷地ではそだちにくいですが、塩害や排気ガスに強いため、沿岸部や道路に面している場所に向いている植物です。モチの木の仲間で葉の軸部分や、伸びたばかりの枝が紫色を帯びたきれいな色になることから、クロガネモチの名が付きました。枝はかなり丈夫で、太めの枝を剪定する場合は力が必要です。病害虫はルビー労カイガラムシが付きやすいです。発生するとびっしり幹についてしまうので、その場合は硬い枝やナイフなどで削り取りましょう。また、カイガラムシの排泄物ですす病になる場合があります。

 

フェイジョアは近年人気の出てきている果樹です。花もフトモモ科の良さが出ている花で、自家受粉ではないので2本以上必要ですが、実も楽しむことができます。更に葉も肉厚で立体感があり、シルバーがかっているため人気です。仕立て方で樹形をある程度自由にできますし、塩害にも強いため沿岸部などでの生育も可能です。木はマイナス7度まで耐寒性があるので寒冷地でも育ちますが、実をならせるためには暖地のほうが向いています。

フェイジョア

植物名 フェイジョア
学名 Acca sellowiana,Feijoa sellowiana
英名 Feijoa,Pineapple guava
科名 フトモモ科
属名

アッカ属

原産地

ウルグアイ・パラグアイ・中米
 

フェイジョアは近年人気の出てきている果樹です。花もフトモモ科の良さが出ている花で、自家受粉ではないので2本以上必要ですが、実も楽しむことができます。更に葉も肉厚で立体感があり、シルバーがかっているため人気です。仕立て方で樹形をある程度自由にできますし、塩害にも強いため沿岸部などでの生育も可能です。木はマイナス7度まで耐寒性があるので寒冷地でも育ちますが、実をならせるためには暖地のほうが向いています。

フェイジョア

  • 高さ5~6mになる常緑小高木で庭木や生垣用にも用いられます。葉は長さ5~7cmの卵形の楕円形で革のような光沢があります。葉の裏面には綿毛が密に生えて銀白色です。7月~8月に直径4cmの花が咲きます。分厚い花弁の外側は白い綿毛が生え、内側は薄紫色、鮮やかな赤いおしべが特徴的です。エディブルフラワーとして食べることもできます。果実は卵状の楕円型で灰緑色。果肉はパイナップルのような香りがあり、生食やジャムにして食べられます。別名をパイナップルグアバといい、日本には昭和初期にアメリカから渡来しました。暖地性の樹種ですが、寒さにも強く成木ではマイナス10度にも耐えられます。

目次に戻る≫

 

つる性植物+フェンス

お庭の塀に咲き乱れる花はとても素敵です。

モッコウバラ

植物名 モッコウバラ
学名 Rosa banksiae
英名 banksia rose
科名 バラ科
属名

バラ属

原産地

中国西南部

お庭の塀に咲き乱れる花はとても素敵です。開花時期は4~5月で、白はかすかな芳香があり、黄色は八重咲の花が人気です。とげのないツル性のバラで、よく育ちます。寒冷地での栽培にはあまり向いていないため、鉢植えのほうが良いでしょう。日当たりの良いところを好み、病害虫には強いですが、アブラムシがつきやすいため、薬剤を定期的に散布したり、枝を伸ばして誘引する場合は、枝が混みあわないように剪定しておくことが重要です。剪定するときは花後剪定が一番よく、秋以降は剪定してしまうと花芽を落としてしまうので注意が必要です。

モッコウバラ

  • モッコウバラは春から初夏にかけての爽やかな季節に、しなやかな枝に素朴で優しい花を咲かせ、和洋問わずさまざまな建築物や庭にとけ込み柔らかな風情を与えてくれます。モッコウバラはバラ科のバラ属の常緑つる性の低木で、花は一重と八重があり、花色は白色とクリームに近い黄色の2色のみです。また黄色の八重咲きには香りがありません。

    モッコウバラは中国原産の薔薇の原種のひとつですが、ほとんどがトゲのない品種なので扱いやすく人気があります。強健で日本のような高温多湿の環境でも病気の心配が少なく、育てやすい花木です。ただし、モッコウバラは他のツルバラと大きく違うのが剪定の時期です。モッコウバラの花芽の形成の仕組みを知って、正しい剪定時期に剪定をすることが大切です。

    また、モッコウバラは、女性皇族の眞子様のお印にもなっています。

 

観葉植物としても人気のアイビーは地植えにすると、より丈夫に育ちます。常緑なのも魅力的です。品種によっては零下になると紅葉することもあります。アイビーは品種がたくさんあるので、置く場所や家の雰囲気によって選びましょう。ただ、根が家の外壁などまで達してしまうと、跡が残ってしまい落ちませんので、フェンスと外壁が近い場合は気を付けましょう。関東より南の地域では成長も早いため、管理が難しいので注意しましょう。

ヘデラ

植物名 アイビー(ヘデラ)
学名 Hedera
英名 Ivy
科名 ウコギ科
属名

キヅタ属

原産地

北アフリカ、ヨーロッパ、アジア

観葉植物としても人気のアイビーは地植えにすると、より丈夫に育ちます。常緑なのも魅力的です。品種によっては零下になると紅葉することもあります。アイビーは品種がたくさんあるので、置く場所や家の雰囲気によって選びましょう。ただ、根が家の外壁などまで達してしまうと、跡が残ってしまい落ちませんので、フェンスと外壁が近い場合は気を付けましょう。関東より南の地域では成長も早いため、管理が難しいので注意しましょう。

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビーが家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 5~6月の初夏に一重の清楚な花をたくさん咲かせるテイカカズラは目隠しにぴったりです。香りも楽しめる花なので、夏の開花時期が楽しみになりますよ。決めた形に仕立てるのでなければ、茎が伸びてきたら邪魔になる部分だけ剪定すればよいので手がかかりません。剪定すると出てくる白濁した樹液は、肌の弱い方はかぶれることがありますので、手袋をして作業するようにしましょう。病害虫にも強く、肥料も特に不要です。グランドカバーで人気のハツユキカズラはテイカカズラの園芸品種です。

テイカカズラ

植物名 テイカカズラ
学名 Trachelospermum asiaticum
英名 Yellow star jasmine、Japanese star jasmine
科名 キョウチクトウ科
属名

テイカカズラ属

原産地

日本・朝鮮半島


5~6月の初夏に一重の清楚な花をたくさん咲かせるテイカカズラは目隠しにぴったりです。香りも楽しめる花なので、夏の開花時期が楽しみになりますよ。決めた形に仕立てるのでなければ、茎が伸びてきたら邪魔になる部分だけ剪定すればよいので手がかかりません。剪定すると出てくる白濁した樹液は、肌の弱い方はかぶれることがありますので、手袋をして作業するようにしましょう。病害虫にも強く、肥料も特に不要です。グランドカバーで人気のハツユキカズラはテイカカズラの園芸品種です。

目次に戻る≫

生垣は剪定も必要になってきますが、その分楽しみが多くもあります。お庭がなくてもベランダにつる性植物を取り入れたり、植物と暮らすことの楽しさをぜひ体験してみて下さいね。

 

お庭や植木のことって、どこに聞いたらいいの?

そうはいっても、お庭を自分で作るのは不安… お庭のデザインを一人で考えるのは難しいし、作業も重労働が多く大変そう。 相談するにしてもどの業者さんに聞いたら自分の好みのお庭になるのか見当もつかない… そんな方は、みどりの暮らしをサポートするMIDOLAS by LOVEGREENで、プロにお庭づくりを相談してみては?

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「お庭の目隠しになる! おすすめの常緑庭木10種」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
小野寺葉月
小野寺葉月

短大で草木染など染織を学び、卒業後雑貨チェーンで観葉植物などのバイヤーに従事。産後、高知の牧野記念植物園へ行ったことがきっかけで植物絵を描き始める。植物に備わっている美しさを共有するためにイラストを描く。Botapiiでもエディブルガーデン12ヶ月や星占いページでイラストを連載中。LOVEGREENでは、家族がお掃除のプロとして働いているので、植物を絡めたお掃除術など、実践したくなる記事やイベントなどの情報や実践したくなる記事をメインに配信。自身のイラストを盛り込んだ記事も作成。

おすすめ