秋は種まきの季節!初心者におすすめの春に花咲く一年草6種

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

種から育てたことがない方にとっては、「種まきってなんだか難しそう・・・」と思われている方も多いのではないでしょうか。

今回は初めて種から草花を育てる方におすすめの種まき方法「直まき(じかまき)」で種をままける春の一年草をご紹介します。

目次

直まき(じかまき)って?

種のまき方の「直まき」とは、花壇やプランターなどに、種を直接まいて発芽させる方法です。比較的、大きめなサイズの種や、移植を嫌う性質の植物の種まきに向いている種のまき方です。発芽したばかりの細かい芽を移植するという繊細な作業がないので、初めて種から花を育てたい方におすすめしたい種まき方法です。

種まきの時期は、地域によって異なりますが、大きく分けて年に2回。春の花は秋にまき、夏の花は春にまくというスケジュールです。つまり、来年の春に向けての種まきの時期は、ちょうどこれから、9月~10月です。

目次に戻る≫

直まきの注意点

草花の種をまくうえで、気を付けたいことがあります。それは、種をまく草花が、嫌光性の種か、好光性の種かということです。あとはそれぞれの草花には発芽の適温というものがあるので、それぞれお住いの地域によって、同じ草花でも種をまく時期が違います。それぞれの地域にあった時期に種をまくと、発芽率が高まります。

嫌光性・・・発芽するのに光を遮る必要がある→種に土をかけて種から光を遮ります。

好光性・・・発芽するのに光が必要である→種に土はかけずにまきます。

種の袋って大切!

はじめて種まきをする方は、日本の種苗メーカーから販売されている種をおすすめします。地域によっての種まきの時期、覆土のしかた、移植のタイミングなどなど、種の裏に必要な情報が詰まっています!種を買ったら是非裏の説明書きに注目してみてください。

目次に戻る≫

直まきできる春の花

矢車菊

別名コーンフラワー。9月~10月が種まきの時期です。もともとのオリジナルの矢車菊は、ブルーの花ですが、最近は品種がとても豊富になりました。高性タイプは、1メートル前後のものになりますが、矮性タイプだと20センチ前後の丈の低い品種もあります。切り花として使いたい方は、高性タイプの品種を選びましょう。色は、ブルー、ピンク、白が定番ですが、最近はとても素敵な複色系やシックな色、なんとも表現のしがたい淡い色のものも出てきました。矢車草は直根性の草花なので、もともと移植を嫌う性質があります。直まきにおすすめです。

別名コーンフラワー。9月~10月が種まきの時期です。もともとのオリジナルの矢車菊は、ブルーの花ですが、最近は品種がとても豊富になりました。高性タイプは、1メートル前後のものになりますが、矮性タイプだと20センチ前後の丈の低い品種もあります。切り花として使いたい方は、高性タイプの品種を選びましょう。色は、ブルー、ピンク、白が定番ですが、最近はとても素敵な複色系やシックな色、なんとも表現のしがたい淡い色のものも出てきました。矢車草は直根性の草花なので、もともと移植を嫌う性質があります。直まきにおすすめです。

 

アイスブルー系の矢車菊

 

シックな色の矢車菊

 

こんな珍しい色合いの矢車菊もあります。

矢車菊(ヤグルマギク)

  • ヤグルマギクは、キク科の一年草。花びらの形は矢車に似ていて放射状に広がっています。ヤグルマギクの花色は白、青、ピンク、紫などがあります。ヤグルマギクの丈は1m位まで生長する高性から矮性種まで様々です。

    ヤグルマギクは、以前はヤグルマソウと呼ばれていましたが、別の植物で山間部などに自生しているユキノシタ科の「矢車草」が存在することから、最近はヤグルマギクと呼ばれるようになりました。

    ヤグルマギクは、元々雑草でしたが品種改良されてポピュラーな草花の一つになっています。ヤグルマギクの花は乾燥させればドライフラワーにもなるので、生花としてもドライフラワーとしても、楽しむことができる植物です。

 

忘れな草

青い小さな花が地面一面に咲く様子は、とても見事です。忘れな草の種まきは10月、開花は3月~5月。暑さや蒸れに弱いので、日本では一年草として扱われています。定番のブルーの他、ピンク、白があります。最近は、高性タイプもあり、生花としても出回っています。

忘れな草は、とても性質が強いので、環境が合うと、こぼれ種でも発芽する可能性があります。

忘れな草はとても性質が強いので、環境が合うと、こぼれ種でも発芽する可能性があります。

勿忘草(忘れな草・ワスレナグサ)

  • 勿忘草(ワスレナグサ)はムラサキ科の一年草、こぼれ種でどんどん増える繁殖力の強い植物です。勿忘草(ワスレナグサ)は、原産地では多年草として分類されますが、暑さと過湿を嫌うので夏越しできないことから日本では一年草として分類されています。

    勿忘草(ワスレナグサ)のひとつひとつの花は米粒サイズの小さな花ですが、4月~6月、無数にブルーの小花が開花している光景はとても美しい光景です。

    最近はブルーの他、ピンクや白の勿忘草(ワスレナグサ)もあります。また、花丈も高性のものが出てきて、切り花としても出回りがあります。

目次に戻る≫

 

 

\まだまだ続きます!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋は種まきの季節!初心者におすすめの春に花咲く一年草6種」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ