まんまるく可愛い!コキア(ホウキギ)の育て方のコツ

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

コキアは、ふんわりとした球状の草姿がユニークでかわいらしく、秋には赤く紅葉する人気の一年草です。枝をほうきの材料として使うことができるので「ホウキグサ」とも呼ばれています。こぼれ種でも繁殖するほど丈夫な植物でもあります。今回はそんなコキアの育て方や手入れの方法などをご紹介します。

目次

コキアはどんな植物?

コキアは、アカザ科の非耐寒性一年草です。草丈30~80cm、株張り20~50cmで、ふんわりと丸く茂る草姿がかわいらしく、愛嬌があります。  コキアは夏には小花をつけ、秋には赤く紅葉します。枝は草ぼうきの材料に使うことができます。また、種は「とんぶり」として食べることができます。

コキアは、アカザ科の非耐寒性一年草です。草丈30~80cm、株張り20~50cmで、ふんわりと丸く茂る草姿がかわいらしく、愛嬌があります。

コキアは夏には小花をつけ、秋には赤く紅葉します。枝は草ぼうきの材料に使うことができます。また、種は「とんぶり」として食べることができます。

目次に戻る≫

コキアの日当たり・置き場所

コキアは日なたと水はけの良い用土を好みます。屋外の庭や花壇に地植えするか、プランターに植え付けます。日光が足りないと生育状態が悪くなります。

コキアは日なたと水はけの良い用土を好みます。屋外の庭や花壇に地植えするか、プランターに植え付けます。日光が足りないと生育状態が悪くなります。

目次に戻る≫

コキアの水やり・肥料

コキアを植えた土が乾き始めたらたっぷりと水をあげます。コキアは過湿にはやや弱いので水のあげすぎには注意しましょう。
真夏は、昼間の高温時に水をあげると蒸し風呂状態になり株が弱ってしまうので、朝か夕方以降に水やりを行います。

肥料は、土にあらかじめ緩効性のゆっくり効く肥料を混ぜておきます。その後は成育を見て追肥をします。窒素分の多い肥料をあげすぎるとコキアの樹形が乱れるので注意しましょう。

目次に戻る≫

コキアの植え付け

コキアは水はけの良い用土を好みます。コキアの根は直根性なので、根が傷むと根付くことなく枯れてしまいます。なるべく根を崩さないで植えるようにしましょう。  コキアは一株でもボリュームが出るので、複数植える場合は株間を50~60cm以上はとります。地植えすると大きくなり、プランターに植えると小さく育ちます。

コキアは水はけの良い用土を好みます。コキアの根は直根性なので、根が傷むと根付くことなく枯れてしまいます。なるべく根を崩さないで植えるようにしましょう。

 

コキアは一株でもボリュームが出るので、地植えで大きく育てる場合はできたら株間を50~60cm以上とると良いです。地植えすると大きくなり、プランターに植えると小さく育ちます。

コキアは一株でもボリュームが出るので、地植えで大きく育てる場合はできたら株間を50~60cm以上とると良いです。地植えすると大きくなり、プランターに植えると小さく育ちます。

目次に戻る≫ 

 

 

\次は、コキアの病害虫や種まき、手入れについて紹介します!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「まんまるく可愛い!コキア(ホウキギ)の育て方のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ