チューリップの育て方!球根の植え方、時期、保存法など日々の管理のコツ

金子三保子

金子三保子

公開日 :

春の花の代表的な花であるチューリップ。今回はチューリップの球根の特徴、植え方、水やりや肥料やり、花が終わったあとの球根の保存方など、チューリップの育て方をご紹介します。

 

チューリップの育て方目次

チューリップは品種が豊富

チューリップの育て方・球根の植え方

チューリップは基本は一品種植え

チューリップの育て方・日々の管理は?

球根の入手はお早めに

チューリップの生け方

チューリップの豊富な品種をご紹介!

 

チューリップは品種が豊富

秋植え球根の中で、おそらく一番品種が豊富なのがチューリップではないでしょうか。国際的に登録されている品種数は、数千品種に及び、毎年新しい品種が増えています。花びらの色は皆さんも良くご存知の様に赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方があります。

これだけたくさんの品種があるチューリップは、品種によって系統があり、同じチューリップでも色々と違いが出てきます。その中で、植え付ける時に知っておいたほうがいいことは、開花時期と花丈です。

チューリップの開花時期

同じチューリップでも、大きく分けると、早生、中生、晩生の3つに開花時期が分類されます。

早生種・・・3月下旬~4月中旬

中生種・・・4月中旬~4月下旬

晩生種・・・4月下旬~5月上旬

*地域やその年の気候によっても差があります。

それぞれのチューリップの品種の開花時期は、球根が入っている袋に記載されています。お庭の花木や宿根草との開花時期にあわせた品種を選ぶと素敵な空間に仕上がります。

 

チューリップの丈

チューリップの花丈に関しても、同じチューリップでも品種によって様々です。

丈の短いものは20~30cmくらいで、切り花よりは花壇に植えるのに適している品種、一般的な丈のものは40~50cmで、切り花にも向く品種、丈がある品種は50~60cm~で晩生種に多いです。

チューリップの花丈に関しても、同じチューリップでも品種によって様々です。

丈の短いものは20~30cmくらいで、切り花よりは花壇に植えるのに適している品種、一般的な丈のものは40~50cmで、切り花にも向く品種、丈がある品種は50~60cm~で晩生種のチューリップに多い丈です。

開花時期と同様、球根が入っている袋に花丈が書いてあるので、確認してから植え付けましょう。

1品種のチューリップを鉢植えに植え付ける時は、それほど丈を気にしなくてもよいですが、花壇などの庭にチューリップを植える場合は、それぞれの花丈を知った上で、他の草花の花丈とのバランスがよい場所に植え付けると、バランスの良い植栽になります。

1品種のチューリップを鉢植えに植え付ける時は、それほど丈を気にしなくてもよいですが、花壇などの庭にチューリップを植える場合は、それぞれの花丈を知った上で、他の草花の花丈とのバランスがよい場所に植え付けると、バランスの良い植栽になります。

目次に戻る≫

チューリップの育て方・球根の植え方

チューリップの球根を植える時期

チューリップの球根の植え付け時期は、地域によって差がありますが、目安としては「紅葉の見ごろ」を目安にするとよいでしょう。

チューリップの球根の植え付け時期は、地域によって差がありますが、目安としては「紅葉の見ごろ」を目安にするとよいでしょう。遅くても年内には植え付けを完了します。

地植えの場合のチューリップの球根の植え付けは、10㎝ほど間隔をあけて植え付けます。深さは球根3個分の深さが目安です。浅すぎる場合、根が伸び球根が地上に出てくる恐れがあるからです。ただし、鉢植えのチューリップの球根の植え付けは、根が伸びるスペースも必要なため、浅植えで植え付けます。

チューリップの土

市販の球根の土、もしくは水はけがよく有機質にとんだ土に植えましょう。最近はチューリップ専用の土も販売されています。

チューリップの球根を植える場所

チューリップはたくさんの品種があり、品種によって花丈がかなり違います。花壇に植え付ける時は、丈がどれくらいなのか、開花時期はいつなのかを確認して、適切な場所に植栽するとよいでしょう。

チューリップの球根の特徴

チューリップの球根、チューリップの球根は、栗のような形で、玉ねぎのような見た目です。

チューリップの球根の形

チューリップの球根は、栗のような形で、玉ねぎのような見た目です。

 

チューリップの上下は、先のとがった方が上です。植え付けると、ピンクの丸をつけた所から、花茎が出てきます。植え付ける時は、とがった部分を上にして土にセットします。下のお尻の部分から根が出てきます。

チューリップの上下

チューリップの上下は、先のとがった方が上です。ピンクの丸をつけた所から、花茎が出てきます。植え付ける時は、とがった部分を上にして土にセットします。下のお尻の部分から根が出てきます。

 

咲いたときに美しく見えるチューリップの球根の植え方!

球根をよく見てみてください。

チューリップの球根は、ぷっくりと膨らんでいる部分と、平べったい部分があります。植え付ける時は、このぷっくりとした側と平べったい側の向きを揃えて植え付けます。

チューリップの葉は、決まった所から出てくる性質があるので、球根の向きを揃えると見た目的にきれいに葉っぱが揃います。また、鉢植えに密植して球根を植えると、球根の向きがバラバラだと、葉っぱがぶつかりあって生育的にも問題が出たり、風通しが悪くなったりします。

チューリップの葉は、決まった所から出てくる性質があるので、球根の向きを揃えると見た目的にきれいに葉っぱが揃います。また、鉢植えに密植して球根を植えると、球根の向きがバラバラだと、葉っぱがぶつかりあって生育的にも問題が出たり、風通しが悪くなったりします。

数千球の球根を植えるような公共空間では、そこまで手間をかけることができないかもしれませんが、ちょっとの手間で、見た目にも球根のためにもなりますので、ぜひお試しください。

目次に戻る≫

チューリップは基本は一品種植え

始めてチューリップの球根を鉢植えに植えてみる方は、まずは1つの品種を1つの鉢に植えつけることをおすすめします。理由は、最初にご紹介したチューリップの開花時期が品種によって様々で、同じ鉢に植えても開花が咲きそろわないことがあるからです。せっかく色々植えたのに、開花時期がまったく違った・・・というのは残念ですよね。球根植えに慣れてきて、だいたい咲き揃う品種が感覚的にわかってきたら、異品種植えにもチャレンジしてみてください。

始めてチューリップの球根を鉢植えに植えてみる方は、まずは1つの品種を1つの鉢に植えつけることをおすすめします。理由は、最初にご紹介したチューリップの開花時期が品種によって様々で、同じ鉢に植えても開花が咲きそろわないことがあるからです。せっかく色々植えたのに、開花時期がまったく違った・・・というのは残念ですよね。球根植えに慣れてきて、だいたい咲き揃う品種が感覚的にわかってきたら、異品種植えにもチャレンジしてみてください。

 

ダブルデッカー・トリプルデッカー

チューリップ数品種やムスカリなどの他の球根植物、ビオラなどをひとつの鉢に植え付けることを言います。まず初めにチューリップの球根を植えて、土をかけてから草花苗を植えこみます。

球根植物は、芽が出るまでが鉢の上が寂しいので、チューリップとビオラのような開花期間が長い草花を一緒に植え付けます。ダブルデッカーは二層、トリプルデッカーは三層植えのことなので、ある程度大きくて深さのある鉢が必要です。開花が見事に揃ったときは、とても見事な寄せ植えになります。

 

チューリップのトリプルデッカーの寄せ植えをご紹介しています。

目次に戻る≫

チューリップの育て方・日々の管理は?

チューリップの置き場所

チューリップの球根は、日当たりが良く、風通しのよい場所に植え付けます。生長には寒さと日光、適切な水分が必要です。ただし、鉢植えのチューリップは、つぼみに色が出てきたら日当たりの良い場所から半日くらい日が当たる場所に場所を移動すると、若干ですが開花期間を伸ばすことができます

チューリップの日常の管理

チューリップは、一度植え付けてしまえば、特別な日常の管理は必要はありません。鉢植えの場合は、土の表面が乾いてきたら水やりをしましょう。チューリップは、冬の寒さに当てることによって花芽ができます。寒さを感じさせることが、チューリップの球根にとっては大切なポイントです。

チューリップの水やり

土が乾いてしまうと球根が育ちません。鉢植えのチューリップは球根から葉が出るまでに多くの時間を要するので、水やりを忘れがちになります。土が乾かない様に水をやりましょう。チューリップは乾燥も大敵です。花壇など、地植えにしたチューリップは、球根が腐ってしまう可能性があるので水やりをする必要はありません。

肥料

鉢植えのチューリップの追肥は芽が出始めたら液体肥料を10日に1回くらい与えるようにします。

チューリップの開花期間

チューリップの開花期間は1週間~2週間と短めなので、他の草花と組み合わせて植栽すると絶え間なく花を楽しめる空間となります。特に花壇にチューリップの球根を植え付けた時には、チューリップが終わってからも、花壇が急にさみしくならないように、下草などの植栽を工夫するとよいでしょう。

チューリップが咲き終わったらどうしたらいい?球根の保存法

チューリップの花の咲き終わりは、花びらが開きっぱなしになり、花びらが薄くしわしわになります。

花が咲き終わったら球根に栄養を行き渡らせるために花殻を摘みとりましょう。摘み取る範囲は花茎の上部のみ。花茎と葉は光合成に必要なので剪定する必要はありません。

チューリップの花の咲き終わりは、花びらが開きっぱなしになり、花びらが薄くしわしわになります。

花が咲き終わったら球根に栄養を行き渡らせるために花殻を摘みとりましょう。摘み取る範囲は花茎の上部のみ。花茎と葉は光合成に必要なので剪定する必要はありません。

球根の掘りあげは6月頃が最適です。花を取り去った花茎と葉は葉が光合成をしつくし、枯れていきます。葉が茶色く(黄色く)なった頃が球根を掘り上げる時期です。掘りあげた球根は風通しの良い場所で保存して秋に植えつけます。

チューリップの球根って植えっぱなしではダメなの?

チューリップの球根は、植えた年はよく咲きますが、それ以降は球根のサイズが最初の半分くらいのサイズになり、充実した花を咲かすことのできる球根にまでならないことが多いので、毎年球根を購入するのが一般的です。ただし原種のチューリップは植えっぱなしでも毎年開花します。

チューリップの球根は、植えた年はよく咲きますが、それ以降は球根のサイズが最初の半分くらいのサイズになり、充実した花を咲かすことのできる球根にまでならないことが多いので、毎年球根を購入するのが一般的です。ただし原種のチューリップは植えっぱなしでも毎年開花します。

球根の花の中には、植えっぱなしでも球根が自然に分球して、毎年花が開花する球根の花もありますが、チューリップの球根は、花を咲かせた後に植えっぱなしで、翌年同じような花が咲くかというと、なかなか難しいようです。チューリップの球根農家さんの畑に行くと、咲き始めの球根の花首をポキポキと折って、球根を生長させている光景を見ることができます。

ただし、絶対に咲かないかというと、そんなことはありません。地植えのチューリップであれば、植えた年の花色とは変わったり花のサイズが小さくなったりしますが、翌年も咲くこともあります。掘り上げて管理するスペースがない場合は、実験的に植えっぱなしで咲くかどうか試してみてはいかがでしょうか。鉢植えのチューリップは、鉢の中の少ない土で育てているので、地植えよりも咲かない可能性が高いでしょう。

原種のチューリップは植えっぱなしで大丈夫

原種のチューリップは植えっぱなしで大丈夫

目次に戻る≫

チューリップの球根の入手はお早めに

チューリップをはじめとした球根類の流通は、長い期間販売される花やグリーンの苗ものに比べて、季節限定の売り切り商品です。お店の規模にもよりますが、売り切れたら再入荷の可能性が少ない商品です。人気の品種の球根から売り切れていくので、球根は早めに買うことをおすすめします。

チューリップをはじめとした球根類の流通は、長い期間販売される花やグリーンの苗ものに比べて、季節限定の売り切り商品です。お店の規模にもよりますが、売り切れたら再入荷の可能性が少ない商品です。人気の品種の球根から売り切れていくので、球根は早めに買うことをおすすめします。チューリップの球根は早めに買いましょう!

 

チューリップの生け方

育てたチューリップは生けることもできます。チューリップを生けるときは、お水は浅水(花瓶に水を浅く入れること)で生けましょう。

チューリップを生けるときはお水は少なめ。

チューリップを生けるときはお水は少なめ。

 

生けるときに花瓶に浸かる葉っぱ(*)は取り去ってから生けましょう。

生けるときに花瓶に浸かる葉っぱ(*)は取り去ってから生けましょう。

目次に戻る≫

チューリップの豊富な品種をご紹介!

赤、白、黄色・・・と、限られた色しかなかった昔のチューリップですが、最近のチューリップは色や咲き方がとても豊富です。ピックアップして変わった咲き方の種類をご紹介します。色や咲き方にこだわった植栽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

八重咲きチューリップ

八重咲きチューリップ

花びらの枚数が多い八重咲種のチューリップ。開くと豪華な雰囲気です。

花びらの枚数が多い八重咲種のチューリップ。開くと豪華な雰囲気です。

 

フリンジ咲きチューリップ

フリンジ咲きチューリップ

花びらの縁がギザギザのフリンジ咲きのチューリップ。一重と八重咲き種があります。

花びらの縁がギザギザのフリンジ咲きのチューリップ。一重と八重咲き種があります。

 

ユリ咲きチューリップ

ユリのような咲き方のチューリップ

ユリのような咲き方のチューリップ

 

パーロット咲きチューリップ

花びらのフチが切れ込んでフリル状になったユニークな咲き方のチューリップ

花びらのフチが切れ込んでフリル状になったユニークな咲き方のチューリップ

パーロット咲きチューリップ

 

葉が斑入りのチューリップ

葉が斑入りのチューリップ

目次に戻る≫

 

今回ご紹介したチューリップの球根の植え付け時に向きを揃える植え方を意識すると、開花した時がとても美しくなります。球根の花は、晩秋の植え付けから実際の開花まで半年近く、芽が出た瞬間、葉っぱが生長していく様子、花茎ができてつぼみを発見した時、開花と、長い間楽しむことができます。チューリップは品種も豊富なので、気に入った品種を見つけて植え付けから楽しんでみませんか。

▼チューリップの関連記事

チューリップ

  • チューリップは春に花咲く球根植物です。チューリップの球根は直径3cmほどのものが多く、玉ねぎのような形をしています。この球根を地面に植え育てるのです。球根の先はとがっていて、その先端から花茎や葉を伸ばします。花茎の背丈は種類にもよりますが、15cmよりも下のものはありません。おおよそ15cm~60cmのものまでが主に出回っています。花びらの色は皆さんも良くご存知の様に赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方があります。チューリップの開花時期は、大きく分けると、早咲き、普通咲き、遅咲きの3時期があります。同じチューリップでも開花の時期がかなり違うので、違う開花時期のものを一緒に寄せ植えすると、開花時期がずれてしまい見栄えが悪いので、鉢植えに植える場合は単一種を植え付ける方が一般的です。

    チューリップの育て方で大切なことは

    1.よい球根を選ぶこと

    2.適切な場所に植えて、適量の水やりをすること

    3.寒さに当てること

    です。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「チューリップの育て方!球根の植え方、時期、保存法など日々の管理のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ