チューリップの育て方!球根の植え方、時期、保存法など日々の管理のコツ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

チューリップは春の花の代表花。今回はチューリップの球根の特徴、植え方、水やりや肥料やり、花が終わったあとの球根の保存方など、チューリップの育て方をご紹介します。

チューリップの育て方・目次

チューリップとは?

チューリップとは?

  • 学名Tulipa
  • 科名:ユリ科
  • 属名:チューリップ属
  • 分類:球根

チューリップは春に開花する球根植物。数ある花の中でも、最も認知度の高いチューリップは、春の庭、花壇、公園の植栽に使われ、春の風景に欠かせない花となっています。

チューリップは品種が豊富

秋植え球根の中で、おそらく一番品種が豊富なのがチューリップではないでしょうか。国際的に登録されているチューリップの品種数は、数千品種に及び、毎年新しい品種が増えています。チューリップの花の色は皆さんも良くご存知の赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方があります。  これだけたくさんの品種があるチューリップは、品種によって系統があり、同じチューリップでも色々と違いがあります。その中で、植え付ける時に知っておいたほうがいいことは、それぞれのチューリップの品種の開花時期と花丈です。

秋植え球根の中で、おそらく一番品種が豊富なのがチューリップではないでしょうか。国際的に登録されているチューリップの品種数は、数千品種に及び、毎年新しい品種が増えています。チューリップの花の色は皆さんも良くご存知の赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方のチューリップがあります。

これだけたくさんの品種があるチューリップは、品種によって系統があり、同じチューリップでも色々と違いがあります。その中で、植え付ける時に知っておいたほうがいいことは、それぞれのチューリップの品種の開花時期と花丈です。

チューリップの開花時期

同じチューリップでも、大きく分けると、早生、中生、晩生の3つに開花時期が分類されます。

早生種・・・3月下旬~4月中旬

中生種・・・4月中旬~4月下旬

晩生種・・・4月下旬~5月上旬

*地域やその年の気候によっても差があります。

それぞれのチューリップの品種の開花時期は、球根が入っている袋に記載されています。お庭の花木や宿根草との開花時期にあわせた品種を選ぶと素敵な空間に仕上がります。

チューリップの丈

チューリップの花丈に関しても、同じチューリップでも品種によって様々です。  丈の短いチューリップは20~30cmくらいで、切り花よりは花壇に植えるのに適している品種、一般的な丈のチューリップは40~50cmで、切り花にも向く品種、丈があるチューリップは50~60cm~で晩生種の品種に多い丈です。

チューリップの花丈に関しても、同じチューリップでも品種によって様々です。

丈の短いチューリップは20~30cmくらいで切り花よりは花壇に植えるのに適している品種、一般的な丈のチューリップは40~50cmで切り花にも向く品種、丈があるチューリップは50~60cm~で晩生種の品種に多い丈です。

チューリップの球根は、開花時期と同様、球根が入っている袋に花丈が書いてあるので、確認してから植え付けましょう。

1品種のチューリップを鉢植えに植え付ける時は、それほど丈を気にしなくてもよいのですが、花壇などの庭にチューリップを植える場合は、それぞれのチューリップの花丈を知った上で、他の草花の花丈とのバランスがよい場所に植え付けると、それぞれが開花した時にバランスの良い植栽になります。

目次に戻る≫

チューリップの育て方・球根の植え方

チューリップの球根を植え付け時期

チューリップの球根の植え付け時期は、地域によって差がありますが、目安としては「紅葉の見ごろ」を目安にするとよいでしょう。

チューリップの球根の植え付け時期は、地域によって差がありますが、目安としては「紅葉の見ごろ」を目安にするとよいでしょう。

遅くても年内には球根の植え付けを完了します。チューリップは、植え付けてから寒さを経験することによって花芽が形成されます。的確な時期にチューリップの球根を植え付け、生長のための期間を作ってあげましょう。

地植えのチューリップの球根の植え付けは、10㎝ほど間隔をあけて植え付けます。深さは球根3個分の深さが目安です。浅すぎる場合、根が伸び球根が地上に飛び出てくる恐れがあるからです。

ただし、鉢植えのチューリップの球根の植え付けは根が伸びるスペースも必要なため、浅植えで植え付けます。

チューリップの土

市販の球根の土、もしくは水はけがよく有機質にとんだ土に植えましょう。最近はチューリップ専用の土も販売されています。

チューリップの球根を植える場所

チューリップはたくさんの品種があり、品種によって花丈がかなり違います。花壇に植え付ける時は、丈がどれくらいなのか、開花時期はいつなのかを確認して、適切な場所に植栽するとよいでしょう。

チューリップの球根の特徴

チューリップの球根、チューリップの球根は、栗のような形で、玉ねぎのような見た目です。

チューリップの球根の形

チューリップの球根は栗のような形で、玉ねぎのような見た目です。

 

チューリップの上下は、先のとがった方が上です。植え付けると、ピンクの丸をつけた所から、花茎が出てきます。植え付ける時は、とがった部分を上にして土にセットします。下のお尻の部分から根が出てきます。

チューリップ球根の上下

チューリップの球根の上下は、先のとがった方が上です。ピンクの丸をつけた所から、花茎が出てきます。植え付ける時は、とがった部分を上にして土にセットします。下のお尻の部分から根が出てきます。

咲いたときに美しく見えるチューリップの球根の植え方!

チューリップの球根をよく見てみてください。

チューリップの球根は、ぷっくりと膨らんでいる部分と平べったい部分があります。球根を植え付ける時は、このぷっくりとした側と平べったい側の向きを揃えて植え付けます。

チューリップの葉は、決まった所から出てくる性質があるので、球根の向きを揃えると見た目的にきれいに葉っぱが揃います。また、鉢植えに密植して球根を植えると、球根の向きがバラバラだと、葉っぱがぶつかりあって生育的にも問題が出たり、風通しが悪くなったりします。

チューリップの葉は、決まった所から出てくる性質があるので、球根の向きを揃えると見た目的にきれいに葉っぱが揃います。また、鉢植えに密植してチューリップの球根を植えると、球根の向きがバラバラだと葉っぱがぶつかりあって生育的にも問題が出たり風通しが悪くなったりします。

数千球の球根を植えるような公共空間では、そこまで手間をかけることができないかもしれませんが、ちょっとの手間で見た目にも球根のためにもなりますので、ぜひお試しください。

チューリップって水栽培はできるの?

一部では「チューリップの水栽培は難しい・・・」とも言われていますが、ちょっとしたひと手間を加えれば、チューリップも簡単に水栽培ができるようになります!  また春咲きの球根であれば、チューリップ以外の花もこの方法で水栽培出来ますので、お試しください。

一部では「チューリップの水栽培は難しい・・・」とも言われていますが、ちょっとしたひと手間を加えれば、チューリップも簡単に水栽培ができるようになります!

また春咲きの球根であれば、チューリップ以外の花もこの方法で水栽培出来ますのでお試しください。

▼水栽培でチューリップを成功させるコツ

 

目次に戻る≫

チューリップは基本は一品種植え

始めてチューリップの球根を鉢植えに植えてみる方は、まずは1つの品種を1つの鉢に植えつけることをおすすめします。理由は、最初にご紹介したチューリップの開花時期が品種によって様々で、同じ鉢に植えても開花が咲きそろわないことがあるからです。せっかく色々植えたのに、開花時期がまったく違った・・・というのは残念ですよね。球根植えに慣れてきて、だいたい咲き揃う品種が感覚的にわかってきたら、異品種植えにもチャレンジしてみてください。

始めてチューリップの球根を鉢植えに植えてみる方は、まずは1つの品種を1つの鉢に植えつけることをおすすめします。理由は最初にご紹介したチューリップの開花時期が品種によって様々で、同じ鉢に植えても開花が咲きそろわないことがあるからです。せっかく色々植えたのに、開花時期がまったく違った・・・というのは残念ですよね。球根植えに慣れてきて、だいたい咲き揃う品種が感覚的にわかってきたら、異品種植えにもチャレンジしてみてください。

ダブルデッカー・トリプルデッカー

チューリップ数品種やムスカリなどの他の球根植物、ビオラなどをひとつの鉢に植え付けることを言います。まず初めにチューリップの球根を植えて、土をかけてから草花苗を植えこみます。

球根植物は芽が出るまでが鉢の上が寂しいので、チューリップとビオラのような開花期間が長い草花を一緒に植え付けます。ダブルデッカーは二層、トリプルデッカーは三層植えのことなので、ある程度大きくて深さのある鉢が必要です。開花が見事に揃ったときは、とても見事な寄せ植えになります。

▼チューリップのトリプルデッカーの寄せ植えをご紹介しています。

 

目次に戻る≫

\チューリップの育て方や上手に育てるポイント/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「チューリップの育て方!球根の植え方、時期、保存法など日々の管理のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ