室内で育てたい!寒さに強い冬でも咲く花10選

大宮栞

大宮栞

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

冬は植物が少なくなる時期ですが、冬に元気な植物は意外とたくさんあります。しかし、冬に元気だけど寒さにはそんなに強くない、霜に当たると枯れてしまうから室内で育てないといけない、という植物も多くあります。今回は、そんな室内で育てる冬の花を紹介します。

 

目次

シクラメン

カランコエ

シネラリア

ギョリュウバイ

セントポーリア

アザレア

ゼラニウム

ルクリア

ポインセチア

プリンセチア

 

1.シクラメン

シクラメンは冬の植物の定番です。ガーデンシクラメンと違い、霜には弱いため室内で育てます。シクラメンの鉢は底面吸水ができるようになっているのが多いです。温度さえ気にかければ、簡単に育てることができます。  花が枯れてきたら花茎の根元から摘み取って株をきれいに保ちましょう。水を好み、暑い場所が苦手です。外で育てることはできませんが、冬の暖房がきいた室内は苦手です。人が生活するスペースでは育てず、玄関などに置くようにしましょう。

シクラメンは冬の植物の定番です。ガーデンシクラメンと違い、霜には弱いため室内で育てます。シクラメンの鉢は底面吸水ができるようになっているものが多いです。温度さえ気にかければ、簡単に育てることができます。

花が枯れてきたら花茎の根元から摘み取って株をきれいに保ちましょう。水を好み、暑い場所が苦手です。外で育てることはできませんが、冬の暖房がききすぎた室内は苦手です。人が生活するスペースでは育てず、玄関などに置くようにしましょう。

 

2.カランコエ

カランコエは、多肉植物の一種です。秋から春にかけて花を咲かせますが、自然の環境下だと冬頃に咲くことが多いようです。花色はオレンジや黄色、ピンク、白など鮮やかなものが多くあります。  カランコエは、冬場は室内の暖かいよく日の当たる場所で育てます。10℃以下になると花付きが一気に悪くなってしまうので気をつけましょう。夜に人工照明の光に当たり続けると花が咲きにくい状態になるため、できれば蛍光灯の光が当たらない場所で育てましょう。

カランコエは、多肉植物の一種です。秋から春にかけて花を咲かせますが、自然の環境下だと冬頃に咲くことが多いようです。花色はオレンジや黄色、ピンク、白など鮮やかなものが多くあります。

カランコエは、冬場は室内の暖かいよく日の当たる場所で育てます。10℃以下になると花付きが一気に悪くなってしまうので気をつけましょう。夜に人工照明の光に当たり続けると花が咲きにくい状態になるため、できれば蛍光灯の光が当たらない場所で育てましょう。

 

3.シネラリア(サイネリア)

シネラリアは、年始頃からカラフルな花をたくさん咲かせます。種類によって2cmほどの小輪のものから、8cmほどにもなる大輪のものがあります。花色は黄色以外はほとんどの色がそろっていて、蛇の芽のような模様になるものもあります。  シネラリアは日光を好む植物ですので、日当たりの良い場所で育てましょう。種から育てる場合も苗を購入して育てる場合も11月いっぱいまではベランダなど、屋外の日当たりのよい場所で育てましょう。

シネラリアは、年始頃からカラフルな花をたくさん咲かせます。種類によって2cmほどの小輪のものから、8cmほどにもなる大輪のものがあります。花色は黄色以外はほとんどの色がそろっていて、蛇の芽のような模様になるものもあります。

シネラリアは日光を好む植物ですので、日当たりの良い場所で育てましょう。種から育てる場合も苗を購入して育てる場合も11月いっぱいまではベランダなど、屋外の日当たりのよい場所で育てましょう。

 

4.ギョリュウバイ

ギョリュウバイは、よく生垣などに植えられ、赤やピンク、白の梅に似た花を咲かせます。花付きがとてもよく、枝いっぱいに花を咲かせます。樹高が低く、鉢植えや生垣など、色々なシーンで利用されています。  耐寒性はある程度あり、少しの霜くらいなら耐えることができますが、決して強いわけではないので、地方によっては鉢植えにして冬は室内で管理した方が良いかもしれません。

ギョリュウバイは、よく生垣などに植えられ、赤やピンク、白の梅に似た花を咲かせます。花付きがとてもよく、枝いっぱいに花を咲かせます。樹高が低く、鉢植えや生垣など、色々なシーンで利用されています。

耐寒性はある程度あり、少しの霜くらいなら耐えることができますが、決して強いわけではないので、地方によっては鉢植えにして冬は室内で管理した方が良いでしょう。

 

5.セントポーリア

セントポーリアは青やピンク、紫などの花を咲かせます。品種改良がとても盛んに行われ、数えきれないほどの種類が存在しています。花色や花姿だけでなく、生長のしかたも様々です。  セントポーリアは、室内の日の当たる明るい場所で育て、葉っぱに水をかけないようにすることがポイントです。ですが、直射日光に当たると葉が焼けて枯れてしまうので、直射日光には注意しましょう。

セントポーリアは青やピンク、紫などの花を咲かせます。品種改良がとても盛んに行われ、数えきれないほどの種類が存在しています。花色や花姿だけでなく、生長のしかたも品種によって様々です。

セントポーリアは、室内の日の当たる明るい場所で育て、葉っぱに水をかけないようにすることがポイントです。ですが、直射日光に当たると葉が焼けて枯れてしまうので、直射日光には注意しましょう。

 

6.アザレア

アザレアはツツジの仲間で、大輪で八重咲きの華やかな花を咲かせます。店頭で販売されているものは、温室で育てられ、寒さには弱いので室内で育てましょう。花色は白やピンク、赤などがあります。  冬に販売されますが、これは促成栽培されたもので、本来の花期は春です。そのため寒さには弱く、日光にはしっかりと当ててください。水切れには弱いですが、あげすぎは根腐れにつながるので注意しましょう。

アザレアはツツジの仲間で、大輪で八重咲きの華やかな花を咲かせます。店頭で販売されているものは、温室で育てられ、寒さには弱いので室内で育てましょう。花色は白やピンク、赤などがあります。

冬に販売されますが、これは促成栽培されたもので、本来の花期は春です。そのため寒さには弱く、日光にはしっかりと当ててください。水切れには弱いですが、あげすぎても根腐れにつながるので注意しましょう。

 

7.ゼラニウム

ゼラニウムは、真冬と真夏以外は花を咲かせてくれる初心者向けの植物です。花は鮮やかな色が多く、花だけでなく香りも楽しむことができます。種類によっては葉に模様が入るものがあり、カラーリーフとしても人気があります。  ゼラニウムは条件が合えば長期間花を咲かせてくれます。霜に当たると枯れてしまい、気温もマイナス5度以下はだめなので、冬には室内で育てる必要があります。

ゼラニウムは、真冬と真夏以外は花を咲かせてくれる初心者向けの植物です。花は鮮やかな色が多く、花だけでなく香りも楽しむことができます。種類によっては葉に模様が入るものがあり、カラーリーフとしても人気があります。

ゼラニウムは条件が合えば長期間花を咲かせてくれます。霜に当たると枯れてしまい、気温も-5℃以下はだめなので、冬には室内で育てる必要があります。

 

8.ルクリア

ルクリアは、別名「アッサムニオイザクラ」とも呼ばれ、桜のような5枚の花びらの花を咲かせ、一株で部屋中が甘い香りになるほどの香りがあります。花色はピンクや白などがあります。  ルクリアは寒さにも暑さにもあまり強くない植物です。管理が難しいため、ずっと育てるには少し難しい植物です。多湿に弱く、日当たりが良い場所だと葉が傷んでしまいますので、半日陰が栽培には適しています。

ルクリアは、別名「アッサムニオイザクラ」とも呼ばれ、桜のような5枚の花びらの花を咲かせ、一株で部屋中が甘い香りになるほどの香りがあります。花色はピンクや白などがあります。

ルクリアは寒さにも暑さにもあまり強くない植物です。管理が難しいため、ずっと育てるには少し難しい植物です。多湿に弱く、日当たりが良い場所だと葉が傷んでしまいますので、半日陰が栽培には適しています。

 

9.ポインセチア

ポインセチアは、赤く色づいた花に見える部分も葉でできています。ポインセチアは冬の定番植物ですが、寒さには弱いです。霜に当たると枯れてしまうので室内で育てましょう。春以降も育てることは可能ですが、葉を赤くするのは大変です。水が切れると葉がしわしわになってしまうので注意しましょう。

ポインセチアは、赤く色づいた花に見える部分も葉でできています。ポインセチアは冬の定番植物ですが、寒さには弱いです。霜に当たると枯れてしまうので室内で育てましょう。春以降も育てることは可能ですが、葉を赤くするのは大変です。水が切れると葉がしわしわになってしまうので注意しましょう。

 

10.プリンセチア

プリンセチアはポインセチアを品種改良してうまれたピンク色の品種です。色のかわいさから、ポインセチアだけでなくプリンセチアもよく出回っています。  ポインセチアと同じく寒さには強くありません。室内で育てましょう。

プリンセチアはポインセチアを品種改良してうまれたピンク色の品種です。色のかわいさから、ポインセチアだけでなくプリンセチアもよく出回っています。

ポインセチアと同じく寒さにはあまり強くありません。室内で育てましょう。

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「室内で育てたい!寒さに強い冬でも咲く花10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大宮栞
大宮栞

植物が大好きな母に育てられ、東京農業大学農学部に進学。大学では植物介在療法学研究室に所属。現在はLOVEGREEN編集部のディレクターとしてガーデニングや花関連の記事を担当。

このライターの記事一覧

おすすめ