センニチコウ(千日紅)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

センニチコウ(千日紅)は生花でもドライフラワーのような手触りの夏から秋の草花。センニチコウ(千日紅)の花言葉と種類についてご紹介。

 

センニチコウ(千日紅)の花言葉

センニチコウ(千日紅)」の花言葉は「変らない愛情」「不朽」。

 

センニチコウ(千日紅)について

科・属  ヒユ科・センニチコウ属
和名  千日紅
英名  Globe amaranth、Gomphrena
学名  Comphrena globosa
原産地  熱帯アメリカからメキシコ
開花期  6月~10月頃

 

センニチコウ(千日紅)の特徴

センニチコウ(千日紅)はパナマ、グアテマラ原産の一年草で真夏の暑さに強い丈夫な花で切り花や花壇材料、鉢植えとして幅広く利用されています。センニチコウ(千日紅)の葉は長さ5~10cmの細長い卵型で茎は長く茎頂に花径2~3cmほどの紅紫色やピンク、赤、白の頭状花をつけます。グロボーサは草丈15~50cm前後ですが類似種にグロボーサよりも草丈が高いキバナセンニチコウがあり、こちらはテキサスからメキシコ原産の多年草です。別名センニチソウともいい鮮やかな花色を長期間保てるのでドライフラワーにも向きます。センニチコウ(千日紅)の栽培は水はけと日当たりがよければよく育つのであまり手間がかかりません。

 

センニチコウ(千日紅)の種類

センニチコウ(千日紅)の種類は、赤や白、ピンク、オレンジなどの色があります。最近は矮性から高性まで、背丈の種類も豊富です。

 

センニチコウ(千日紅)のドライフラワー

もともと乾燥にも強いセンニチコウ(千日紅)はドライフラワーにも最適です。茎を長めにして切り取り、まとめて逆さにつるしておくとドライフラワーにできます。センニチコウ(千日紅)は鮮やかな色がほとんど損なわれずに簡単にドライになり、日数がたっても色は変わりません。

センニチコウ(千日紅)の育て方など詳しい情報はこちら

センニチコウ(千日紅)

  • センニチコウ(千日紅)はパナマ、グアテマラ原産の一年草で真夏の暑さに強い丈夫な花で切り花や花壇材料、鉢植えとして幅広く利用されています。粗毛があり葉は長さ5~10センチの細長い卵型で茎は長く茎頂に花径2~3センチほどの紅紫色やピンク、赤、白の頭状花をつけます。グロボーサは草丈15~50センチ前後ですが類似種にグロボーサよりも草丈が高いキバナセンニチコウがあり、こちらはテキサスからメキシコ原産の多年草です。別名センニチソウともいい鮮やかな花色を長期間保てるのでドライフラワーにも向きます。栽培は水はけと日当たりがよければよく育つのであまり手間がかかりません。

センニチコウ(千日紅)の関連記事

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「センニチコウ(千日紅)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ