ドライフラワーも作れる!千日紅(せんにちこう)の育て方や切り戻し

古幡真恵

古幡真恵

10679views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

春から長い間楽しませてきたお庭の花も、暑さでぐったりしていたり、蒸れて葉が茶色くなっていたり、切り戻したはずの植物が害虫にやられていたり、そろそろ何とかしなくては…と考えている方も多いのではないでしょうか。真夏の暑さに強くて、晩秋まで次々咲いてくれる花をお探しではないですか?

暑さに強くて、長く楽しめて、しかもドライフラワーにしても色がとっても鮮やかな千日紅(せんにちこう)をご紹介します。

目次

暑さに強い千日紅(せんにちこう)

千日紅(せんにちこう)の花言葉

千日紅(せんにちこう)を育てる

切り戻したらドライフラワーを作ろう

千日紅(せんにちこう)のまとめ

 

暑さに強い千日紅(せんにちこう)

千日紅(せんにちこう)は、一年草の植物で、真夏の暑さにも耐えうる大変丈夫な花です。切り花や花壇材料、鉢植えとして幅広く利用されています。

花色は、紅紫色やピンク、赤、白。

別名センニチソウともいい、鮮やかな花色を長期間保つことができます。

別名 千日草
学名 Comphrena globosa
英名 Globe amaranth、Gomphrena
ヒユ科
センニチコウ属
原産地 熱帯アメリカからメキシコ

センニチコウ(千日紅)の花 

 

 千日紅(せんにちこう)の花の作り

千日紅のピンクや白の部分は、花びらではありません。苞葉(ほうよう)といって、花、つぼみを包んでいた葉のことをいいます。

苞葉(ほうよう)を触るとカサカサして乾燥しています。本当の花の部分は白く見える小さな部分です。

今咲いているのに、既にドライフラワーといったところです。そのおかげで、色あせることもほとんどなく、綺麗に咲き続けてくれます。

目次に戻る≫

千日紅(せんにちこう)の花言葉

千日紅(せんにちこう)の花言葉は、「変わらない愛情」「変わらぬ愛」「不朽」。

 植え付けてからも長い期間美しく咲き、花瓶に活けたり、ドライフラワーにしても花色がほとんど退色しないことから、花言葉は付けられているようです。

大切な方にお贈りしたくなる、そんな言葉が込められたお花です。

目次に戻る≫

千日紅(せんにちこう)を育てる

種まき

千日紅(せんにちこう)の発芽温度は、発芽適温は20~25度程度なので十分気温の上がった5月以降にまいた方が良いでしょう。

育苗ポットにまいても、直に土にまいても発芽しますが、蒸れに弱いので適度な株間をとりましょう。

植え付け

春に植え付けるのが一般的ですが、千日紅の苗なら比較的いつ植えても暑さを乗り切ってくれます。

株間は20㎝以上あけて植え付けましょう。リン酸を多く含む元肥を施すことで元気に花を咲かせます。

管理場所

千日紅は、水はけのよい日当たりの良い場所に植え付けましょう。

鉢植の真夏の水やり

センニチコウ(千日紅)の育て方

特にプランターや鉢植えで育てる場合は、朝晩の水やりが欠かせないほど、土がカラカラになってしまいます。真夏は水分を積極的に与えましょう。

花の終わり

センニチコウ(千日紅)の花の終わり

千日紅は花が長い間持続して咲いていますが、そのままにしておくと、苞葉の部分のみがグンと育ち、形が崩れ、変色してしまう場合もあります。

切り戻し

センニチコウ(千日紅)の切り戻し

次々とわき芽が出てきて、蒸れてしまう前に全体の形をみながら切り戻しましょう。

切り戻す位置

センニチコウ(千日紅)のわき芽

切り戻す場所は、新しいわき芽が出てきている部分を切ります。その際、新芽を切り落とさないように気を付けましょう。

最近では、草丈が大きくならない矮性(わいせい)の千日紅(せんにちこう)もありますので、ご自宅のガーデニングであまり高さを出したくないときには矮性(わいせい)の千日紅(せんにちこう)の品種を選ぶと良いでしょう。

目次に戻る≫

切り戻したらドライフラワー

千日紅(せんにちこう)のおすすめしたいポイントは、切り戻したらドライフラワーにするのがとっても簡単ということです。

センニチコウ(千日紅)のドライフラワー

基本的には、風通しの良いところに逆さにして干します。葉は花と違って、もろく壊れやすいので、気になるようでしたら最初から取り除きましょう。

 

センニチコウ(千日紅)の飾り方

違う種類のドライフラワーと合わせてたり、お気に入りのアレンジ方法で飾ってみてください。

目次に戻る≫

千日紅(せんにちこう)のまとめ

・真夏の暑さに耐えられる強さがある。

・長い間花色が美しいまま咲き続ける。

・切り戻した千日紅は簡単にドライフラワーにできる。

・夏から晩秋までの長い期間咲き続ける。

暑さに強いセンニチコウ(千日紅)

これだけ暑さに強くて、花の色も鮮やかで、育てやすくて、ドライフラワーにもできる花は千日紅が一番ではないでしょうか?

千日紅は次々わき芽から出てくるので、お庭やベランダで花を楽しんだ後は、お部屋に飾ったり、お友達にプレゼントしてみたり、千日紅で思い切りガーデニングを楽しんでくださいね♪

センニチコウ(千日紅)

  • パナマ、グアテマラ原産の一年草で真夏の暑さに強い丈夫な花で切り花や花壇材料、鉢植えとして幅広く利用されています。粗毛があり葉は長さ5~10センチの細長い卵型で茎は長く茎頂に花径2~3センチほどの紅紫色やピンク、赤、白の頭状花をつけます。グロボーサは草丈15~50センチ前後ですが類似種にグロボーサよりも草丈が高いキバナセンニチコウがあり、こちらはテキサスからメキシコ原産の多年草です。別名センニチソウともいい鮮やかな花色を長期間保てるのでドライフラワーにも向きます。栽培は水はけと日当たりがよければよく育つのであまり手間がかかりません。

 

目次に戻る≫

 

▼関連ワード

「ドライフラワーも作れる!千日紅(せんにちこう)の育て方や切り戻し」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ