【初夏から秋までポンポン咲きが可愛い】センニチコウ

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

センニチコウ

寄せ植えを素敵に仕上げる名脇役プランツ、今回ご紹介するのは「センニチコウ」。初夏~秋に咲くヒユ科の非耐寒性一年草です。

センニチコウの花期は、6月~10月頃。真夏の暑さにも強い特長があり、初夏から秋まで楽しめます。丸いポンポンのような花に見える部分は、実は花ではなく、苞葉(ほうよう)という花の付け根の葉です。本当の花は、苞葉の隙間にとても小さな花が咲いています。

センニチコウの花期は、6月~10月頃。真夏の暑さにも強い特長があり、初夏から秋まで楽しめます。丸いポンポンのような花に見える部分は、実は花ではなく、苞葉(ほうよう)という花の付け根の葉です。本当の花は、苞葉の隙間にとても小さな花が咲いています。

 

センニチコウの花色は白、ピンク、紫、赤、黄色などがあります。丈夫で育てやすいため、ガーデニング初心者の方にもおすすめの花です。

センニチコウの花色は白、ピンク、紫、赤、黄色などがあります。丈夫で育てやすいため、ガーデニング初心者の方にもおすすめの花です。

 

赤色のセンニチコウには、写真のようにオレンジやイエローなどのビタミンカラーもよく合います。観賞用トウガラシや銅葉色のウンシニアなどをプラスすることで、秋の雰囲気も感じさせる組み合わせになっています。

初心者にもできる!小さな秋の寄せ植えづくり

赤色のセンニチコウには、写真のようにオレンジやイエローなどのビタミンカラーもよく合います。観賞用トウガラシや銅葉色のウンシニアなどをプラスすることで、秋の雰囲気も感じさせる組み合わせになっています。

▼プロトリーフガーデンアイランド玉川店の垂井愛さんに教わったセンニチコウを使った「秋の寄せ植え」はこちら

 

センニチコウは、花期が近いニチニチソウとの組み合わせも抜群。同系色で合わせても花の咲き方が全く異なるため、互いに美しさを引き立て合います。

センニチコウは、花期が近いニチニチソウとの組み合わせも抜群。同系色で合わせても花の咲き方が全く異なるため、互いに美しさを引き立て合います。

 

写真のように、濃いピンク色や紫のセンニチコウにダークなカラーリーフを合わせると、大人っぽい雰囲気を演出することもできます。

写真のように、濃いピンク色や紫のセンニチコウにダークなカラーリーフを合わせると、大人っぽい雰囲気を演出することもできます。

 

センニチコウは、寄せ植えや切り花として用いられる際、メインの花を引き立てる名脇役とされることも多いですが、写真のように盛大に植えてボーダーガーデンがつくられた姿を見ると、ものすごい迫力がありその美しさに魅了されます。

センニチコウは、寄せ植えや切り花として用いられる際、メインの花を引き立てる名脇役とされることも多いですが、写真のように盛大に植えてボーダーガーデンがつくられた姿を見ると、ものすごい迫力がありその美しさに魅了されます。

センニチコウなど夏に強い花でつくられたガーデンはこちら

 

センニチコウは、苞葉の部分は色があせないので長い間観賞することができ、切り花やドライフラワーにも向いています。センニチコウは「千日紅」と書くのですが、それは、花が色あせない性質に由来します。ちなみに、センニチコウの花言葉は「変らない愛情」「不朽」。これもセンニチコウの花期が長く、鮮やかな花色がいつまでも変わらないことからイメージして付けられたと言われています。  ポンポンのような苞葉が可愛いセンニチコウは、夏に強いので真夏に大活躍する花ですが、その丸くてほっこりする雰囲気が秋の寄せ植えにもぴったりと思います。ぜひ、センニチコウを使って秋の寄せ植えを作ってみてくださいね。

センニチコウは、苞葉の部分は色があせないので長い間観賞することができ、切り花やドライフラワーにも向いています。センニチコウは「千日紅」と書くのですが、それは、花が色あせない性質に由来します。ちなみに、センニチコウの花言葉は「変らない愛情」「不朽」。これもセンニチコウの花期が長く、鮮やかな花色がいつまでも変わらないことからイメージして付けられたと言われています。

ポンポンのような苞葉が可愛いセンニチコウは、夏に強いので真夏に大活躍する花ですが、その丸くてほっこりする雰囲気が秋の寄せ植えにもぴったりと思います。ぜひ、センニチコウを使って秋の寄せ植えを作ってみてくださいね。

センニチコウの詳しい育て方はこちら

センニチコウ(千日紅)

  • センニチコウ(千日紅)はパナマ、グアテマラ原産の一年草で真夏の暑さに強い丈夫な花で切り花や花壇材料、鉢植えとして幅広く利用されています。粗毛があり葉は長さ5~10cmの細長い卵型で茎は長く茎頂に花径2~3cmほどの紅紫色やピンク、赤、白の頭状花をつけます。グロボーサは草丈15~50cm前後ですが類似種にグロボーサよりも草丈が高いキバナセンニチコウがあり、こちらはテキサスからメキシコ原産の多年草です。別名センニチソウともいい鮮やかな花色を長期間保てるのでドライフラワーにも向きます。栽培は水はけと日当たりが良ければよく育つのであまり手間がかかりません。

 

センニチコウの関連記事はこちら

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【初夏から秋までポンポン咲きが可愛い】センニチコウ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・10/5まで】味が濃く香り高い本気野菜「スイートバジル 2苗」栽培セット(鉢・土付き)

販売価格:3,520円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 春満開 定番人気4種20球入り (一重咲き藤色・一重咲きピンク・フリンジ咲きピンク×白・八重咲き白)

販売価格:2,530円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 マスコット 5球入り

販売価格:770円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A