10月10日の誕生花|千日紅(センニチコウ)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

10月10日の誕生花は「千日紅(センニチコウ)」です。「千日紅(センニチコウ)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

10月10日の誕生花

10月10日の誕生花は「千日紅(センニチコウ)」

「千日紅(センニチコウ)」の花言葉は「変らない愛情」「不朽」

 

千日紅(センニチコウ)について

科・属  ヒユ科・センニチコウ属
和名  千日紅
英名  Globe amaranth
学名  Comphrena globosa
原産地  熱帯アメリカからメキシコ
開花期  6月~10月

 

千日紅(センニチコウ)の特徴

センニチコウ

千日紅(センニチコウ)は、パナマ、グアテマラ原産のヒユ科の一年草。暑さに強い丈夫な花で、切り花をはじめ、庭や花壇、鉢植えや寄せ植えとして幅広く利用されています。暑さに強く、真夏も花が休むことなく、たくさんの花が開花します。

花に見える部分は苞で、本来の花は苞の隙間に小さく存在します。苞の部分を鑑賞するため、開花期間が長いのも魅力のひとつです。乾燥させても長期間色が落ちないことが名前の由来です。

 

千日紅(センニチコウ)の種類

千日紅(センニチコウ)の種類は、赤や白、ピンク、オレンジなどの色があります。最近は矮性から高性まで、背丈の種類も豊富です。

キバナセンニチコウ・ストロベリー・フィールド

千日紅 ストロベリーフィールズ

キバナセンニチコウの改良品種で濃い橙赤の花。草丈が高く、庭植えのほか、切り花やドライフラワーとしても人気。別名、赤花千日紅。

千日紅・ファイヤーワークス

宿根センニチコウファイヤーワークス

千日紅(センニチコウ)の新種で宿根草の性質。(寒冷地では一年草扱い)華やかなマゼンタピンクの花色と飛び出た黄色いしべが特徴。

ゴンフレナ・ラブラブラブ

ゴンフレナ・ラブラブラブ

高性の千日紅(センニチコウ)。連続開花性に優れ、春から晩秋まで長く開花。一般的な千日紅(センニチコウ)より分枝性が改良されているため、根元からたくさんの茎が出る。

 

千日紅(センニチコウ)のドライフラワー

千日紅(せんにちこう)のおすすめしたいポイントは、切り戻したらドライフラワーにするのがとっても簡単ということです。基本的には、風通しの良いところに逆さにして干します。葉は花と違って、もろく壊れやすいので、気になるようでしたら最初から取り除きましょう。

もともと乾燥にも強い千日紅(センニチコウ)は、ドライフラワーにも最適です。茎を長めにして切り取り、まとめて逆さにつるしておくとドライフラワーにできます。千日紅(センニチコウ)は鮮やかな色がほとんど損なわれずに簡単にドライになり、日数がたっても色は変わりません。

 

▼千日紅(センニチコウ)の育て方

 

▼千日紅(センニチコウ)の関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「10月10日の誕生花|千日紅(センニチコウ)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス